最近の被害傾向

12:20
音声送信は歌のリピート、声による喋り、ともに途切れることがないが音量が小さくなっている。脳への攻撃としては記憶障害、平衡感覚の変調が多い。それと視覚操作として左右の目が逆転したような利目が入れ替わったような感じの違和感や視力が急に落ちたり、視野が薄暗くなって解像度が落ちたような被害、味覚・嗅覚、イメージ映像の挿入、筋肉の痛みや締め付け硬直、お腹に空気が溜まる操作も頻繁に起きている。精神状態の操作は嫌悪感、怒り、などが頻繁に行われている。いま記憶障害を起されているので細かく思い出せない。

ところで視覚操作として視界が薄暗くなっている時の状態は脳の半分しか機能していないように感じたことがあった。もう一つは片方の目に網掛けのような映像を送りつけているようにも感じた。どうやっているのか考えるのも面倒だし知識がないので恐らく脳機能の低下をさせているのだと思っている。

それと脳への攻撃では考える事が出来なくなる思考停止のような状態にされることがあり、通常の判断や認識は出来るのだが記憶の中から何かを思い出そうとしても異常に時間が掛かってしまい、目の前の現実以外に対処することが出来なくなってしまう。加害者が何かのキーワードを聞かせてきて「思い出してみろ」というが全く脳が働かない状態にされてしまう。

それと何か思いついたり、これから日記に書こうと思っていた事を瞬時に忘れさせられてしまう。後は首の後ろの硬直であり、後頭部の違和感と共に著しい不快感となっている。

常に思うのはそう言った脳の操作というのはパルス幅や間隔を制御することにより違った感覚を生み出しているのではと言うことだ。また、自分の思考と加害者が挿入した思考の区別が付かなくなる場合も多い。なぜなら、思考の挿入は声による喋りだけではないからだ。

今日も寝起きから、それこそ口汚い罵りと脅迫を浴びせられ、記憶障害を起され、筋肉を痛くされている。こんな犯罪が「精神病だ」という決め付けの下に調査もせずに野放しにされている現状に対して恥ずかしいと思う人はいないのだろうか。

14:01
いま高速道路のパーキングにいる。雲空で日差しはない。ふと数十メートル離れた所に止まっているアルミパネルのトラックを見ると、凹凸で横縞になっている部分だけがテレビの砂嵐のようにチカチカして見えた。他のトラックをみたが全部同じように見えたので念のため写真を一枚撮った。

24:14
帰宅した。
トラックのアルミパネルの部分だけが変に見える現象は、恐らく過去には無いと思うのだが、なぜそんな事に気が付いたのか、目の錯覚ではないのか、などと考えていた。しかし、次のパーキングに入った時にやはりトラックが止まっていたので見てみると同じようにテレビの砂嵐のように見え、更にその部分が手前に来ているように遠近感まで狂っていた。その時点ではまだ目の錯覚と思っていたが、なんと加害者が声の送信で「その目だけは治してあげよう」と聞かせ、すぐに普通に見えるようになった。

やはり被害と関係があったのだ。アルミは反光沢のようなもので、想像するに10センチ間隔で3センチほどの強度を出すための凸出しがあり、それが横方向に縞になっている。曇り空なので日差しは無い。それとアルミパネルに対して90度の向きに立つと一番良く砂嵐が見えた。距離は30メートルから100メートル以内くらいで遠い方が砂嵐のようにチラチラと動いて見えた。近くても、遠くても砂嵐の大きさは変わらない。

その後は都内のスタジオに音楽をやりに向かった。スタジオに入ると最初は楽器の音に合わせて替え歌のように聞かせる声の送信がほとんど聞こえなかったのでほっとしたが、その音楽の音や見た感じがパラノイアのような、上手く説明出来ないが、現実味のない別世界を感じた。それに関しては想像だが、音楽を言語のように聞かせようとしているのかと思った。もし、脳が音楽を言語として聞いてしまったら理解出来ないので幼児の世界のようなパラノイアに感じると思う。

次第に楽器の音に被さって声の送信が始まり、ついでに苛々させられ不快感が酷くなった。自分の演奏の時にはまともに演奏をさせない各種攻撃をされ酷い目に遭わされた。結局、一曲を通して良い感じの演奏は出来なかった。加害者は執拗に攻め込んで来て「そろそろ降参しろ」、「まともな演奏がしたかったら参ったと言え」などと演奏中に声を聞かせて来た。本当に酷いやり方だと思う。

結局、スタジオにいても他人の演奏を聞くことが出来ないし、記憶障害のために新しく曲を覚える事が出来ないし、参考にするために自宅でCDなどを聞く事も出来なくなり、それでも諦めずに練習を続けているが本番で演奏妨害をされ続けている。そして被害を口にすれば精神病扱いとなればその怒りはただ事ではない。

そんな事を考えていると急に落ち込みそうになるが、加害者がその精神状態を感知すると声の送信で攻めてくるので「全く悔しくはない、事実上達している」と心の中で言い返す。

結局、被害を受けていない人達との接触は浅くなり、阻害感というか脳への攻撃のために心を無理やり加害者の世界へ持って行かれたままスタジオを後にした。しかし、仲間が決して冷たい対応はしないので助かっている。

オートバイに乗り帰る時にも歌のリピート送信や声による干渉は途切れない。風を切るヘルメットの中でも特に送信ボリュームを上げることなく脳内音声は聞こえる。それはヘッドフォンで大きな音で音楽を聞いていても同じだ。以前に決して値段の安くないヘッドフォンを腹を立てて叩き壊したのを思い出した。その後にそれよりも値段の高いヘッドフォンを買ったが今は使っていない。

本当に酷い話だが、それは他の被害者でも同じだと思う。

9日1:54
上記アップ後にかなり攻撃が強くなった。

寝る。

COMMENTS

No.7

W G を使って加害者から送られてくる他者の脳波(同時に催眠療法のソフトを使用した状況)の影響を自分自身の脳波に戻し,催眠がかかっていない状態にすると意識操作や身体刺激攻撃をかわせます.本当ですよ.
体の揺れのような状態を感じないでしょうか?催眠波を強く当ててきている状態です.加害者の脳波を強い催眠波とともに当てられるとその人間の意識に変わります.催眠がかかってしまう状態ですから一番その状態を防がなければなりません.WGは,本当に有効ですよ.

目の前で話している人物がその場で音声から脳波入力されて催眠波を強くかけられている状態の時は,異常にに眼球が上下しています.

それともう一つ,ナチスドイツ,オウム真理教事件どちらも科学的な催眠洗脳を行っていますが,脳波同調した状態で性行為等の状況を利用して他者の脳波を刷り込んでいます.またノアの箱船事件もセックス教団も同様の脳波の刷り込みによる催眠洗脳犯罪です.そしてそのために使われたのがメタンフェタミン等の覚醒剤です.
メタンフェタミンは無味無臭で経口摂取できます.飲食物に混入していても全く気づきません.日本の特攻隊も最後に飲まされたようです.本来日本人が化学合成してつくった悪魔の薬物です.
このことを私が書くと私の方の加害者が大変動揺するのを覚悟の上で書いています.

メタンフェタミンを使った状態では,大変催眠にかかりやすい状態になるのと同時に脳波をつないでおけば性行為を通して刷り込み洗脳が可能になります.脳波変更の操作によって人格とともに意識が瞬間的に切り替わります.

加害者が写している映像は,自分で変更できます.また自分で映像を想像すると脳裏に自分で作れますよ.試してみてください.催眠をかけてきている証拠です.
それと催眠療法のソフトで過去のトラウマ体験や心の傷の分析をするための賦活操作や停滞操作も悪用されています.
貝印さんの被害状況は,全くといいほど私の被害状況と同じなのです.もし被害者のメーリングリスト等があるようでしたら私の情報も流してください.私も何が何でもこの卑劣な犯罪被害を終わらせなければならないと思っていますので.

No title

カゴメ昆布さんはブログを持っていないですか?

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる