睡眠妨害で生活を壊される

テクノロジー犯罪の特徴として睡眠妨害という被害が、かなり多く報告されている。これは何度も途中覚醒してしまうものから、朝早く目が覚めてしまうもの、明るくなるまで寝させない、など様々であり、その間にも各種攻撃をされ続けて酷いストレスを受けさせられたり、普通に眠るのだがどうしても朝早く目が覚めてしまなどがある。

その結果、周囲には「被害者の生活の乱れ」という見える形として受け止められ普通ではない人としての証拠を得られてしまう。それに耐えて短時間睡眠で頑張っていても昼間にも攻撃が続くので心身ともに疲弊してしまう。

この睡眠妨害という生活破壊だけでも社会の一員として多大な損害を被っていることは間違いない。また、いくら薬を飲んでも効かないという事も良く知られている。この犯罪は拷問洗脳という形で行われているので、眠らせない拷問と社会的信用を失うという恐怖や不安から洗脳されてしまうことになる。

しかし、加害者の目的は何でも言うことを聞く人間の養成ではなく生活破壊であるのでその攻撃をやめることはない。最後は自殺・発狂へと導きその誘導に耐えていても確実に社会的信用と持って生まれた能力を奪われていく。


被害日記

10:33
昨夜もかなり強力に脳を攻撃され、歌のリピート送信と声による執拗なマイナス思考の挿入が行われていたので就寝が遅くなってしまった。3時頃だったと思う。朝は7時前に起されたので、たまには午後から出勤ということにして寝てみた。10時に起されたが、頭痛と疲労感が酷く著しく気分が悪い。加害者の「朝起きられないで笑われろ」という言葉に抵抗する意味もあった訳だ。

この電磁波テロをどうやったら止めさせられるだろうか。

いまも、頭痛と筋肉の疲労感、視力の低下、お腹に空気が溜まる攻撃、呼吸困難を起されている。声の送信ではボリュームが小さいが低俗な自己嫌悪誘導を続けている。勿論、そのような声を聞かせる時には不安感や苛々するなどの精神状態の操作が伴っている。

21日2:29
今日は午後から急遽、電磁界を測定するスペアナの校正をする会社に行くことになった。急いで昼を食べ自動車で出発し途中から電車に乗り換えて東京都下にある試験会社に行った。結果は、測定器の故障ということだった。そう言うこともある訳で、異常な数値が出た場合は変だと思うがやや大きな数値の場合は変だと思わないので、そのまま使ってしまうことがあるだろう。

その後は折角、都内に来たのでそのまま帰るのがもったいなくなり、知り合いの出演しているライブハウスが東京の西部にあるので行ってきた。お客さんの前で激しい演奏妨害をされたら困ると思ったし、声の送信で脅迫をされたが勇気を出し腹を括って一曲だけ出演した。それほど激しい妨害はなかった。

その後は時間の都合もあったのでワンステージだけで帰ることにした。帰りの電車の中ではやや挙動不振というか著しく落ち着きがなくなった。声による干渉は途切れることはなく目線に関しても干渉をされた。攻撃としては軽い方だったと思う。

自動車に乗り換えて高速を走っていると途中から急に攻撃が強くなり、悪魔のような声の送信が始まり、やり場のない怒りに駆られた。帰宅後も苛々と暴れ出したくなる衝動を起されてしまい、軽く物を投げたりした。自分の荷物を急いで片付けるのに投げたりするのは別に珍しいことではないが、その怒りが発生しているので、そこからの延長として物を破壊しそうな雰囲気を感じたので、いつものように気持ちを静めて対処した。

その後、パソコンの電源を入れてログインパスワードを入力したらパソコンは何も反応をしないでパスワードだけが消えてしまったように思った。その件で先日パスワードを変えたと思ったのだが。メールチェックをしていると攻撃が強くなり加害者の声も悪魔のようになり執拗に攻めてきた。しかし、強引に言い返して黙らせた。

思いだしたが、都内にいる時に携帯電話からgmailにログインしようと何回かパスワードを入力したのだが、やはり画面が変わらずに元のパスワード画面に戻ってしまった。何か変だと思う。

上記書いたら鼓膜が詰まったようにされた。

3:23
寝る。

COMMENTS

No title

音声送信の内容、ワンパターンですよね。出社が遅いのなんて耳印さんのせいじゃないでしょう、加害者が自分たちで睡眠妨害してるからなんでしょう? しかも出社が遅くて許される身分なんだから、文句言われる筋合いないと思います。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる