テロと言って騒げと言われる

最近、加害者はこの犯罪がテロなのかどうかに付いて執拗に言及してきます。しかし、どう考えてもテロであると答えると「テロだと言って騒げ」と毎日のように脳内音声で言って来ます。

ウィキペディア「テロリズム」

ウィキペディア引用 --
テロの計画者はおおむね独自の主義・主張や世界観、宗教観をもとに物理的介入に及ぶ傾向にあるものの、その大半は未熟で一貫していない倫理観や思想的背景にもとづいていることが多く、対話の否定、相互理解の拒絶、純粋暴力(≒死・破壊)の肯定など非社会的な嗜好に由来するものである。 --引用終わり。

この上記が私に向けられているのです。
しかも、武器による暴力とマインドコントロールは途切れません。

被害日記

8:40
昨夜は就寝が2時頃だったと思うが、朝の4時過ぎに目が覚めた。やはり人工夢をみさせられ歌のリピート送信が聞こえていたと思うが記憶がはっきりしていない。その後トイレに行ってから再就寝して8時前に目覚ましで起きるが、すぐに声の送信による思考の誘導が始まり、それに伴って自分で想起したかのようにイメージ映像による思考の挿入を繰り返された。

平衡感覚の変調と疲労感、頭がスッキリしなくて自由に考えることが出来ない状態、記憶障害、歌のリピート送信が起床時より行われている。

10:13
起床時から同じ攻撃が続き首の後ろと肩の凝りが酷い。鼓膜が詰まったようにされ、やや興奮状態にされている。しかし、興奮状態と言っても脳の一部が眠っているように感じなので変な感じと言える。

14:40
ボリュームは小さいが歌のリピート送信が行われていて、著しい思考の妨害となっている。ここ数日の傾向として午後になると全身に異常な疲労感が出て動けなくなっている。眠くもされているので何もやる気が起きない。そう言った攻撃に対して「嫌だ」と思うとヒステリーを起こしそうな苛々する何かを送りつけてくる。日記の更新を始めると首の後ろが痛くなったり、唇が痛くなったりする。本当は郵送による広報をしたいのだが全くその気が起きないし、頭が働かなくなっている。

23:18
何か、脳が眠っているような、思考範囲を制限されているような感じのまま仕事を続けたが、気持ちに開放感は全くなく、無気力で疲労感があり、うつ病のような感じにされていた。その眠さに便乗して記憶障害や時間感覚の喪失、平衡感覚の違和感も続いていた。そのような状態であるので対人関係はうまく行かずに本来の自分ではない遠隔操作された自分のまま人と接している。

仕事は何とかこなしたが、内容は自分が本当にやりたい事ではなく必要最低限のものであり、速度も10分の1程度の遅さとなり、集中力は全くでない。

仕事が終わった後は楽器の練習のためにスタジオに向かったが、運転中も音声送信やリアルタイム監視、脳への攻撃は途切れない。スタジオに近づくと眠気が無くなり逆に興奮させられていた。スタジオに入るとまず、高い音だけが異常に煩く聞こえる操作をされ、不快感と共に練習をするはめになった。1人で練習をする時だけでなく、仲間と合奏をする時にも遠隔操作により音の聞こえ方を極めて不自然にされている。

精神状態の操作をされ著しく腹が立ったりもしたが、何とか耐えて練習をした。僅か3時間ほど前の事だが連続した時間の流れとしての記憶がないのでどのような攻撃をされたのか、どのような練習をしたか思い出せない。とにかく人とあっても憮然とした表情の楽しくない人という印象を持たれてしまうようにいつも精神状態の操作をされている。

自動車を運転して帰宅途中には、強力なマインドコントロールに掛けられてしまい、ラジオが鳴っているのにその音ではなく脳内に聞こえる声の方に神経が行ってしまいどうしてもラジオの声を理解出来なかった。「それ以上逆らうな」、「それ以上広報するな」、「お前殺されるぞ」、「一家を破滅に追いやってやる」、「家族全員が被害者だと言うことに早く気が付け」など酷い脅迫の連続だった。

マインドコントロール状態は、一種の催眠状態のような感じで、何か現実にはない種類の音に包み込まれ、脳が空想をしているような状態に強制的にされてしまう。丁度、その空想をする脳の部分を利用されているのではないかと思ってしまった。なぜなら、空想をすることができなくされているからだ。それが思考をする範囲が狭くなっていて開放感のない想像力のない世界を作り出しているように思った。

帰宅した直後には暴れ出したくなるほどの酷い怒りが涌いてきて我慢をするのが大変だった。玄関の扉を開ける時には「ざまあみやがれ、悔しかったらここまで来てみろ」などと激しく罵られた。

今も脳に対する強い攻撃をされ、平衡感覚が狂い、目線をずらされたりしている。しかし、この犯罪を野放しにしている政府には困っている。

10日1:20
その後も、途切れる事無く攻撃が続いている。
加害者は、よほど暇な変質者ではないかと思うほど、私の生活に遠隔から付き纏い一日の内で1回、一瞬の出来事の為に準備をして待っている。それは映像送信であったり、思考の挿入であるが、その時、その瞬間でなければ意味のないストーリーを作っているのだから呆れる。

寝る。

COMMENTS

私も被害者です。こんなものは断じて許されないと思います。とはいえ、こんなものというのが、どんなものなのかはわかりませんが、とにかく許せません。私も頑張りたいと思っています。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる