脳への電磁的攻撃をやめさせよう

すでにご存知の方も多いと思いますがアメリカでは脳への電磁的攻撃を禁止する判決が出ています。これは裁判所が脳への電磁的攻撃の存在を認めたことになるのではないでしょうか。また、それらの被害に対する対策サービスの会社まで存在しているようです。しかも、このようなニュースを配信する会社やジャーナリストまでいると言う事になります。現実に使用されている武器の押収や犯人の検挙に繋がらなくても、そのような判決が出てそれが報じられている事は重要であり私たちの置かれている環境とはまるで違うわけですが、その環境の改善のためにもアメリカでのことを強くアピールするべきだと思います。

「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも


被害日記

9:57
昨夜も自室にて見えない敵との格闘を強いられていた。酷い時は泣き寝入りするまで強い攻撃が止まないが、昨夜は就寝前に少し弱くなった。睡眠時間は6時間に満たないが途中覚醒などの睡眠妨害はなく、目覚ましが鳴る少し前に目が覚めた。最初は声による語りかけを聞かされ、それに対して自分が連想したかのように思考の挿入を繰り返していた。その連想の結果は加害者の作った落とし穴に無理やり落とし込むように最初が出来ている。

なぜかこの手の被害者は陰謀とか策略とか人間不信のような被害に対する見解を示すが、それはそのように設計されている被害を受けさせられているので普通に受け止めればそのような見解になる。

起床すると体が非常に疲れていてだるいが、その疲労感や疲労している場所に心当たりがなく不自然である。すぐに脳に対する攻撃が始まったようで(記憶障害だと思う)頭がぼうっとして脳に膜でも張ったかのような感じになり、自分がこれから何をすれば良いのか判らなくなってしまった。

着替えて、コーヒーを入れて、顔を洗ってコーヒーを飲む、その後出社をする。この一連の行動を忘れてしまった訳ではないのだが、時間感覚の喪失と共に思考が停止したようになり次に自分が何をすれば良いのか思いつかなくなってしまった。その状態は少しの時間だけだったのですぐに行動が出来たがコーヒーを入れる手順を間違えたりしてしまい記憶障害を起こされているのかと思った。

その後は、ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による嫌みが続き、視野が薄暗く、狭くなったような不快感があり、頭部圧迫感と共に思考がボケていて、まともに物を考えることが出来ない。従って、不快な気分である。

24:01
昨日と同様に被害は継続している。
歌のリピート送信は途切れる事無く続けられ著しく不快であり、落ち着いて考えることは出来ない。声によるデタラメの喋りも途切れることはない。記憶障害、平衡感覚の変調や首の付け根の硬直、痒み、痛み、なども執拗に行われている。

午後は来客が多く落ち着かなかったが、基本的に本を読んだり、人の話を聞くなどの落ち着いて何かを自分の中に取り入れる事はさせずに、デタラメをベラベラと喋り続けるタイプの人間にされてしまいそうだ。

夜は楽器の練習をしていたが、いつもと同じように妨害をされた。僅かな筋肉の操作でもかなり大きく影響を来たすことが判った。勿論、脳への攻撃をさていれば全く本来の能力を発揮することは出来ないが。

とにかく執拗に攻撃をされている。

24:36
音声送信などにより一日中、呟かされたり、加害者と会話をさせられている。また、マインドコントロールも盛んに行われている。明日早いので寝ようと思う。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印さん

米国に住む被害者の一人である友人が、メールしてくれた言葉を転載させてください。

---------------------------
たしかに集団ストーカー犯罪は
「十分に計算された組織的な恐怖を“敵”に対して
継続的に加えるテロの手法」(佐藤龍巳)が
採用されているかにもみえますが、しかし
この犯罪組織はテロとは違って
犯罪教唆している者をどこまでたどってみても所詮、
「動機は私的欲望」であり、
プライバシーの「窃盗、侵害」を手段にして
精神的暴力を加え標的の生活を妨害し
破壊させたり人殺しするだけの犯罪であり、
極め附けには「そんなことはしていない」と
嘘をついて逃げるところまで、
ことごとく単なる臆病な「犯罪」にすぎません。
こんなのをテロリストと一緒にしたら
命がけのテロリストが怒るでしょう。

戦争(正規戦)とは別に、
テロや犯罪も古代より存在する。
しかしテロや犯罪のように卑怯な手法が
人類を完全に支配するほどの「優れた手段」であれば、
淘汰によって人類はとっくに
テロリストと犯罪者だけになっているはず。
しかし文明が生まれてからでも既に
数千年経過した歴史の中で
そのような世界は一度も現出していません。
 
テロの世紀と呼ばれる21世紀の
真っ只中にいる現代人は、
これが永遠に続くかのような錯覚を持ちがちだが、
人間には悪と恐怖を乗り越える
「修復力」が備わっていることは
歴史が物語っています。
---------------------------


書き込み制限している端末ありますか? 何故ですか?

Re: タイトルなし

> 書き込み制限している端末ありますか? 何故ですか?

確かドコモの携帯からは書き込みが出来ないかも知れません。
以前にドコモの携帯から脅迫コメントがよく来たので
制限をしたはずです。

申し訳ありません。

No title

こんにちは被害オヤジです。こちらには
毎日、訪問させていただいています。
「脳への電磁的攻撃」:禁止判決と対策サービスも
ですが、少しずつ解決に近づいているように感じます。
私のブログやミクシィなどでも拡散をさせてください。
よろしくお願いします。

何をやってもうまくいかないようにされ、その上信じ固い嫌がらせをされている中、思いが通じないようにしたと言われてから、こんなに大変なのに周囲は余りにも冷たく犯罪被害の重大さもまるで分からず、他人の事等まったく考えてなく被害者の状況より自分の事しか考えてなく、まるでロボットのようでものすごく人に幻滅する事ばかり起きました。人間は平等の世界に生きてる訳じゃないですね、この犯罪者達が設定した世界で生きなくてはならなくなります。
秋葉原事件の加害者も記憶が断片的であるというとこやロッカーからものが盗まれたというところからかなりこの被害者であった可能性は高いと思いますが生きてる世界が嫌になる操作をされてたんじゃないかなと思います。

Re: No title

被害オヤジ様

こちらこそ宜しくお願いします。

Re: タイトルなし

> 何をやってもうまくいかないようにされ、

私も、他人は全く頼りにならない、誰も何もしてくれない
と悲観する毎日でした。
それでも、いつかは何とかなると信じていますし、
被害以外では人に助けられて生きています。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる