あなたはUFOを信じますか

「自衛隊パイロットたちが接近遭遇したUFO」このような本があります。
UFO本

私は特にUFOの件に関して論じるつもりはありませんが、ある方からこの本のご紹介を受け購入しました。しかし、テクノロジー攻撃で撹乱される毎日ですので本を読む時間も取れず、読書妨害も激しいので少ししか読んでいません。なにのなぜこの本のことを取り上げたのかと言いますと、テクノロジー犯罪の広報をしている時に「決して信じないわけではないけれど、証拠がないのではUFO問題以下だよ」と言われた事があるからです。

テクノロジー犯罪被害、UFO問題のどちらも「信じる人と信じない人がいる」という点に置いては同じです。しかし、UFOでは証拠写真などがありますが、被害に苦しめられている人がいる訳ではありません。一方テクノロジー犯罪では確固たる証拠はありませんが、酷い被害に苦しめられている人が沢山います。

また、UFOに関しては現場筋では隠蔽というか口にしてはいけないそうです。それは「そんなものがある訳ないだろう」などから来ているのだと思います。私は10年以上前だと思いますが一度だけ皇居の上空付近で見たことがあります。夜でしたが点滅しない光の玉が飛行機のように低空で横に移動していました。すると凄いスピードでジクザグに上昇した後に、さっきと同じような速度で横に移動していました。後日、知人に電話をした時に何故かその話が出て、知人も同じ時間に同じ場所で見たそうです。その知人とは1時間ほど前までは同じスタジオで音楽をしていて帰る途中だったわけです。


被害日記

13:39
朝6時半頃に突然目が覚めた。頭が異常に熱くて発熱でもしたかのような感じだった。身体には少し汗をかいていた。すぐに歌のリピート送信と声の送信で何かを喋っていたが「ざまあみろ」だけは良く覚えている。トイレに行ってから再度寝て、10時頃に目が覚めた。その時は異常な疲労感とすでに脳への攻撃をされているようで平衡感覚の変調と記憶障害が起きていた。

コーヒーを飲んだり、洗濯をしたりしながら日記の更新をしようと思ったが疲労感と共に無気力にされてしまい、何もする気になれない。とくに気持ちがスッキリしない。脳への攻撃のために考えが広がらなくなり、思考の八方塞がりのように何も考えられなくなってしまう。特に楽しい気持ちにならず、何処かに遊びに行くなどの楽しい事が頭に浮かばない。

非常に狭い、一定の範囲内での思考しか出来なくされている感じで、それに逆らって何かを考え出すとすぐに記憶を消されてしまったり、考えが纏まらなくなったりして気が付くと加害者の世界に引きずり込まれている。

文章を書くのにも苦労をするほど脳への攻撃が強い。視野が薄暗くて視力が落ちている。恐らく脳内もそのようにされているのだろう。

23:57
記憶の消去と声の送信や脳の操作などを併用した「考えること」、「意思決定への妨害」が酷く上記を書くのにも苦労している。キーボードを打ちながら次に書くことを思いつくとすぐに忘れさせられてしまう。書いている最中に内容に対して迷わせるような声の送信をされる。意思決定が出来なくなるような脳の操作もされている。

長い一日であったが、まず墓参り。手を合わせて何かを念じているとそれを声の送信でそのままそっくりなぞられてしまう。子供も一緒にいたので、二次被害として子供の学校行事などに参加出来ないので、子供は寂しい思いをしているだろうと思った。そんな所から周囲では確実に私は変人扱いされているだろうと思った。それと子供が被害を受けていないと言う保障はない。

夜は楽器の練習をした。その時も自動車を運転している時に酷い攻撃を受けた。やはり、何かマインドコントロール周波数と言うのがあり、催眠状態のような特殊な感覚にしてしまう何かがあると感じた。それが出力されている時とそうでない時があると思った。

練習中も色々とやられ、聞き捨てならない言葉と共に強く興奮する脳波を送られて強力に興奮させられたりした。肉体の疲労感や筋肉の痛み・硬直がなかったので信じられないくらい楽に身体が動いた。

帰宅後は余りにも攻撃が酷いので総理官邸に要望のメールを入れた。その後は何件かのメールを読んで、返信をしたのだが、強力な記憶の消去と意思決定を惑わす被害を受けさせられ時間が掛かってしまった。

まだ、執拗に攻撃をされている。声による脅迫も酷い。

24:20
上記アップ後に声の送信で「この地区で近年稀に見る笑い者にしてやるよ」と声の送信をされた。例えば、文章が箇条書きのようになっている事に対して加害者が指摘をすると、それが異常に気になってしまう被害というのがあり、それは無視をしてそのままアップした。

「笑い者にしてやる」

この言葉は最初から加害者が使っている言葉だ。

見えない敵、脳内音声を相手にしても無駄な時間を費やすだけだが、それが出来ないように執拗に幅広い攻撃を続けてくる。例えば、キーボードを打っている間だけ歌のリピート送信をする、呼吸に合わせて声の送信をする、などだ。いずれにしても加害者は武器の力を借りて偉そうな事を言っているだけの狂人だ。

その声の送信には、あらゆる感情の送信が伴い、無理やり加害者の意図した精神状態にされてしまう。例えば、悔しがるような言葉を投げた時には体感付きで悔しくてたまらない気持ちになり、腹が立つような言葉を投げてきた時には異常に腹が立ち心拍数が上がる、などの攻撃を途切れる事無く毎日続けている。

人間の遠隔操作犯罪は史上最悪の狂気の犯罪だ。

絶対に許してはならない。

14日1:59
とにかく脳への強い攻撃が続いている。

潜在意識を変えてしまうことも出来るようだ。

電磁波テロに関しては多くの被害者の方の広報が必要です。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる