FC2ブログ

少しずつ殺す犯罪

20180401.jpg

こんばんは。
太陽の光の感じが変わり、気温も上がって来て、過ごし易い季節になりつつあります。多少、活動しやすくなっています。しかし、テクノロジー犯罪の被害と共に15年以上生きていると歳を取ります(初期被害から30年以上、若しくは生まれた時から)。その間の損害は永久に取り戻せませんし、今から何かをやろうとしても衰えと被害が酷くて何も出来ません。

筋肉が動かなくなる遠隔操作をされて、まともに歩けなくなってから3年程経ちます。当然、筋肉の衰えが酷く体を動かすのに著しく不利になります。鍛えようとしても筋肉を動かなくされているので鍛えられません。もし、頑張って鍛えたとしても実際に何かをする場面で筋肉を動かなくされたら折角の努力も無駄になります。

頭を使うこと、体を使うこと、に関してあらゆる面で同じようにされます。そう言った被害は一生継続されるでしょう。それらは自分が進化する為の問題から健康を著しく阻害する問題へと深刻さを増していきます。前述のように、まともに歩けくなる被害は最悪歩けなくなるか、歩くのが困難になってしまいます。それを呼吸とか心臓に当てはめてみて下さい。生命活動の縮小に加速が掛かってしまいます。

これは苦しめられた末に病死に見せかけて殺害されると言っても過言ではありません。実際、何らかの病気にされてしまったと推定される被害者は多いのではないでしょうか。相変わらず、目に見えない電磁波による特定個人への攻撃に対しては隠蔽が続いています。これは非殺傷兵器ではなく殺傷兵器であり、証拠を残さずに犯行が行えて、殺害も行える最強の武器となっています。その理由はこの犯罪を隠蔽しているからです。強い権力に寄って隠蔽されているのです。

さて、その実態についてですが隠蔽されているので実力は不明です。しかし、人間の遠隔操作のテクノロジーは想像する以上の結果を生み出しているようです。これは年月を掛けて人体実験を継続しているからです。被害者の衰えとは逆にテクノロジーは進化し続けています。マインドコントロール、電子洗脳と言われるように人間の脳を思考、意識のレベルから自在に操ります。被害者を苦しめながら実験を繰り返します。

やはり目に見えない物に関して人々は弱いようです。また、体感もなく、何の知覚もなく遠隔操作は行われます。テクノロジー犯罪の問題は将来的には人工衛星から全ての人間を支配しようとする考えに繋がる可能性があり、技術的には実現可能と思われます。また、目に見えない武器による、目に見えない攻撃には、遠隔からの監視技術も使われていて、それも信じられないほど高度なものとなっています。

いずれにしても苦しまされるのは嫌ですので、地球規模でテクノロジー犯罪を全廃させて欲しいものです。権力の欲望の犠牲にはなりたくないです。

異常気象が続いています

こんばんは。
世界的な異常気象はニュースでご存知の通りです。温暖化の関係でしょうか。太陽からの磁気嵐の関係でしょうか。地震や噴火に関しても同じように自然現象の破壊力は凄まじいものがあります。ところで、北極海の氷が解けてタンカーが通れるようになったとか、永久凍土が溶けているなどは良く耳にします。http://natgeo.nikkeibp.co.jp/atcl/magazine/16/021700007/021800005/

その当時の見解では、永久に解けないから永久凍土という名前が付いたのでしょうか。でも、解けてしまっています。時が変われば常識も変わるのですね。電磁波なんて言葉は耳にもしなかった時代がありました。携帯電話なんか未来の生活の景色だった訳ですが、気が付くとほとんどの人が持っています。

慣れてしまったので気になりませんが、感覚を数十年前に固定して現在の人々の生活を見るとスマホを自在に操っている姿は映画のシーンのようです。最近ではWifiの電波が人体に悪いと報告されています。http://news.livedoor.com/article/detail/14048338/

一般に世の中のスタンダードとか何が正しいのかなどの基準は永久に不変ではなく状況により変化しているようです。科学技術の世界も新しい物が開発されるとこれまでの常識を覆してしまいます。それは電磁波犯罪に関しても同じで、「そんなものがある訳がない」と思い込まれていますが、スタンダードと位置づけられている機関が発表すれば、それは存在するものであると社会が信じます。

何かを隠ぺいする場合も同じです。教科書に載せなければ誰も知る事はないし、それについて調べる事もしません。テレビで報道しなければ大衆は知る由もありません。人間の遠隔監視、遠隔操作をする犯罪についても全く同じです。テクノロジー犯罪がそれで世界的に被害者が発生していても、それは精神病であるとスタンダード機関が位置づけてしまえばそれで終わりです。https://www.biggerthansnowden.com/

余談ですが、人類の歴史などあらゆる物事に関してそれが適用されていると語る人がいるようです。私はテクノロジー犯罪の被害者でいるのは嫌です。遠隔操作の拷問で苦しむのは嫌です。

やはり異常気象ですか

20180203.jpg

こんばんは。
寒いし、雪も降ったけれど、亀は氷の中でも生きています。
このところ非常に仕事が忙しくて余裕がありません。
テクノロジー犯罪の被害を受けながら仕事をするのが容易な事ではないのは良く知られていると思います。肉体も精神もひたすら苦痛となるように遠隔操作されて著しい能力低下に晒されます。痛い、苦しいは勿論、その執拗な攻撃から逃れられる時間は一秒もありません。

新たな攻撃が追加されたり、病気の症状だと思っていたものが被害だと気づいたり、その終わりのない攻撃と戦わせられる毎日は日常と被害のオーバーラップした二重の生活をしているような感じですが、時間は一つしかないので時間を浪費します。しかし、そもそも、テクノロジー犯罪の被害を受けていると自分本来の自由な時間はなく全てを奪われてしまいます。

この頃は呼吸の自由まで奪われてしまう状態となり、飲めない、食えない、歩けない、呼吸が出来ない、などのようになっています。勿論、五感の麻痺や変調も常時行われ、記憶や思考、感情の操作も遠慮なく行われています。人間丸ごと遠隔操作のテクノロジーは奥が深く、我々を実験台として進化しているのかも知れません。

テレビのニュースなどを見ていると「これでどうだ」みたいな社会を撹乱する内容や収拾の付かない問題などが見られます。しかし、そこにはまだ報道されていないテクノロジー犯罪のような問題もあります。もういい加減にして貰いたいですね。けれども焦点はただ一つ、人間の遠隔操作を止めさせる事ではないでしょうか。

ピンスポットであらゆる電磁的な信号を盗み取る装置、インターネット、スマートフォン。人間はウイルスなど病原菌から身を守るだけではなく、そのような近未来の機器からも身を守る必要があるのかも知れません。客観的に見てみると普通に使っているスマートフォンのような携帯端末は数十年前には近未来の生活スタイルとして映画などに出ていたのではないでしょうか。脳の遠隔監視と遠隔操作も実現されていますね。

人権と脳のプライバシーを大切に。

2018年を迎えて

20180103b.jpg

明けましておめでとう御座います。
皆様のおかげで良い年を迎えることが出来ました。

しかし、テクノロジー犯罪の被害に於いては決して良い状況ではなく、被害が酷くなっています。さらに、積年の能力低下による損害は到底取り戻すことが不可能であり、新たに作った逃げ道も塞がれてしまうなど、攻撃の手は緩みません。個人的には、ほぼ毎日、関係各省庁、首相官邸、総理大臣へテクノロジー犯罪への対処をお願いしている次第です。

目に見えない形で行われる犯罪は、目に見えない媒体による心身への攻撃をしている訳ですが、その結果の被害についても目に見えない形にする事が多く、第三者への理解が得られないように行われています。人的被害についても確かな証拠が残らないような自然を装った方法で行われます。

これらの被害については世界規模での計画的な殺意を持った集団による犯罪なのですが、拡大解釈をせずに、おびただしい数の情報に巻き込まれない様に的確に訴えて行きたいと思います。

一先ずは、人間の遠隔監視と遠隔操作の装置による人体実験まがいの攻撃につて、拷問テクノロジーとして人を苦しませるように行われていることを、被害者は決して少なくないことを、訴えて行きたいと思います。

時代は宇宙へと更に広がっています。一般に知らされていないテクノロジーは数十年先へと進化しています。そろそろ、人間の遠隔操作をするテクノロジー犯罪についてテレビ番組で報道特集をされても良いのではないかと思っています。

皆さんの積極的な広報活動に期待致します。

2018年元旦

20180103a.jpg

一年の終わりに

20171216.jpg

こんばんは。
何かと忙しく気が付くと12月も半ばに入っていました。年数が経つと生活が変わります。以前一緒に活動していた仲間、被害とは関係なく行動を共にしていた仲間、被害が原因で遠ざかる事になった仲間、沢山います。懐かしいと思う反面、行動力を削がれてしまい活動範囲が狭くなってしまった自分を残念に思ったりします。

まともに歩けないというのは、あらゆる面で活動意欲がなくなります。まともに水が飲み込めない、まともに呼吸が出来ない、少ししか食べられない。手足の動きの自由を奪われて、五感の変調も酷い、記憶も消される。このようにされてしまうと人間としての能力が酷く低下して老人とか病人の世界へ行ってしまいます。膠原病に関しても投薬治療を続けても治る見込みがありません。

テクノロジー犯罪の被害は統合失調症ではありません。医者の診断マニュアルに記載されて、それを読んだ人間がそのように判断しているだけです。社会には、事実とは関係なく情報として正しいように流されている物が大量にあるでしょう。事実を隠蔽することに関しても同じだと思えます。

だからテクノロジー犯罪の問題はしっかりと歴史に残して置く必要があります。

Unity and Hope Conference for Targeted Individuals (Oct., 2017)

上記の国際会議がアメリカで開かれました。
それに際してテクノロジー犯罪被害ネットワークと3人の被害者が紹介されています。日本語でも紹介されているので非常に判り易いです。

Global Targeted Individual Movement: Japanese Victims Tell of Microwave Torture & Organized Stalking

来年は、マスコミへの広報と要望が出来ればと思っています。各番組、各キャスターなどにご理解頂ければ少し変わるかと考えています。何しろ隠蔽の強い犯罪ですので期待は出来ません。皆さんの力で自由と人権とプライバシーを取り戻しましょう。

20171216b.jpg




プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる