電磁波犯罪の感情操作に気を付けよう

電磁波による人間の遠隔操作には感情の操作というのが良く行われます。海外でマインドコントロール被害などと言われているのはその為ではないかと思われます。

その感情の操作は絶妙なタイミングで行われますのでやられた本人も気がつかない事がよくあります。例えば、腹が立つような状況にある時には怒りの感情を、悲しい状況の時には悲しみの感情を送り付けて来ます。

それらの状況とは自然発生した状況であったり、バーチャル的に加害者が作りだした状況だったりします。また、送られて来る感情は自分の気持ちに沿ったものであったり、そうでないものがあります。

それら送り付けられて来る感情はその場限りの時と継続される時があり、継続される場合にはある特定の事柄に意識が向いてしまいそれに付随した感情が発生します。

いずれの場合でも送り付けられた感情は拒否することが出来ませんので目に見えない武器と言うことも含め、新しい暴力という形になります。


被害日記

10:41
昨夜は、これと言った睡眠妨害がなく目覚ましが鳴るまで寝ていた。目覚めると後頭部に頭痛がしていて疲労感が酷い。偽の腰痛まで発生していた。また、以前は目覚めた直後は頭がボケたような脳への攻撃がなかったので、朝起きた時のまっさらな感覚があったが、最近は目覚めた時から脳が不快である。

今日は用事があり外出している。

15:28
NPOの街頭活動が総務省前で行われたので参加してきた。雨もほとんど降っていなかったので問題はなかったが、テクノロジーによるチラシ配布妨害をされた。
軽い意識障害を起こされ気持ちが舞い上がってしまい、誰かに見られているように感じてしまい不自然になってしまった。更に過呼吸のようにもされた。

そんな状態であるので気後れしてしまいチラシが渡せなかったり、体がだるくて動かなくなった。

16:10
上記バスの中で更新したのだが、急に眠くされてしまい目が開いていられなくなり、やっとの思いで書いた。

22:35
携帯電話からの投稿であり、強烈な眠気と目の焦点が合わなくなる被害のために書きたい事が書けなかったがそれ以上は深追いしても疲れるだけなので止める。

夜は楽器の練習に行ったのだが、行き帰りの車の運転中に暴れ出したくなる衝動やヒステリーを起したような感じにされ著しく興奮させられてしまった。余りにも危険なのでイーガブを利用して警察庁に要望を入れた。

楽器の練習中にもいつもと同じようなテクノロジーを使った妨害行為が行われ続けたので耐え難い苦痛と激しいストレスの中で我慢をして練習を終えた。そんな辛い思いをしてまで練習をする必要はなく、日常的に音楽を聞くことすら出来ない状態にされているので楽器の演奏なんか普通では考えられない。

音の聞こえ方が全く現実とは異なる状態にされ、記憶を消され、声の送信で曲のメロディーを流され、演奏フレーズを口真似で聞かされ、身体操作で体が動かないようにされ、それだけでもまともに演奏は出来ない。更に精神状態の操作で不快な気分にされ、全く楽しくなくなってしまう。普通なら止めてしまうだろう。

しかし、それで自分の生活を縮小してくと最後は家から出る事がなくなり病人と同じになってしまう。それこそ自殺へと導かれてしまうので頑張っている。加害者はそのような状態に追い込むことにすべてを掛けていて、時には人を発狂させようと無我夢中になって声の送信をして来る時がある。しかも、武器を使っているので攻撃を強くされると発狂さられてしまう恐れがある。それでも被害者の方には徹底した広報で対処して欲しいと思っている。

今日はブログのアクセス解析が壊れてしまっていたが、先ほど確認したら読み込むことが出来た。最近は会社のメールソフトに異変があり、起動するともう一つ立ち上がってしまったり、起動後にメールソフトの画面がアクティブでなくなってしまったりしている。さらにアンチウイルスソフトから意味不明のメールが来ていた。マウスを勝手に動かされてしまう被害は日常的にやられている。

こんな時代である事を多くの人に知ってもらう必要がある。

24:55
その後も、お腹に空気を溜める、呼吸困難にされる、声の送信で無理やり敗北者にされると同時に苛々する脳波を送りつけられる、鼓膜が詰まったようになる、記憶障害、などの攻撃が続いている。

寝る。

COMMENTS

私もパソコンが起動して自動的に一度シャットダウンされてもう一度立ち上がってしまいます。急いでいる時とかいらいらしますがなんなんでしょうか。迷惑メールの大量送信は携帯変えメルアド変えても絶対ついてきます。非通知での無言電話は被害に気づいてない初期だけありました。

そして初期は何故か自分のパソコンメールから携帯メールに空メールが来た時がありました。(パスワード変えればよかった)

No title

家電製品に関して、疑えばきりがない現象は僕にもあります。
ここ3年でパソコンが3台も再起不能に故障しました。
また、家電製品から電磁波のような低周波のようなものが起こっているような感覚にとらわれたこともありました。
だけど、今は家電製品などの異変は偶然で関係ない事にしています。
そうしないと、偶然のあらゆる事象まですべて関連付けて疑ってしまい
混乱するだけだからです。その混乱は解決を長引かせるだけです
今いえるのは、現実にテクノロジー犯罪が行われてることのみ。

僕は本当に加害者を特定できてしまったのですが、加害者に関しての混乱と妄想が酷く、色々な人の加害者説も信憑性の乏しいものとなってしまっています。悲しいことです。
加害者宅を警察にはまだ言ってませんが、家宅捜査など出来るわけが無く、ただいざとなった場合に備えマークしてもらうだけにすぎません。
やはり、乗り込んで証拠の装置奪取するしかないと考えてます
装置の機能が明らかにされればテクノロジー犯罪が行われてる証拠として扱われます。犯罪撲滅はそこからがスタートです。
だから、証拠の機械奪取の為の協力者を求めています。
命を捨てても立ち向かうという人が結構いますが
装置奪取を手伝ってくれる方は中々でてきません。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる