288分の1の思い

電磁波による遠隔操作の被害は24時間途切れることなく攻撃をされ人間として自然に生活出来なくされ、攻撃による途切れる事のない苦痛にも耐えなければならない。

例えば5分ほどで読み終わってしまうブログを書いたとしても僅か288分の1の抵抗でしかない。実際にやられている攻撃からすれば万分の一程度かもしれない。


被害日記

9:00
昨夜はそれほどの睡眠妨害がなく、朝6時半に目が覚め、再就寝をして8時半に起床した。すぐに声の送信と歌のリピート送信が始まり気分が悪くなる。

次第に脳への攻撃が始まり、頭がボケて目覚めた時より寝ぼけた感じになり、平衡感覚の鈍りが起き、首の後ろが硬直して軽い頭痛が起き、疲労感などか追加されてくる。

日記の更新を始めると視力が落ちて携帯の文字が良く見えなくなる。そして、何故か日記を書くことに対して非常に面倒でやる気が出なくなる。やり場のない怒りが沸き上がり、それに耐えるのも大変なストレスとなり、それが原因で病気になってしまう恐れもある。鼓膜が詰まったような感じにもなっている。起床後一時間の出来事だ。

22:21
今日も強烈な攻撃を受け、散々な目に遇わされた。

まず、ホテルを10時に出た後、インセプションという映画を観るために六本木へ向かった。チケット売り場に行くと赤い色で完売と表示されていたのだが目が良く見えなかったのと加害者が別の読み方をしていたようなので並んでいた。完売に気がついた時には自分の順番なので一応聞いてみると一番端が空いてるとの事なのでそれを購入して上映までの間、食事と休憩をとることにした。

日常化している各種被害は省略するが、人が大勢いるカフェで強烈な攻撃を受け苦労をさせられた。脳をかき回されるような強烈な平衡感覚の操作、身体が重く圧迫痛のようになり、思考速度が極度に低下して記憶障害が強くなる。それはまるで異次元の世界に入ってしまったかのようで、激しい苦痛と激しい嫌悪感に襲われ普通ならすぐにその場から逃げ出したいと思うのだが、身体も機敏に動けないし思考停止のようになるのでそこから動けない。周囲の人間が敵に見えたり、暴れ出したくなる衝動が発生したりしたが我慢をした。

注文してあったアイスを食べると歯に激痛が走り、アイスコーヒーも飲みたくなくなってしまい帰りたくなったが遠隔操作との戦いだと思ったので無理に全部食べた。頭痛とか吐き気もあったと思う。一時間以上をどうやって過ごそうと思っていたが、そのような攻撃があったので時間があっと言う間に過ぎてしまった。強烈な脳への攻撃を受けると時間の経つのが早い。

映画インセプションのほうであるが、字幕を勝手に読み上げられたり、しばしば語り掛けにより意識を加害者の方に持って行かれたが、何とか内容を理解でき、それよりもスリリングな展開なので楽しむことができた。良くできた映画だと思った。

感じた事は

「テクノロジーの進化は新たな不幸を作り出す」

と言う事で、被害者の方にはお勧めだ。ただしテクノロジーに関する事は出て来なく、主題である夢の世界のストーリーを中心に展開されている。電磁波犯罪の被害者でなくともテクノロジーの進化は新たな不幸を生み出すというのは共感できると思う。それよりも人間の遠隔操作が現実に行われていて、被害者を人間扱いしないもの達により、生きている限り苦しまなければならない状況に追い込まれていることを多くの人に知ってもらいたい。

24:01
やっとの思いで帰宅した。二泊の旅行ではあったがスケジュールがタイトであり、車両で移動している時には被害報告をしたりしているので、のんびりは出来ない。

今日は映画を見た後には音楽の演奏をする為にスタジオに入った。被害は継続しているし、スタジオに入るといきなり各楽器の音に合わせて声の送信をされていた。しかも、耳を変にされて音の聞こえ方も自然ではなかった。最初の数曲は身体を不自由にされる被害がなかったので珍しく快適に身体が動いた。しかし、演奏妨害をされなかった曲は一曲もない。

演奏妨害の被害の詳細は書かないが、後半に全く演奏が出来なくなるほどの攻撃をされ、激しい怒りの操作も行われ我慢をするのが大変だった。卑屈な手口はいつも同じで、こんな所でも加害スイッチを押すために待ち構えているのかと思うほどの陰湿さを感じた。ほとんどが脳に対する攻撃と、その状態を貶す声の送信、更にそれを煽る感情の操作がセットで行われている。きっかけ、途中経過、結論、すべてを加害者が作り出している。この手口は音楽の演奏妨害だけではなく日常的に使われている。

酷い演奏妨害をされた時に加害者が聞かせた言葉「治る方法を一つだけ教えてやるよ、そのブログを削除して全部嘘でしたと言え」、「みんなの前で恥じをかけ、出来るだけ大勢の前で恥をかけ」をメモに残して置いた。また、演奏中に下唇を吸い込むようにして噛んでしまう被害を受け続けた。これは無意識になれば、なるほど影響してしまう被害なので演奏に集中すればするほど下唇を噛まされてしまう。

いま、強い攻撃が始まった。

この絶対にやめない新しい武器による暴力と、その被害の苦しみを関係管轄には是非とも知る必要があり法的にも決めなければならないと思う。病気を作り出す犯罪と、その被害者に対する口封じ。

殺意ある人権侵害が野放しでは困るだろう。

20日2:09
帰宅後も強烈な被害を受けるし、用事も溜まっているので遅くなってしまった。また、歌のリピート送信をしている。後頭部の圧迫感が強い。左の手首が痛い。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印さん、ご無沙汰です。相変わらず攻撃が強くまいってます。
皆さん色々頑張っていますね。本当にごくろうさまです。
ある被害者ブログに科学者達が色々な実験をしました。との事です。その際の装置ですがトラック何台分もあるらしいですよ。移動するたびについてきて攻撃するのは不可能です。俺は100%
衛星からやられています。間違えない。俺は特に頭をボケさせられたり右耳、を良くやられます。症状がそっくりですが俺は10数年攻撃され4,5年は怒り狂う位でしたが今では涙が自然と出て
すべての生活においての脱力感、鬱的な症状が酷いです。
つらい、この被害は自分が辛いことなどあるとさらに攻撃を強めてきます。1日中被害はあるのですが、ある特定の時間になると
(仕事の終わり、朝、出かけるとき)など色々ですがわざと攻撃を強めてきます。この同じ動作を10数年繰り返され精神を完全に破壊されました。悪魔のささやきにも一理あると思うが生活を観られ心を読まれながら生活するは無理です。余り被害が酷い時は無理しないよう、車の運転には気をつけてください。
この裏の権力者達がやめる事、捕まる事は絶対にない。
つかれた。

岐阜での実験はお疲れ様でした。
おっしゃる通り、換気口などがあれば電磁波は侵入します。電気の配線や水道からも、電磁波は侵入可能です。
ひとつうかがいたかったのですが、カミオカンデ内部では、携帯電話は使用できましたか?

私は、脳波帯域をカバーする低周波発信器を購入する予定です。そして近隣に住むテクノロジー被害者女性に試しに使用してもらえるよう頼んでみます。
超低周波帯域になるので、心身に悪影響がある可能性もあるため、まず、購入後に自分で発信器の側で生活をしてみて、何らかの健康被害が発生しない事を確認してからにします。

脳波帯域をカバーする発信が脳波を読めなくする原理は、携帯電話を圏外にする『ジャマー』と言う機械の原理と同じです。

Re: タイトルなし

Arz. 様

カミオカンデがある炭鉱跡には別の大学の研究施設もあります。携帯電話は洞窟の中に行く前に圏外だったと思います。中では当然圏外です。ただし職員が使えるPHSが設置してあるそうです。それと研究施設内部には放射線を通らないようにするためのペイントが塗られていました。とにかく攻撃が酷くて大変な状態だったので余裕がなく質問も満足に出来ませんでした。


COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる