ツイッターで海外の被害者を探そう

最近はツイッターをやっている方が増えてきているようです。ツイッターには色々な特徴がありますが、ちょっとした所から海外の被害者の方と繋がることが出来るようです。私もちょっとしたきっかけで海外のマインドコントロール被害者を見つけました。日本よりも海外の方が情報が進んでいると思えますので積極的にやりたいと思っているのですが日本語以外に出来ないのが残念です。


被害日記

11:13
相変わらず起床時から脳内音声による歌のリピート送信と声による激しい罵声の連続。脳への攻撃も行われ思考能力の低下と平衡感覚の変調、体の痛み、呼吸困難などが行われている。とにかく、武器による攻撃と脅迫を繰り返す狂人達である。

昨夜は、2時頃に就寝したのだが6時頃に目が覚めて「さあ、あと一時間半しかないぞ、それでも寝るか」と声で嫌味を言われたので目覚ましのスイッチを切り、再就寝した。9時少し過ぎに目が覚め、次は10時半だ。「いつまで寝ているんだ、ご近所さんが笑っているぞ」、「会社でも変人扱いだぞ」など集中的に嫌味を言われたが無視した。しかし、攻撃が途切れることがないので著しい不快感に襲われている。

16:16
いま、とりあえず仕事が一段落した。歌のリピート送信と強力なマインドコントロールによって何をやっているか判らないような状態のままこの時間になってしまった。昨日までとは違い、眠さ、だるさは無くてやや心拍数が高くなり非常に慌しい気分にされ、この犯罪の加害者に対して何かお返しをしてやらないと気がすまないような、やり場のない怒りの連続だった。怒りと言っても暴れ出したくなるとかそういうものではなく、上記したような気持ちがまるで感情のリピート送信をされているかのように延々と心の底に発生していた。

それと同時に、脳の遠隔操作だと思うが、思考が雑になってしまい例えば文章を読む時に飛ばし読みのようになってしまっていた。自分が遠隔操作によりそのような状態にされていることに気が付いていても、脳をやられているのでどうする事も出来ない。落ち着いて読もうとしても、脳内音声の送信により妨害されるし、意識が一つ所になくなってしまい、集中力が極度に落ちてしまう。

意識の操作とは、自分が気にしている事や、仕事などの優先順位であり、通常は一つの事に集中するときには他のことは考えないでいるのだが、全く関係ないことが意識の中で気になってしまったりする現象で、それを遠隔操作で思考の挿入のように行ってくる。

恐らく、脳の遠隔操作では、普通ではない擬似的な脳活動というか思考活動を常にさせられている為に、そのように操られてしまうのではと思ったりする。記憶障害も含めて何年という間途切れる事無く脳の操作を受けていると元の自然な状態を思い出せなくなってしまう可能性があるとも思った。

23:58
今度は昼間の逆で、ぼーっとして考えるのが面倒になっている。体に疲労感があり、何もやる気が起きない状態だ。しかし、何かをしようとしなければ強い不快感や苛々は起きない。脳への攻撃は、断続的なパルス(それほど早くない)のように意識がなくなっているような感じを受ける。文章を読んでいると、いま読んだはずの部分を(10文字程度)覚えていなかったりするのでどうしても繋がりがなくなってしまい、よほど気持ちを強く持たないと読めないし、まず、読むのが面倒だと言う気持ちが先に出てしまう。何故か体が熱くて汗ばんでいる。冷房は入れてあり室温は27℃程度だ。

日記に繋がりを持たせる為に昼間に書いた文章を読んでいたら、そのように感じたわけで、それまでは何となく疲れが出ているのかと感じていたし、体が熱いのも気温がそれほど高くないので冷房の効きが悪いのかと思っていた。しかし、やや呼吸困難、ややお腹に空気が溜まるなどの被害はあった。

メールの返事を書こうと思っていると、それまでは気持ちが前に出てきてどのような返事を書くかのイメージが出来上がっていたが、実際に書く段階になると全くイメージが涌かなくなり、返事を書くという行為そのものまで面倒になってしまい、意味無く時間が過ぎてしまった。しかしながら根性で返事を出そうと思ったが、イメージが全く涌かないのなら急用でもないので明日にでもしようと思い日記の更新に入った。

仕事が終わった後は楽器の練習をしに行ったが、その時は逆に早い速度の断続パルスで意識が変になっているように感じた。しかし、それらは脳内で何が起こっているかというよりは、そのように感じているだけなので、平衡感覚の変調や皮膚の表面の刺激などがそのように知覚されているとも考えられる。ただ、記憶と意識に対する操作は確実に行われていると思う。

練習スタジオでは、やはり音が煩く聞こえる被害と唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害を受け、精神も興奮させられたりしていた。筋肉の操作で体の一部が動かない被害や、神経が左半分だけに行ってしまい右半分への動きの発想がなくなってしまったりした。無意識下の部分への操作が多いと感じた。

ひとは従来、どの程度神経を分散させて意識をしているか判らないが、少なくとも自分の意思によって意識する場所を選択しているはずだ。それをコントロールされてしまう。くどいようだが意識が行く場所とは、心の中、体の部分、知覚される情報、周囲や他人、と沢山ある。

加害者は人を玩具のように勝手に操作して遊んでいる。

しかも、口封じのための脅迫と攻撃が途切れない。

この犯罪は絶対に許されるものではない。

ここまで文章が書けたのは強い脳への攻撃が弱くなったからだ。

11日2:21
脳への攻撃は続いている。記憶障害が強いように思う。
両方の鼓膜が塞がったような圧迫感がある。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印さんの言うとおりだと思う。色々な言葉が話せれば。
インターネットが普及した時に 世界の被害者達は広報し始める
インターネットがない時代に苦しんだ人達は本当に何も言えないまま苦しんだに違いない。 各国の被害者たちが集まりこの被害を訴えられる日が来る事を強く願います。 
 
この攻撃は 間違えなく 人工衛星 から攻撃されている。

 メディア・マスコミ・政界 すべてにおいてコントロール出来る

 裏の 権力者たちだ 。



COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる