被害の蔓延

20170403

こんばんは。
気が付くと春です。まだ寒さを感じますが、何というか、窓の外の光の感じが変わって来ているのを感じます。何か、開放感といか人間に取って過ごし易いものを感じます。しかし、そんな時に邪魔になるのがテクノロジー犯罪の被害です。非被害者は、とても自由で幸せそうに見えます。人の一生は一度しかありません。それをゴミ屑のようにしてしまうのがテクノロジー犯罪ですね。

ところで潜在的な被害者はどのくらい存在しているのでしょうか。自分が被害者であると訴え出ている人の数の何倍位になるでしょうか。何か、一人の被害者を軸にして、そこからついでに広がっていくようにも感じます。監視拠点を一つ設けると、そこに出入りしている人間すべてを遠隔スキャンしてしまうようにも思えます。

もしかすると、一人の被害者がいると、その家族は全員被害者なのかも知れません。被害者と言っても遠隔から脳へのアクセスをされていると言った状態で人体登録をされただけで、攻撃はされていない状態なのでしょう。コンピューターを覗くテンペストと言うテクノロジーは、遠隔から装置を使い、数多くあるコンピューターの中から一台を特定して覗き込んでしまうようです。

あらゆる雑音を排除して、それを抜き出す。人間の耳を思い出してください。あらゆる雑音の中から特定の音だけを聞き出す事が出来ませんか。機械ならば想像を絶する高性能であらゆる電気信号の動きを傍受する事が可能なのでしょう。それも人工衛星から行っているかも知れません。

次は、脳への遠隔アクセスです。一体、どのようにして加害をするのでしょうか。被害者の数だけ加害者を用意したら大変な事になりますね。自動化と人工知能が使われているでしょう。民生化されているテクノロジーは50年前のものだと思った方が良さそうです。人間の神経モデルの構築とライフログ。そして、ライフのプログラミングによる支配。ここまで行くとSFですね。

しかしそのように、被害者として苦しまされている状況は一人だけではなく、沢山あるわけで、計り知れない数に及ぶかも知れないわけで、それはテクノロジーの進化と共に増え続けて行くことになります。被害の状況も人間のあらゆる機能を自在に遠隔操作するようになり、それこそ生きている人間を意思を持たないロボットのようにしてしまうかも知れません。軍事利用されて戦争に使われるかも知れません。そうなる前に人間の遠隔操作を止めさせて欲しいですね。

それよりも、まずは、一被害者しとて自由と人権とプライバシーを返して貰いたい。

被害者はひたすら受け身

20170318a.jpg

こんばんは。
気が付くともう3月でした。仕事が忙しく、被害も酷く、休む暇がありません。ブログの更新が一か月以上なされていなかったので広告が出てしまいました。しかし、地球上にある自然はお金で買えるものではないので大切にしたいですね。人の命もお金では買えません。大切にして欲しいものです。

20170318b.jpg

人間の遠隔操作の実験台にされて一生を台無しにされてしまっていますが、しかも途切れる事ない苦痛を受けさせられていますが、その代償はどうなるのでしょうか。

最近は、呼吸の遠隔操作の被害が酷く、まともに呼吸を出来なくされています。息を吐いたままで吸えなくなってしまうとか、息苦しくて、息を深く吸いたいのだけれど、息を深く吸えないようにされて苦しまされる被害などです。後、内臓や排泄に係る遠隔操作の被害も受けていますが、各部の筋肉を遠隔操作しているようです。生体信号を盗み取られている訳ですね。

とにかく、あらゆる事に対して妨害をされる被害なので生命活動に関しても妨害をされる訳です。水を飲む、ごはんを食べる、歩く、呼吸をする、考える、記憶をする、五感で感じる、それらを遠隔操作によって著しく妨害をされています。従って、毎日の生活が大変になってきます。家族に対する被害も見逃せません。

世界情勢が大きく変わろうとしているなかで、テクノロジー犯罪に関する認識はさほど変わっていないように思われます。また、マスコミに提供されるニュースは大衆マインドコントロールを目論んでいるかのように感じてしまいます。どのような思想を持った人間にでもマインドコントロールは可能です。

被害者の願いはただ一つ、テクノロジー犯罪の全廃、それだけです。

被害の上乗せをされています

20170214.jpg

こんばんは。
前回の更新から一か月近く経ってしまいました。一つは仕事が忙しくて身動きが取れなかったこと、もう一つは寒くてやる気がしなかったことです。テクノロジー犯罪の被害は次第に増えて、次第に日常化していきます。例えば、視力の低下。時々強度の乱視のようにされたりして見え方が変になってしまい、酷い不快感に晒されたりしますが、そのような状態が日常化してしまい、常に変な見え方になっていたりします。そうなると、もう、スッキリ見ようという事を捨てることになります。

具体的には書きませんが、五感、記憶、思考、感情、意識、知覚、筋肉、内臓、あらゆる身体機能、潜在機能を遠隔操作されてしまいます。それは、今更言うまでもありませんが被害者を不快・不自由にするために行っているのです。それらの被害が新たに始まった時は「嫌だな、困った、それだけは止めて欲しい」と思いますが、被害者の思いとは全く関係なくとても冷酷に行われます。

それにより、体が壊れても、精神が壊れても関係ない訳ですね。社会的に、人間の遠隔操作なんてあり得ない、という事になっていますから加害者はやりたい放題です。苦しくて嫌だ、不快だから嫌だ、そのように強く思い発狂しそうになっても絶対に加害者はその攻撃を止めません。目に見えない遠隔にいる加害者とは戦うことさえ出来ません。

だから、諦めてその苦しみに耐えながら生きて行くしかありません。これほど非人道的なことをされているという事実、この苦しみに対する代償はあるのでしょうか。いつになったら被害から逃れられて自由かつ自然な人間としての生活が出来るのでしょうか。この余りにも酷い事実は聞いているだけでも怒りが込み上げて来ませんか。そのような酷いことをする加害者がいて、それをされている被害者がいるのです。

最近は、呼吸を遠隔操作されてしまって、まともに呼吸が出来ません。例えば、それは何年も前から行われていましたが、その頻度が増えて、苦しさも増えました。そして、その苦しさを強制的に受けさせられるのです。日常的に行われるようになりました。足の筋肉を遠隔操作されて、まともに歩けなくなる被害も同じように行われています。

全ての被害を書くと大変な量になりますし、妨害をされますので中々出来ません。体を動かなくされる被害は目を見えなくされたり、手を動かなくされます。内面ではやる気をなくされたり、記憶を消されたりします。

そのような中で、あらゆる物事に対して諦める、願望を持たない、というようにして生きています。なぜなら、これをこうしたい、と強い意志と希望を持つと確実に妨害をされて望みが叶う事はありません。妨害をされなければ可能な望みの場合は発狂させられます。また、自分の気が付かないところでも被害が進行していたりします。

さて、これをどのように解決しますか?


いつも晴とは限りません

20170122b.jpg

みごとな建築物ですね。
先日、有名な山奥に行って来ました。出張の中日に寄ったのですが雨が降っていました。こんな雨の日に観光というのも億劫になりますが、寝ていてもしょうがないので行ってきました。雪にならなくて良かったという感じでした。

20170122a.jpg

次は得意の巨木です。
行った先に巨木がないかとネットで探すと、ありました。これほど大きいのは滅多にありません。何年くらい経つのでしょうか。お城などに使っている柱なども古いですね。しかし、生きている木で太いもの、古いものがそれほど無いのが残念です。人は山とか、森を見ると安心しませんか。真っ平らで隠れるところが全くない場所では生活し難いでしょう。色々な災害から身を守ってくれるのが自然かと思っています。また、そのような自然に晒されて強くなっていくのでしょう。

身勝手な考えかも知れませんが、開発と引き換えに、それよりももっと大切なものが失われるようでなりません。文明は人間を幸せにするでしょうか。その高度に発達した文明の中から生まれたのが人間の遠隔操作であり、テクノロジー犯罪ではないでしょうか。何の為にテクノロジーが開発されたのか。そこに大きな問題があります。現代に於いて、文明社会のど真ん中で、人体実験が行われているという事実。それも、精神病だと言う事にして隠ぺいしながら行われている事実。

被害者に人権はありません。


2017年1月1日

20170101a.jpg

謹賀新年

 新しい年を迎え皆様のご健康と
ご多幸を心よりお祈り申し上げます

2017年1月1日

                  耳印

20170101b.jpg

さて、元旦より神社の境内には多数の御神籤が結んであります。沢山の方達の願い事や運勢がそこにあるわけです。お参りに行くと、人とすれ違ったりすることがありますが、ご挨拶をさせて頂くだけで、自分の身の上を語るわけにもいきません。その度に、幸せそうな人達だなと思うわけです。

願い事はただ一つ、テクノロジー犯罪の全廃です。
プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる