記憶障害と睡眠妨害

11:31
昨夜も睡眠妨害を執拗にやられた。
「仕事をとるか睡眠をとるかどっちかにしろ」と声の送信で言われたが、私は「人権を取る」と言った。加害者は睡眠妨害をして短い睡眠時間で出社させようとしている。それは、朝普通に起きられないのは、ぐうたらであり、生活が乱れているなによりの証拠として世間に認識されるからだ。それが嫌なら短い睡眠時間で仕事をしろと苦しみの上乗せを強要してくる。ならばこちらは「何時まで寝ていようと世間にどう思われようと関係ない」という姿勢を取れば良いわけだ。しかし、人権を取り戻すためにはこの犯罪の広報を行う。昨夜も政治政党に二つ、法務省にも要望をメールで送った。

起床をすると両方の足の筋肉を操作され痛い、腰も痛い、肩や首も異常に凝っている。そして脳内音声で歌のリピート送信をされる。脳への攻撃も途切れることなく行われるので、記憶障害や時間感覚の喪失が強い。身体には平衡感覚の変調や内臓への攻撃、呼吸が乱れたり、心臓が急に苦しくなったり様々な攻撃が続けられる。昨夜はお腹の空気を溜められ苦しくされた。

何か効果的な広報はないだろうか。

15:05
その後は出社し仕事をしている。
歌のリピート送信は途切れる事無く聞こえ続け、あらゆる内面の活動に妨害を加えている。脳内音声であるので頭部内部に聞こえているので、耳から聞こえてくる音のように無視をすることが出来ない。テクノロジーでは更に耳から聞こえてくる自然発生している音についても、特定の音や人の声だけに自分の意思とは無関係に意識を集中させられてしまったり、周囲の音を盗み取ってそれに加工をして脳内に送りつけたり、ある種の音が聞こえなくなる、ある種の音が煩く聞こえるなど逃げることの出来ない攻撃として頻繁に行われる。

今日のここまでの攻撃は、平衡感覚の強い変調により浮遊感がでること、強い頭部圧迫感と首の後ろの硬直による著しい不快感、腰砕けのようになり姿勢が保てなくなる攻撃、記憶障害、任意の筋肉が硬くなったようになる圧迫感、それらを複合した疲労感と倦怠感である。時たま、苛々して来たり、脳の中で思考のようなものが勝手に動き回り決断力が落ちたりしている。

こんな犯罪が野放しにされている事実、これが恐ろしい。

18:39
先ほど、雷により瞬間的に停電してしまったので折角書いた日記が消えてしまった。音声送信や身体攻撃は途切れる事無く続いているが、15時の時よりは弱くなり、本日中にやらなければならない仕事を終わらせた。

やはり、加害者はこの日記を書かせたくないようで、日記の更新を始めると急に攻撃が強くなり、頭痛や思考能力の低下が起こり、吐き気、頭痛も軽度ではあるがしている。そのためかキーボードのタイプ速度が遅くなり、信じられないほどの打ち間違えをする。

左半身の筋肉をやられていて、顔の左の筋肉が引きつるようになり痛い。頭痛もまるで頭部の筋肉が引きつっているように感じる。喉の筋肉や肩の筋肉も引きつるような酷い凝りが左側だけに発生していて、舌も左側が歯に当たってしまい痛い。

明日は休みだが、脳を攻撃されているので、開放感はなく、楽しみだという気持ちも起きてこない。不快なだけだ。

24日1:19
夕食後はテレビを見ながら一休みしていたが、相変わらず記憶障害が酷いので時間の流れと共に自分がどんな状態だったか、テレビの内容がなんだったか、などを思い出すことが出来ない。こんな脳への攻撃が長期に渡り行われている。

酷い疲労感と下半身の筋肉が硬くなったような圧迫痛のような動き難さがあったので外出したくなかったが、根性でサウナに行って来た。それほど強力な根性がいる訳ではないが、テクノロジーによる疲労感なので、疲れたから寝ようという訳にはいかない。とにかく記憶がないので行き帰りの車の中での被害や周囲の様子などを断片的にしか思い出せないし、そこに時間的な流れがない。

サウナの中では過激な攻撃を受けなかったが声の送信により、その都度干渉される。それは考えたことであったり見たものに対してだ。下半身の疲労感が酷かったし長い時間サウナに入れなかった。

サウナから出て自動車に乗ったとたんに強力に脳を攻撃され目眩、思考異常、頭部圧迫感、筋肉の硬直などを起されほとんどパニックのようにされた。首の硬直が酷く、まるで筋肉の束を一本単位で操作できるのではないかと思えるほど、偏った引きつりが首の周囲に発生した。

帰宅後も強い攻撃が続きこんな時間になってしまった。

殺意ある電磁波テロ集団が野放しでは困るのだが。

お腹に空気を溜めてゲップを出させないという攻撃が続いている。

23日1:45
声の送信ではデタラメな脅迫を延々と続けている。しかし、この攻撃はデタラメではなく確実に脳と身体に強いダメージを加えているので大変だ。痛い、苦しいの世界だ。

寝る。

3:05
また、寝させない拷問をされている。呼吸がゆっくりになったり、途中で止まりそうになったり、足を痒くさせたりして寝させない。パソコンのスイッチを入れるとひゃっくりを出させてくる。このひゃっくりの被害も20年以上前から行われている。仕方ないので、イーガブから文部科学省、総務省、国家公安委員会に要望を送った。

このままでは殺されてしまう危険を感じる。

COMMENTS

No title

耳印様は、加害者は誰なのか考えた事があるでしょうか?
自分の経験から言うのですが、
加害者は人間関係でまったくの無関係者よりも
何かしら自分と因縁のある人を攻撃すると思います。
耳印様は生活環境から、会社の役員など特別な立場にあると思います。
耳印様の事をよく思ってないような人、妬む人の心当たりはありますか?
僕が思うに、勝手な予測ですが会社の中に加害者、またはその仲間がいるように思います。
また、加害者は、耳印様一人だけを攻撃、またはサンプルにしてるのではなく多数の人をサンプルにしてると思います。
耳印様から見て、不自然体な状態になってる人とか
いないでしょうか?
会社に不自然体を強いられてるような人が他にいるならば
会社に加害者の仲間がいるのではないかと思います。
この犯罪に遭うと、被害がまったくない自然体でいる人。
本人は気が付いてないがテクノロジーの何かしらの影響を受けて
不自然体に見える人など出てくると思います。
会社に加害者がいる場合、加害者はその行為にの無関係者を装うのプロですが、
ある程度加害者の地が出ていると思います。
誰でも、その立場、給与や身分相応の地が出ると思いますが、
身分相応以上の地が出てるような人など怪しいと思います。

要点を言うと、周りに本人は気が付いていないが
テクノロジーの被害者、影響を受けてるような人、不不自然体のような人はいないか?
身分相応の地が出ていて、耳印さんを快く思っていない
ような要因を持っていそうな人

そういった人が怪しいのではないかと思います。


また、耳印様の最初の当初の日記を読んでもわからないのですが、被害が始まった頃に
会社で人事異動が前にあったとか引っ越ししてから始まったとか
何か関係ある事はないのでしょうか?
よろしくお願いします

音声送信被害の経験者で、人の声をはっきり聞き取れた人達に質問があります。
●音声送信の時間帯によって、犯人のメンバーは入れ替わりましたか?
例えば、「朝の音声送信のメンバーと夜のメンバーは違う」「曜日によって違う」「夜になると人数が増える」などです。

●地域独特の方言はありましたか?

良かったら教えて下さい。

No title

Arz.さんへ

僕は現在は音声送信はありませんが、2年前は頻繁にありました。
音声送信はないですが、頻繁に意識や五感を変えられたりされます。
そういった状況や雰囲気から、加害者は夜は別の人間がきている、朝、起きると意識や五感が必ずと言っていいほど毎日変わりますから、夜中にも監視されて、寝てる最中に操作されてる事を認識できています。
また夕方5~6時はかなず被害がなくなる、包まれたような雰囲気が無くなる事から、加害者の交代時間なのか夕飯のしたくなのかな?と思ったりしています

独特の方言について
僕はありませんが、他の被害者さんがその地域独特の方言を
加害者が使っていることから
加害者が同じ地域に住んでるのではないか?と
その被害者さんは思ってるようです。
地域独特の方言というのは具体的にいうと
僕は青森県の八戸市ですが、八戸市の中でも地域によって独特の方言、訛りがあって、
その被害者さんの地域独特の訛りがあることから
同じ地域ではないか?と推測してるようです

No title

kouta666さん、ありがとうございます。
参考になりました。
地域特有のなまりで音声送信を聞く人は多数いるようです。
このことから、中央から派遣された人ばかりではなく、「地域住民の中にも、V2K兵器を使用している人間がいる」という事になります。
また、24時間監視を続行させるためには、時間帯により交代制であることは十分に考えられます。

音声送信の内容、声の性質(男女の区別や年齢)、話す言葉、時間帯…などを統計することにより、この犯罪を解明する大きな手がかりになるでしょう。
あるV2Kの被害が行われたとき、その時間帯に、加害行為が行える人物の職業は何か、なども考察できます。

No title

Arzさんへ

>>加害行為が行える人物の職業は何か
僕の場合ですが、常に脳へ連結リンクされたような
状態にあるような感覚になっています。
被害は、遠隔地からビームなどを発せられ命中したような被害ではなく、簡単に言えば連結リンクされ常につながっており、苦しい拷問に固定化されて、苦しみのボリュームを上げたりされるような被害が主です。
正直、V2K兵器どころじゃないです。

常に加害者が連結リンクされた脳を管理、監視してるような状況を伺わせられます。
だから、加害者の仕事というのは、この加害行為自体が
仕事ではないのでしょうか?
加害者も人間ですから、食べていかなくてはいけません。
そう、考えると加害行為が仕事でお金を貰ってるいると僕は思っています。
ただ、僕が間違いなく加害者であると特定してる人物の一人は
家に引きこもらず、仕事をしています。医療事務の仕事をしています。本業の加害者とは仲間のようでありました。
色々な人が加害者を特定してるという情報がありますが、
たいていの人はダミーにだまされています。
本当に加害者が特定できたときは、いかに加害者を特定するのが難しいかわかりました。僕が特定できたのは加害者のアクシデントから加害者が正体を教えてきた事でしたから。
加害者は家にこもってるのではないでしょうか?
こもってる人を抽出できれば、その可能性はあるなど
仮定できます。

だけど、加害者をもし、特定してどうしようと考えていますか?
僕ならば、兵器の強奪をするしかない。それくらいやってのけないと解決にはならないとふんでいます。
兵器を強奪しようと考える被害者がなんで少ないのか?
理解に悩むくらいです。兵器の奪取が成功すれば
すべてが現実であって証明されるのに。

No title

兵器を強奪しようとすると、不法侵入などの法律に違反するので強行は薦めません。
が、実際は無いはずの物なので、盗まれたところで誰も被害届けも出さないでしょう。薬物盗まれたと言って警察に被害届出す人はいませんからね。
法的に有効な方法としては、例えばある特殊な電磁波の発信源が特定できれば、捜査や調査を促すことは可能だと思われます。

オペレータは宇宙ステーションにいるのではなく、地上にいる事は間違いないでしょう。(中継アンテナが衛星だとしても)。つまり、兵器は地上を探せば見つかるはず。
見つけ出しましょう。
それがあなたや私だけでなく、人の未来を変える。
技術的にはどんな方法なのか、また、特殊機器がどんな形状であるか、私もこれから推論を考えてみましょう。


No title

今の段階では、遠隔操作のハイテク兵器が
存在してる事さえまったく社会に認知されていないのです。
その性能や技術すら一般人の方には
信じがたいSFの世界でしょう。
そのハイテク兵器の性能を見れば、認知されてる科学技術ではないことがわかるでしょう。
それに、加害者の持つ兵器は明らかに人体に影響を与えることが出来る遠隔装置の機能を持っているはずだと思います。
そのような兵器の未知の存在が明らかになって
はじめて、被害者の言う事は妄想ではなく現実であると
一般人の方も警察なども納得されるのではないでしょうか。

そのような未知のハイテク兵器が明らかにされるだけでも
騒ぎになるのではないでしょうか?
僕は、逆にハイテク装置を強奪しようという考える被害者が
あまりにも少なくて疑問を持つくらいです。

不法侵入とか、そんな小さな犯罪に悩むくらいの
事件ではないはずです。
それくらいやってのけないと解決できないと思っています。

話は変わりますが、Arzさんは実際ハイテク兵器の被害はどのくらいまで経験がありますか?
思考盗聴をされてるなどの体験はあるのでしょうか?
集団ストーカー被害はあるのでしょうか?
よろしくおねがいします

No title

私は、集団ストーカーについて積極的に調べ始めた当初、被害に遭いました。
現在は被害はありません。将来は解りません。
テクノロジー兵器については、私が自覚している限りでは被害はありません。
自覚がなく、使用されている可能性については全くないとも言い切れません。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる