マインドコントロール兵器

以下に英文の翻訳があります。

ロシアのマインドコントロール兵器:2005年の新情報および要約更新

日本でも早く法律が作られる事を願います。


被害日記

6:29
今日はこれから出かけなければならないので目覚ましで起きたが、昨日の激しい攻撃の為に就寝が遅くなってしまい、2時頃になってしまった。しかし、睡眠妨害が酷く3時頃まで寝られなかった。やっと寝たと思うと4時頃に目が覚めてしまい、また寝たと思うと目覚ましで6時に起きた。睡眠時間は約3時間。連日4時間程度の睡眠時間を強いられている中、かなりきつい。

マインドコントロールは被害の一部であり

拷問、寝させない拷問が3年半続いている。

18:41
今日は神社での結婚式に呼ばれていたので親戚を車に乗せ神社まで行ってきた。朝からずっと思考がハッキリしないで頭がボケた感じになっていたので睡眠時間が短いせいかと思っていたが延々と続くので脳への攻撃だと判った。

運転中も声による干渉が途切れない。「親戚の人に話しかけてやれ」、「ざまあみろ、渋滞している、時間に間に合わないぞ」、「ざまあみろ、道を間違えた」、「でも、やっぱり時間に間に合わせてやれ」、「そんなに早く着いてどうする積もりなんだ」、「タクシー代は親戚に出させてやれ」などリアルタイムで途切れる事はない。

早めに到着したので参拝を済ませた。観光客が来ていると「お前を見張りに来ている奴がいる」なんて聞かされる。式が始まり、音楽が鳴ると、それに合わせて脳内音声による声のリピート送信が始まる。非常に不愉快なので口の中での呟きをするしかなくなる。何かの文章を読んでいるときに周囲が静かになっているので、加害者は私の喉を刺激して無理やり咳をさせた。そして「ざまあみろ、ビデオカメラに撮影されているぞ、一生残るぞ」と言う。その後、ゆっくりと歩いて全員で外に出るが、目眩をさせられたり、足の筋肉を操作されまっすぐに歩けなくされる。

その後、バスに乗って披露宴の会場に向かう時に異常に眠くなり目を開いていられなくなったが、遠隔操作によるものだ。到着すると普通に戻った。しかし、次第に脳の芯が痺れるょうな感じがして、苛々とした強い嫌悪感が発生して来て「てめえを食事の席で吐かせてやる、暴れさせてやる」と声の送信で脅迫されるが無視をした。

披露宴の会場でも頭がボケた感じは続いていたが、食べている時に舌を二度、噛まされた以外は目立った被害は無かったが。しかし声による干渉は全く途切れる事無く続けられ、途中で隣に座っている人の名前を思い出せと言われたが、思い出す事が出来ない状態にある事が、何故か瞬時に判ったので無視をした。匂いを感じなくされる被害もあった。

首の後ろの違和感や声による干渉が途切れないので決して自由な開放感はなかったが、親戚の人達と楽しく話す事が出来た。

帰りはキーンと言う音や、鼓膜が詰まったような状態にされ、何か目に映る景色に現実味がなくなり、強烈な眠気に襲われて瞬きをすると眠ってしまいそうにされたが、親戚の人が同乗しているので黙って我慢をしてそのまま急いで帰宅した。

今は頭痛、記憶障害、歌のリピート送信と首の後ろの硬直、キーンという音がして周囲の音が良く聞こえない状態にされている。とにかく、この遠隔拉致、止めさせて欲しい。

いま、もう一つ大切なことを思い付いたのだが瞬時に記憶を消されてしまった。

23:15
歌のリピート送信を垂れ流している。
パルス波で瞬間的に意識を失っているように感じる。
平衡感覚の違和感が強い。
左の手首が痛い。
首の後ろと肩、背中の筋肉の疲労感が激しい。

その後は、疲労感が酷くなったのでそれほど眠くなかったが横になっていた。知らない内に眠ってしまったようだがすぐに目が覚め、顔や頭をひっきり無しに痒くされてとてもでは無いが寝られないので起きると脳への攻撃が強くなり、苛々してくる。そして、上記のような状態にされまともに考えることが出来なくなり2時間ほど耐えている。

先ほど記憶を瞬時に消されてしまった内容とは披露宴で親戚と話をしている時に思ったことだ。他人と談笑をしている時でも、何をしている時でも、常時精神に介入されたり、脳への攻撃が続く限り、一緒にいる人と同じ気持ちになったり空間を共有する事はあり得ないと思った。

それは、脳というか意識を少なくとも半分は侵略されている為に、無意識とか夢中とかいう言葉とは縁がなくなってしまうからだ。この犯罪の被害者は、自由、人権、プライバシーという言葉と縁がなくなってしまうのと同じだと思った。

24:03
余り攻撃に変化はなく続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる