低周波音の体感実験

12:28
今日はつくば市にある研究所に低周波音の体感実験の為に来ている。

朝は6時頃に覚醒したのだが目覚ましを30分ずらしてコーヒーを飲むのを諦め再度寝た。起床後は出社をしてから自動車に乗り目的地へ向かった。

それほど強い攻撃はないが、道が間違っているのではないかと不安になるような声の送信をされたり、地図の確認をしようとすると急に頭の回転が悪くなったりして迷惑を被ったが、何の問題もなく目的地に到着し、時間が余ったのでブログの更新をしている。

ボリュームが小さいが声による干渉は途切れず、歌のリピート送信もしばしば聞こえている。頭部圧迫感などもある。

問題は低周波音の実験の時に電磁波被害を受けたら比較が出来なくなってしまうことだ。

18:38
低周波の音を聞いてきた。
猛暑、炎天下の中の移動は大変であり、頭がぼうっとする事に便乗して脳への攻撃を掛けられた。まず、気が短くなり苛々して早く帰りたいと思い出す。暑さで頭がボケているように感じるがそうではない。脳の芯が痺れたような感じは継続して、汗をかいたので水分を補給したが心の底から潤った感じがなく、物理的に水分を補給しただけで、喜びという感覚が発生しない。舌の奥が痺れているような麻痺しているような後頭部へと感覚が繋がらないような満足感のない嫌な感じがした。

音声送信は他人の話を聞こうとしたり、自分が物事を深く考えようとすると急に妨害をしてくる。そして、集中できなくて苛々すると、その場で私が暴れているところのイメージ映像を送りつけてくる。ただし、暴れ出したくなる衝動は起こされていないので苛々する程度で済んだ。そのような状態で車を運転してラジオを聞く妨害をされながら帰ってきた。

ところで低周波だが、音声送信によるノイズや脳への攻撃によりクリアーな状態ではないが何とか各周波数を聞いて判断した。音圧と距離が問題になるが測定はスピーカーから1メートル辺りで、私は4メートル程度離れた所にいた。基本的にこの被害は音波ではないと思っているが、どうなるのかと言う体験の意味で参加した。

10ヘルツでは80デシベルの出力では聞こえない。11ヘルツでも聞こえない。しかし、12ヘルツになった時に何か変な感じがした程度だ。しかも倍音が出るので純粋にその周波数とは限らない。様々な周波数を少しの間だけ聞いた感じだと、普段受けている頭痛や吐き気などは低周波ではないと思った。また、どんな媒体でも人に危害を加えるためには綺麗な波形ではなく特別に嫌なものを差し込んでいるのだと思う。

22:49
強烈に陰湿な攻撃をされている。
24時間の監視により盗み取った個人情報を使い、電磁波攻撃を仕掛け、周囲の電磁波マインドコントロールについて何も知らない被害を受けていない人間との間の出来事で正面から勝負をさせようとしている。こちらは激しい連日の攻撃のために自分の能力を発揮出来ない所かキチガイ扱いである。どう考えてもこちらが不利。これほど被害電磁波攻撃を受けていたら絶対に被害を受けていない人とのやり取りで勝てるわけがない。

でも勝負をする。絶対に譲る積もりはない。

従って敵は、電磁波テロリストだけではなく、職場の人間まで敵になってしまう。本来であれば全く問題のない人間関係まで、この犯罪被害のために拡大し舐められてしまうわけである。ならば戦おうと思う。どんなに酷い目に合わされても絶対に譲らない。

そう言った人間関係にまで執拗に攻め込み「お前、絶対に損をするぞ」と煽り立ててくる加害者だ。しかも、今も強烈な攻撃をされ、眩暈が強く、下唇を右側だけ無理やり噛まされ、無理やり苛々と興奮させられ、首の後ろと肩の筋肉を硬直させられている。歌のリピート送信も激しく、声による薄汚い腐れきった貶しを続けている。

武器を持っているから出来るその汚れた根性が許せない。

24日2:27
上記のように日常生活に置いて強力な生活妨害とマインドコントロールをされると人間関係のトラブルが発生し絶対に許せない気持ちになり、その昂ぶりを更に増強する形の攻撃をされる。マインドコントロールとは様々な感情操作のことで持続させる事もあるが、その人物と会うと必ず発生する気持ち、などのようにその瞬間を狙った操作も有効であり、先にイメージや思考の挿入をして置き現実の場面で心臓をドキッと一回させるだけでも効果がある。しかも、自分の気持ちに逆らってはいない方向なので余計に意識させられてしまう。

もし、その敵の姿が多数の人間に向けられたらどうなるのだろうか。

マインドコントロール兵器をそのように使ったら大変なことになる。

その後も、脳への攻撃や歌のリピート送信、痛みと疲労感など執拗に行われている。とにかく執拗に攻撃をして慌しい雰囲気と余裕のない心を無理やり作り出されている。

余りにも攻撃が酷いので政府に要望を出した。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる