電磁波犯罪の認識とは

今日は電磁波犯罪の被害をなぜ受けていると言うのかについて他の被害者のブログをお借りして説明したいと思います。まずは下記をご覧ください。

私の被害体験日記--友人Aへの被害

この友人の方はご自身が被害に遭われていると自覚なさっていないようですが、それが明確に被害であるとも言えません。

私の場合は、被害だと確実に判るまでには時間が掛かりました。たまに精神へ介入してくる人の声が聞こえたりしても、変な出来事があっても、まだその時点ではテクノロジーによる被害を受けているとは到底考えられませんでした。自分が病気になってしまったのではないかと思ったほどです。しかし、その時点では確実に誰かが私に対して嫌がらせをしているのだと言う認識はありました。それは、そういう被害を受けていたからです。

24時間の攻撃になって数ヶ月してからようやくインターネットでテクノロジー犯罪の存在を知ったのですが、それから加害者は「俺達に逆らうな」という感じに堂々と攻撃をして来るようになった訳です。ですから、ほとんどの被害者は強制的にテクノロジー犯罪の被害者であることを加害者によって知らされているわけなのです。しかし、恐らくは被害者であると知らされていない被害者の方も存在しているのではないかと思います。


被害日記

13:40
昨日は夜から強烈な電磁波攻撃を受け、激しい怒りに襲われてしまい大変な思いをさせられた。そのために就寝が少し遅くなってしまったが、とりあえず途中覚醒はなく目覚ましが鳴る10分程度前に起こされただけだった。しかし、寝ているときに何度か目が覚めたような妙な記憶があるし、寝しなに嫌がらせをされていのだが、テクノロジーで眠らされている為に起きられないまま寝入ってしまっている記憶もあったりする。

起床後はすぐに声の送信で周囲の人間を疑いたくなるような事ばかり聞かされるが、何しろ記憶障害を起こされているので加害者に挿入された思考も忘れてしまう。後は、異常な疲労感が発生し、頭がボケたような感じにされ出社した。今日は仕事はそれほど立て込んではいないが日記の更新がこの時間になってしまった。様々な攻撃を受けて時たま苛々させられている。

考えようとすれば、するほど苛々する被害について

これは、本来の能力が100だとすると、例えば最大でも70しか発揮出来ないように遠隔操作されていたとすると、頭を使わない時は30なので頭がボケていることは認識出来ても能力が発揮出来ない事に対する不満はあまり出ない。しかし、能力を70まで使おうとした時にはやや天井が見えてくるのでもどかしくなり苛々する。それ以上の能力を使おうとすると、どうしても届かない感じになり著しい不快感になる。実際には、その他の被害もあるので複雑だがこのような感じになっていると思った。

それは自分の以前の普通の状態と明らかに違うことが判るので、しかも不快感を伴うので、誰にでも脳を攻撃されていることが判る。脳が自然に働かないように妨害をされていると言ったところだ。

23:20
記憶障害が強いためにその後は何をしていたのか、はっきりと覚えていない。仕事はしているのだが、脳内音声や電磁波攻撃による妨害により集中できなくなっているのだと思う。或いは激しい攻撃がなかったのかも知れない。

夕方は電磁波計測のための部品を作り、先ほど計測してみたがうまく行かない。これは被害に直接関係のある計測ではなく実験のようなもので本当に測ることが出来るのかを検証しているだけだ。しかし、激しく妨害をされる。

仕事が終わった後は楽器の練習のためにスタジオに向かったが、仕事が終わったとたんに右足の太ももの筋肉が変になり動きがギクシャクしていた。このあたりからは記憶がはっきりとしている。心拍数を上げられてしまい「急がなければ」という気持ちにされてしまいそのまま車を運転してスタジオに向かった。金曜日なので交通量が多かったように感じた。

電話に着信があったので掛けなおしてみると、先月に受けた精神鑑定のようなテストの結果が出ていたとのことで、何か理由があったからではなく任意に非公式に受けたのだが、精神病との関連はなく統合失調症との関連も見受けられなかったそうだ。勿論、以前に医師に頼んでMRIと脳波を取ってもらった事があるが、全く普通であるとの判定が出ている。いずれの検査時にも声の送信は途切れていない。

スタジオでの練習は記憶を消される、筋肉の動きを操作される、音を自然とは違って聞かされるなどの妨害の他にひっきり無しに苛々させるような言葉を投げかけて来られた。多少、苛々して興奮状態にされた。

練習が終わって帰宅する時には声の送信で集中攻撃をされ大変な苦労をしたが、何故か途中で攻撃が緩くなった。帰宅後は夕方作成した部品を使って少しだけ測定をしてみたが何とも言えない結果となっている。その間も声の送信を中心とした執拗な嫌がらせを受けながらすべてを無視して行った。

今は、苛々する精神の操作はされていないが、お腹に空気を溜められたり、強い記憶障害を起されたり、平衡感覚の違和感、意識がコマ切れになるような操作などをやられている。

とにかく声による脅迫が著しい。

18日1:26
鼓膜が詰まったような感じだ。攻撃は続いている。

寝る。

COMMENTS

No title

知らされていない被害者の方が多いと思います。 卑怯なやつらだから反抗しなくてよいから音声送信なしでやってる方が断然多い。 

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる