脳の遠隔操作はどんな罪になるのだろうか

遠隔から電磁波で脳に対して強い攻撃をする犯罪。影響とか言うレベルはなく狙い済まして攻撃をする。それは途切れる事無く何年でも続けられ、止めてくれと言っても絶対に止めない。犯罪の告発をしても証拠がなければ精神病だという不思議な社会認識の下に公然と人を憚ることなく続けられる。

内容は多岐に渡るが、記憶の消去・改竄、思い出せなくする、新たに記憶をさせない、思考の挿入・誘導、精神状態の遠隔操作、自由に物を考えることをさせない、などでそれを実行する為に他の遠隔操作も多様する。

そして、それらは脳の遠隔拉致と言われるくらいでどんな場所にいても絶対に逃れることが出来ず、被害者は苦しみ続ける。その苦しんでいる被害者の状況を把握しながら更に攻撃を続ける。

殺意がなければ出来ないことは判るのだが

殺人と同じなのではないだろうか。



被害日記

13:07
脳の遠隔操作だけを大雑把に書いても人殺しのように思えてくる。これに他の被害を加えて、精神的・肉体的に苦しめ、自然に生活をさせず、生きている限り苦しまなければならない状況に追い込み続けるというのだから史上最悪という言葉がふさわしい犯罪であり、そう言った罪の重さだと思う。

昨夜はそれほど遅くならなかったので2時前には寝ていたと思う。しかし、朝は予定していた起床時間の1時間半前に起こされ声の送信で「さあ、どうする、これから寝るかね」なんて聞かされた。声の送信は最初は控えめだったが次第に嫌みと脅迫が増えてくる。眠いのだがそのまま寝ることが出来ずにいると「仕方が無い眠らせてやるか」と聞かされると自然と眠ってしまった。

しかし、目覚ましが鳴ったときは異常に眠くて、疲労感があり「ざまあみろ」なんて悪質な声の送信が聞こえ、起床するとすぐに脳に膜が張ったように思考がボケてしまい目覚めた時よりも眠くなってしまい、目眩のような平衡感覚の変調も起こされる。

タバコを吸った後はコーヒーを入れたり、パソコンのスイッチを入れたりするのだが、余りにも脳への攻撃が強く自分が次に何をすれば良いのか判らなくなってしまう。もちろん、コーヒーを入れて顔を洗うというのは頭の中にあるのだが、どうすればそれが実行出来るのか、何を一番最初にすれば良いのか判らなくなってしまった。少しの時間だったがやられてしまった。

その後は歌のリピート送信があったか覚えていないが出社をして仕事をしている。一時は考える事が出来なくなっていたが、人と話をしていると頭の回転が良くなりかけきて「これなら自分の仕事が出来そうだ」と考えた瞬間に「それは甘い」と声の送信に水を掛けられた。結局、来客や他の用事があったので頭を使う仕事をしないで昼になってしまい。弁当を食べながらブログ閲覧をしていると、内臓がもぞもぞと動いているような感じになり、気が付くと腹がパンパンになり息が苦しくなっていた。

2日1:03
その後も歌のリピート送信や声による干渉、脳への攻撃や筋肉の硬直痛などが続いていたがそれなりに仕事をした。やはり色々と忙しいので落ち着いて1人で考えるなどの場面がなかった。それと今は思い出せないし、眠い。

一つだけ夜に家族と買い物に行き帰宅途中に強烈な脳への攻撃を受け会話が満足に出来ないようにされ、暴れ出したくなるような衝動を起されてしまい大変な苦労をさせられた。何とも言葉では説明できない異常な不快感と脳の変調、首の後ろの硬直、脳を締め付けられるような不快感だ。我慢をしていると15分程度で軽くなったがとにかくパニックというか大変な苦痛だった。

各種被害は激しくないが続いている。

寝る。

COMMENTS

No title

加害者のマインドリーディングマシンって拷問兵器そのものですね

Re: No title

> 加害者のマインドリーディングマシンって拷問兵器そのものですね

そうですね。
そのような使い方しか出来ないという事実。24時間張り付いたまま執拗に生活妨害を続ける狂人としか思えないテロリスト達。このような犯罪に対して全く理解のない社会。この世の終わりを感じます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる