脳への攻撃が止まない毎日

テクノロジー犯罪被害は範囲が広く、五感の操作、身体機能の操作、脳の操作が遠隔より行われている。しかも、それは人間が自然で体験したことの無い異常な不快感と変調を伴い、あらゆる生活に対する妨害をされ続ける。声の送信によるアナウンスが同時に行われるので腹立たしさは倍増する。

その中でも脳の操作には、思考誘導、感情操作、脳機能の低下が常に行われるので目が覚めた時よりも起床後の方が寝ぼけているのではないかと感じるほどだ。

まず、歌のリピート送信を脳内に放送されるのでうっとうしくて静かに物を考えることが出来なくなる。それに対して嫌だと思い出すと苛々する感情操作をされ、その苛々の矛先を周囲にいる人間に向けさせる為の思考誘導が行われる。脳機能の低下では、記憶障害(思い出せない、記憶を消される)、強い平衡感覚の狂い、読解力の低下、思考速度の低下、想像力の低下、時間感覚の喪失など感覚として感じる被害は沢山ある。

結果として、遠隔拉致・拷問洗脳と言った世界へ無理やり引きずり込まれ、開放感は全くなく、常に不快な気分にされている。しかも、感覚だけでなく体感として事実不快な状態にされている。

通常人間は、何か悩み事があったり、生活上に取り除くことの出来ない障害があったりすると弱ってしまい病気になったりする。そういう人は何もない人より立場が弱く、他人にいじめられているのであれば「やられている人」という事になる。そして場合によっては周囲の人に気づかってもらえる。

しかし、この犯罪被害ではそのような事はなく

誰一人としてその苦痛を理解してはくれない。

しかも、一般の人と待遇は同じである。

例えば、その苦痛に耐えかねて仕方なく「精神病です」と言ってしまい診断書をもらったらどうなるだろうか、人権の剥奪に繋がらないだろうか。勿論、「誹謗中傷の声が止みません」と言って病院へ行けば誰でも診断書と薬がもらえる事は間違いないのだが。


被害日記

11:56
朝から脳への攻撃が酷く、まるで宇宙遊泳でもしているような感じだ。例えばコーヒーを入れようとすると途中で違う所を見つめていて自分がなぜそうしているのか判らなくなったり(それには理由があるのだが記憶を瞬時に消されてしまう為)、被害日記の記入を始めるとキーボードを打つ速度が著しく遅くなったり、文章の脈絡が判らなくなり読み直したりする。途中で急に止まってしまい、次に何を書くのか判らなくなり、そこに声の送信で関係のある言葉を聞かされたりする。平衡感覚の変調が続いているのでやや揺れているように感じ、周囲の状況を自然に感じ取る事が出来なく、攻撃により常にまくし立てられるので、落ち着いた時間はない。

そして、頭痛がしたり歌のリピート送信をされたりしている。

こんな毎日が続いている。

19:04
その後も延々と歌のリピート送信が続いている。
音声送信のボリュームは小さくなっているのだが、とてもではないが脳への攻撃と相重なって深く考えたり、本を読むことが出来ない。読み出したとしても何か他の攻撃をされるので集中出来ない。仕方ないので先ほどまでは親と職場の話をしていた。その時は音声送信がほとんど聞こえなかったと思う。夕方になり陽が傾いたので外作業を少しすると、今度は雷雨である。家に入ると歌のリピート送信が聞こえてくるので腹が立つ。

単純に言えば9時間同じ歌を無理やり聞かされる拷問を受けていることになる。

脳への攻撃も極端なものではないので具体的に説明が出来ないが、記憶操作は確実で物を取りに行ったのに歌のリピート送信や加害者の腹立たしい語り掛けに応対している内に忘れてしまう。戻り掛けると加害者が声の送信で思い出させたりする。平衡感覚の違和感もあり、右頭部や右目に違和感がある。とにかく「違和感」としか表現が出来ないが思考能力が落ちているのは確実で、苛々もさせられている。

左手首の痛みも無くなっていたが今復活した。

とにかくやることが酷すぎる。

20:12
先ほどからどうしても認識力というか理解力のようなものが低下していて困っていた。自分で書いた文章を読んでいても理解出来ないので何がおかしいのか気が付いた。例えば、一秒くらいの間隔で自動的に記憶の消去が行われていたら(パルス幅を長くする方向の操作)、自分で書いた文章を読んでいても理解出来なくなってしまうのではないだろうか。また、右目と左目の利目の入れ替えのような、どちらか片方を見づらくするなども行われることがある。

いずれにしても電気的にスイッチで脳の操作が出来るのだろう。

それと、60秒間ほど停電をしたが音声送信は途切れなかった。

22:58
また歌のリピート送信が始まった。
脳への攻撃も続いている。

今度はお腹がパンパンになり飲食したものが下に降りて行かない感じになっている。苦しい。恐らく胃腸の筋肉を遠隔操作で締め付けているのだろう。

最近、1Hz~30MHzまでの電磁界を測定できるスペアナを手に入れたのだが、攻撃が激しくて説明書を読むことすら出来ない。また、政府に広報しようと思う。同じところに何度要望しても罪にはならないだろう。

25日2:05
こんな夜中に強烈な攻撃を食らって物音が大きくなってしまう。16時間、歌のリピート送信と脳への攻撃が続けられ、声の送信と共に精神状態の操作をされ続けた。酷い拷問だ。

音声送信のボリュームは小さいが憎まれ口も含め全く途切れる事無く私事に干渉し続けている。両方の鼓膜が詰まったような感じ、後頭部を中心に頭部の強い圧迫感、首の後ろの硬直、思考能力の低下、想像力の低下、記憶障害(思い出せない、瞬時に記憶を消される)などが延々と続いている。これらはそれぞれを弱くミックスすると自分が何をされているのか判らなくなり、とにかく苛々して、とにかく気分が悪く、嫌で、嫌でたまらなくなり、暴れ狂いそうになる。それに耐えての16時間だった。

人と声を出して喋っている時だけはそれほど強力に攻撃を感じなくて済んだ程度だ。

とにかく下らない声の送信でもマインドコントロールを同時に行われると異常に気分が悪くなる。

これだけ攻撃をされたのだから広報しない訳にはいかない。

25日3:07
腹が立つ、この執拗な音声送信に。

12時過ぎてから被害者の方に電話をしていた事もあり、その後調べたかった事もあり、被害が続き苛々させられていたのでこんな時間になってしまった。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる