加害の種類

1:14
脳内音声で「めだかの学校」を放送している。この歌の歌詞を嫌らしく聞かせている。「いい気味だ」、「お腹を空気でパンパンにしてあげよう」、「遠慮なく嫌がらせしてあげよう」、「耳鳴りの追加をしてあげよう」と声の送信をされて、その通りにされている。クソの臭いも送信されている。

「お主、殺されるぞ」と送信され、後頭部が痛くなる。

このような極悪犯罪者である。

一日中地下鉄の車輪とレールが擦れるような音をきかされ続け

一日中リアルタイムで一生懸命早口で数人に嫌みを送信されている。

加害の種類について思った。ネット上に報告されている加害方法は全部事実だと。私は近所からの照射とか、携帯式の装置による照射とは思っていない。なぜなら、一秒も途切れることなく、移動中でも、何処でも、ほとんどすべての被害を受け続けているからだ。最初は、予め自分が行く先に何かを仕掛けてあり、そこから盗聴、盗撮、電波の照射をしていると思っていた。

だから音楽スタジオの中でも、飛び込みで宿泊したビジネスホテルでも、必ず天井とか電気製品を見ていた。ホテルのユニットバスの中に盗撮機が仕掛けてあるとすれば、換気扇くらいしか考えられないので良く調べたり、地下にあるライブハウスのトイレの中でも音声により、盗撮されているような事を知らされたりしたので天井や換気扇を調べたこともあった。

自宅も自家用車も業者を呼んで調べてもらったが何も発見されない。

「お前は人間携帯電話だ」と加害者に声の送信を受けた被害者がいるらしい。私はそれだと思っている。だから、加害は携帯電話のネットワークか人工衛星を利用しているとしか思えなくなる。

低周波というのがどのくらいのアンテナとワット数で、どのくらいの距離を網羅出来るのかという知識がないが、私は半径150Km圏内では被害を受け続けている。それより遠くには行ったことがない。

後、もう一つ考えられるのは、本当に付回している人がいて、加害を行うという方法である。毒ガスなどの報告もあれば集団ストーカーの報告もある。異常に道路が混雑してしまう。急に人ごみが出来てしまう。妙な自動車が止まっている。ナンバープレートがこれ見よがしである。ゴミを捨てる。ボディーアタックをされる。沢山の被害報告が出されている。

勘違い、気にしすぎ、無いとは言わない。

もし、生体情報の双方向通信が有り得ないと言われたら、我々は精神病になってしまうのである。いわゆる思考盗聴、脳内音声、感覚の送信である。私達は脳内音声による加害の説明付きでやられているのである。「空気を入れろ」、「臭みを付けろ」と解説つきで被害を受けさせられている。

従って、被害を受けている人にしか理解出来ない世界があるわけで、その報告されている加害手段はすべてあると思う。加害者像についても報告されている加害者像は、すべてあると思う。

すべて有り得ると思えば、すへてが判る。

なんて偉そうな事は言えないが、そう考えると納得出来る現象だと思う。加害者像に関して言うと、自分に加害者行為をしていると思われる人物の悪口を思いっきり言ってみて欲しい。

9:36
昨夜はそれほど酷い攻撃を受けなかったようで夜中に一度目が覚めた程度である。被害を受けなければ何も書くことはないのである。とりあえず目覚めると弱い耳鳴りがしている事、歌のリピート送信をされている事、女数人の声がリアルタイムで干渉して来る事、などである。

何よりも助かったのは頭の締め付け感がないことである。これは、頭の表面に痛みとか圧迫感があるだけではなく、脳そのものを締め付けられるような感じなのである。思考することが出来なくなる感じで、何も出来なくなってしまう。すごく嫌な感じでイライラする。

と、書いていると臭いの送信と顔の痒み攻撃を仕掛けてくる。武器で攻撃をして被害者を黙らせるやり方だ。お腹に空気も溜まって来る。力でねじ伏せる。まるで世の中の終わりのようである。何年か前に良く聞いた「あってはならない事なんですからね」女の声だ。そのあってはならない事をしている人達が言った言葉だ。

きりがないのでこのくらいにする。

朝、何度か電話があった。集団ストーカー被害を訴えている女性からだと思う。かなり混乱しているようだ。他人の被害というのは理解しづらいが、そのくらい精神を痛めつけられているのだろう。被害者はいつも1人である。理解するのが難しくても、そう思ってあげる必要がある。

加害者と思われる人間の悪口を言った時に何が起こるか試して欲しい。心の中で思っただけでも仕返しをして来る加害者がいるかもしれない。

12:43
久しく午前中から会社に入ったような気がする。ボリュームは小さいが思考を盗み取り、脳内音声でリアルタイムで嫌がらせをするのは続いている。音楽のリピート送信は携帯電話の着信メロディーだ。会社のお昼のチャイムが鳴ると、ずうずうしく女の声で「今度はこれを歌おうか」と送信する。耳鳴りは小さい音で行っている。とにかく聞えて来る声はすべてが人を貶す言葉である。思考を盗んで、屈辱を与えるために声の送信でそれを言い当てる。

そして、被害報告を書いていると脅迫をする。

トイレに大便をしに行くと「やっぱり臭いよ」、「尿を切る」と声の送信をされる。前を見ると「今を生きる」と文字が書いてある。こういった手口の嫌がらせは得意である。

12:56
記事をアップしたとたんに耳鳴り攻撃のボリュームが上がる。たとえば、この状態で自動車に乗って出掛けても耳鳴りに変化は起きない。それにしてもテロである。嫌がらせ工作員。

13:10
また、始まった、この世の物とは思えない地獄の苦しみ、拷問。

強烈な耳鳴り攻撃、頭を締め付けるような感じ、声による嫌み。

歌は「めだかの学校」をリピート送信している。子供の声だ。

「いい気味」、「ざまあみろ」と声を送信しながら人を苦しめて喜んでいる。

自殺者がでるのは当たり前だ

栃木県佐野市での出来事である。

13:28
窓を開けていると「そこの家も創価学会だぞ」と脳内音声で放送される。
「うんと苦しめ」と声の送信をしながら電磁波か何かで苦しめる。
私は創価学会だと言う人物に生まれてから出会ったことが無い。
知らないうちに接触している事はあると思う。
なぜ、こんな目に遭わなければならないのか不明である。
脳内音声という証拠の残らない武器を使っているから加害者は口だけは言いたい放題である。「防衛庁に見させてやりてえ、ブログを訴えてやれ」こんな感じである。

16:03
ずっと同じ嫌がらせが続いている。テクノロジーによる嫌がらせの前に人間はなすすべもない。それを承知で苦しんでいる状態を見ている。どうも、加害の実行犯の上にいる人間が命令をしているように感じる。実行犯は命令されたままに嫌がらせを続けているかのようだ。

「めだか学校」の歌をマインドコントロール効果のある脳内音声で送信して、無意識でいると一緒に歌い出してしまう。すると「歌ったぞ、また、歌った、ざまあみやがれ」、「いい気味、他の被害者は許してやる、お前だけ、一生嫌がらせしてやる」。と脳内音声で嫌みを送信する。

人類がかつて経験したことの無い苦しみを受けさせ

その追い討ちを掛けるような言葉を浴びせる

このことが事実であると保証する。

18:32
この被害日記を書き出した頃から何も変わっていない。人殺しである。ずっと耳鳴りをさせられ、頭を締め付けられ、最悪の気分にされ、「苦しめ、苦しめ」の連発である。

たとえば

会社で仕事の話をしていると

「メダカの学校」の歌をリピート送信される

どうしても脳内に入り込んで来てしまう

目の前にいる人間と会話が出来なくなる。


或いは

会社で仕事の話をしていると

鼻に痒みを送信される

我慢出来ないので手でかいてしまう

すると

「もう一度かかせて頂戴」と女の声を送信する

再度、鼻が痒くなる

これは事実である。しかも、嫌がらせをされた事を日記に書こうとすると、もっと酷い目に遭わされる。集団ストーカーと電磁波攻撃。あるブログを読んでいたら「絶対服従主義」と書いてあった。なるほど、そんな感じである。その集団の標的にされたら最後、人間として生活する事が出来なくされてしまうのである。加害組織は絶対の自信を持って嫌がらせをしている。「お国がら訴えられない」

更に、耳鳴りが強くなり「それ以上書くと死ぬぞ」と送信された。

何度でも書く

日本はそういう国になってしまった。

親も子供もいる。

こんな思いをして生きていくなら全部捨ててもかまわない。

死ぬまで被害日記を書き続ける。

絶対に許さない。

思考盗聴は間違いなく存在する。脳内音声もある。生体情報通信もある。

悪魔はいる。

19:01
思考盗聴は頭の中で考えた瞬間に盗み取られる。

これも事実と断言する。

栃木県佐野市での出来事だ。

「狂え、狂え」と声を送信して来る。

耳鳴り攻撃というのも脳内音声である。

私は毒ガス攻撃も本当は臭いの送信と感覚送信をあわせた物だと思っている。だから毒ガス攻撃をされていると思っている被害者の方がいらしたら、注射器を大きくしたような空気を吸い取る器具で、その場の空気を吸い取って、それを成分分析にかけたらどうかと思っている。証拠が取れれば、これ以上ありがたい話はない。成分分析をやってくれる場所はある。

今、心臓を苦しくされた。「心臓バクバクにしてやろうぜ」と声の送信をされる。

19:39
リピート放送されている歌が「雪やこんこ、霰やこんこ」と言うのに変わった。これは実際に雪の降った日に始めて脳内に放送された。加害元の場所に関して色々と推測されているが、私は放送局のような場所を思い浮かべてしまう。なぜなら、幅広い音楽ソースを持っている事、映像の送信はアニメであったりビデオカメラで撮影された実写であったりするからだ。しかも、24時間大声を出しても平気な場所。更に、メディアによる仄めかしを訴える被害者もいるからだ。

少なくとも、

24時間大声を出せる場所

幅広い音楽ソースのある場所

映像、音楽を編集する機材、設備のある場所

が、想像される。

20:22
「生体と電磁波」という本を読んでいる。歌のリピート送信があるので非常に読み難い。たまに間違って字を読むと「字が読めない」と思考盗聴により盗み取った情報で嫌がらせをする。すごく、嫌な感じでネットブログを読んでいても、同じことをされる。すると「胸を焦がせ」、「俺達の事をバカにした罰だ」と送信する。

そもそも、加害行為が先である。

それと臭いの送信は顔を動かすと消えるようだが、痒み攻撃は歩いていても消えないようだ。

23:41
気晴らしの為にサウナに行ってきた。そこでも痒み攻撃、音声攻撃を受ける。帰宅すると耳鳴り攻撃を受ける。脳内音声の脅迫も大変なもので、たとえば「子供を孤児にしてやる」と言われる。嫌みとしては「鳴き狂えば許してやる」と言われた。証拠はないが大変な言葉である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる