脳内音声の苦しみ

1:12
風呂に入って寝ようと思ったが脳内音声による嫌みが酷いのでエントリーする。悪意と殺意に満ちたストーカー集団の果てし無い嫌がらせの上乗せ。また、耳鳴り攻撃をして来る。奴らのやり方はいつも同じ。これでもかと言うくらい嫌みを送信する。そして、その事を日記に書こうとすると攻撃をする。

「脳内リンクが繋がったまま裁判所に連れて行ってやらあ、法廷で吼えさせてやる」と男の声を送信された。私は、どうやって裁判所に連れて行くのかと聞くと「そんな事、どうやったってできらあ」と答えた。どうやって裁判所に連れていくのか答えになっていない。

更に別の男の声で「アキレカエルがお前の事を笑っていたぞ」と送信した。さっきの裁判所の男が「後で恥じかかせてやらあ」と送信する。今も耳鳴り攻撃をされ、臭いの送信をされ、お腹に空気を溜められ、腕をチクリ針で刺し、耳を痒くされ、「瀬戸の花嫁、私に歌わせて」と女が言う。

なぜか歌は伴奏が聞こえず、声だけである。

実際声は同じ人間でも男であったり女であったりするのかも知れない。とにかくずうずうしい。顔、頭に発熱感があるのでマイクロ波による発熱とも想像できる。

はっきりさせる

思考盗聴は考えた瞬間に盗まれる

それも頭の中だけで一瞬でも盗まれる

1:44
今、右肩と首に針を刺されている。寝ようと思って電気を消したが酷い耳鳴りと声による脅迫があったので忘れないうちに書いしまおうと思い、ログインする。また「余計嫌がらせをされるぞ」と脅迫をされる。先ほど知人に知らせた仄めかし要因と思われる人物の名前を取り消せと脅迫をされた。万一の時の為に知らせて置くのである。しかもその情報はオープンな形で知らせているのでハッキングなどをすればすぐに盗めるようになっている。我々にとっては決してオープンではない。知っていたとすればスパイ行為によって得たという何よりの証拠となる。

去年は父が喘息になったりして入退院を繰り返していた。退院してからも暫く具合が悪く、忘れっぽく、怒りっぽくなり、ボケてしまったのかと思うほどであった。ほとんど寝たきりであった。なぜか最近また復活した。「会社を潰してやる」と送信された事も数度あり、今も送信された。もし、父の身に万一のことがあり、私が脳内音声で精神異常者になってしまったら、一家崩壊である。

先ほど「お前を喘息で殺してやる」と男の声で送信された。今、耳鳴りのボリュームが上がり、肝臓が痛くなった。この前は内臓が腹の中で動いている感じがした。あらゆる病気にしてしまう事ができるのではないかと思う。電磁波で病気にされる。癌で死んでしまう。などの噂を聞いたり、ネット上書いてあったりする。私の妻は突然の癌による全身転移で死亡した。

これを書いていると更に耳鳴りのボリュームがあがり、右耳は聞こえが悪い状態だ。痛い。「瀬戸の花嫁」のリピート送信も続いている。「精神病院へ行け、そうすれば許してやる」と男の声で送信する。

しかし、これで日本の将来はあるのだろうか。

潜在的な被害者は数が多いと思う。

人殺しである。

「うさぎ」と言うのが加害者が私を呼ぶ時のあだ名である。今、女の声で「うさぎにへそをかかせてあげようか、いつも頭ばっかしじゃあつまらないから、あんな下手くそな文書を書いて」と送信する。別の女が「やめなさい」と送信する。

11:49
先ほどまで寝ていた。しかし、朝4時に「どうだ、一番眠い時間に起こしてやったぞ」と男の声で目が覚めた。その時に日記にアップして置けば忘れないでよいのだが後になると忘れてしまう。覚えているのは「運命」というクラッシックの曲を放送され、「おめでとう、君は一生嫌がらせされることが決まった」、「自分の運命を知らずにして死ぬことになる」などと嫌みを送信されていたことくらいだ。それと、放送される「運命」という曲はそれほど音質は良くなく、演奏も楽器の数が少ないように感じた。

先ほど目が覚めると何か喋っている。「気をつけろよ、あいつ起きているかもしれないぞ」と1人の男がもう1人の男に向かって言っていた。何も考えない状態でいると、或いは、考えが薄い状態だと、加害者には盗み取ることが出来ないのかも知れない。考えなければ盗めるわけがない。

とにかく嫌みの連続である。しつこいようだが書く。なぜなら加害者がそうだからだ。たとえば目で見て、あの建物まで何メートルあるか大体の見当で10メートルだと思ったとする。しかし、実際には15メートルあるらしい。こちらは正確性を必要としてるわけではないので概算で10と思うわけである。しかし、加害者は間違えた、見当違い、と毎日、何回でもそのことに関して嫌みを送信する。景色の送信までする。すると最後は、そこを見るのも嫌になる。

初めて手にした電気製品。使い方が判らないので説明書を読んでいたりする。「ばかでえー、使い方もわからないのかよ」、「お願い、あの人にマニュアルを読ませて」、「英語のマニュアルじゃあ読めないよ」、「あれで電気の会社の責任者だってよ」、という具合にありとあらゆる方法で貶すのである。

自分達はその場でデタラメを言っているので間違える事は多い。しかし、そのことに関してはなかった事にしてしまう。或いは、腹いせに電気的な嫌がらせをする。

妄想オママゴトに関しては加害者集団の中に悪者を1人作り、それと私を仮想的に対比するのである。たとえば、その人物を「W」とする。私が美味しい物を食べていると「Wにも食べさせてあげて」。私に読めない文字があると「Wにも読ませてみろ」。仮想的な女もいる「M」だ。「Mと結婚させてあげたいね」そんな感じにやっている。勿論、名前のついた人物は沢山出てくる。

加害者の目的は私を精神病に仕立て上げる事だ。

17:53
最低限の仕事をしてからネットブログを読む。ボリュームは小さいが声も歌も送信される。たまに臭いを送信されたり、背中、指などがチクチク痛くなる。お腹に空気が溜まる。などの状態が13時頃から続いている。声の内容は貶し。歌はアリス。日記の更新を始めたとたんに耳鳴り攻撃をされる。

22:27
音声の送信、耳鳴り攻撃、臭いの送信である。また電磁波、集団ストーカー関連のサイトを発見した。まだ全部は読んでいないが新しいサイトのようだ。かなり研究しているようである。何か被害者のコミュニティーでもありそうな感じがする。今日は夕方には心身ともに被害に浸かってしまっていた。サイトの中に被害者は自分の生活を乱されないように、みたいに書いてあったので思い出した。楽器の練習である。2時間ほど練習をしたが、練習中に妙な言葉を聴いた「足を疲れさせてあげれば」である。そういえば、急に荷物が重くなる、などの被害報告を聞いている。実は昨日も練習をしているが体がだるくて動かなかった。キーボードを打つ時に肩が異常疲れたこともある。

終わって車に乗ると、これでもかと言うくらい嫌み、悪口を数人の男女の声で浴びせて来る。「さあて、嫌がらせモードに戻るか」。ついでに電気屋に寄って買い物をしたが閉店間際の為に「蛍の光」が鳴っていた。そして、車に乗り家路に向かう途中に「蛍の光」をリピート送信され、「かわいそうに」の連発をされ、「反対側に止まっている車にぶつけてくれ」と声の送信をされた。腹が減ったのでコンビニに寄ると「そこの店員も俺達の仲間だぞ」、「お前の近所の奴もみんなそうだ」と送信される。

先ほどの蛍の光は電気楽器の音だったが、今度は男が歌っている。臭い匂いを送信すると同時に鼻、眉間あたりに圧迫感を送信すると効果があるようだ。電気屋のレジで妙な言葉を聞いた「咳をさせてあげて」。確かに咳をした。咳、くしゃみの誘発という被害報告もある。何かむせるような咳だったような感じがした。お腹に空気が溜まるのと関係がないだろうか。

今、耳鳴りをさせて「それをアップしたらもう許さないぞ」と声の送信をされた。頭痛もして来た。でもアップさせていただきます。

24:18
「また歌ったぞ、ザまあ見ろ」と、これが加害者の正体である。今、両方の鼻の穴を痒くされ、両方の耳に耳鳴り攻撃をされている。盗み取った音楽のリピート送信もされている。

こういうことである。先ほど音楽を聞いていた。いつも私が聞いている音楽を盗み取り、リピート放送をするので、たまには違うのを聞いてみた。すると男の声で「お前達、これを覚えておけよ」と送信する。その後すぐにリピート送信が始まる。嫌なので違う曲を自分の中で歌おうとすると考えた瞬間に、その曲のメロディーを送信されてしまう。最近は曲を思い出すことが出来なくなってしまうくらい加害者からの違う思考の送信が強い。すなわち、自分が思いついた曲は加害者が送信した物なのである。聞きたくもない音楽のリピート送信をされ、お腹が空気でパンパンになる、腹が立つので風呂で加害者の悪口を心の中で言ってやった。その間もリピート送信は続いている。風呂から出ると女の声で「ありがとうございます、よく、わかりました、彼と言う人がどいうい人間なのか」と送信される。

自分達が人権を無視した虐待をしているのである

なのに被害者である私のことを悪く言う。それを理由に更なる嫌がらせをする。毎日24時間、聞きたくもない声、音楽を強制的に聞かされる。各種身体攻撃も含め、全く人間として生活させてもらえない。この苦痛は人類始まって以来である。前代見聞の人権侵害である。

しかも被害を受けていない人にはどれほどの苦痛かわからない。

全く人間としての感覚を失っている人達だ。

心はどこにもない。あるのは変質化した殺意だけである。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる