どのような広報が効果的でしょうか

人間の遠隔操作の装置を使った犯罪は、捻じ曲がった差別意識、偏見を基にして他人の私生活や心の中まで覗き見することから始まり、脳内へのイメージ挿入や生活妨害などを行い、最後は耐え難い苦痛となる攻撃を続け人間としての自然な状態を奪い取ります。しかも、目に見えない電磁波を使って行われるので他人に説明するのが困難で、現実に攻撃により能力を落とされてしまったら、それが、その人の能力とみなされてしまいます。

この犯罪を止めさせるために効果的な広報はないでしょうか

被害者が頑張らなければ、この犯罪を止めさせる事は無理です。


被害日記

8:26
もうすでに首の後ろが硬くなり、頭を締め付けられるよう感じで思考能力が低下し、背骨に何かをされ姿勢が悪くなっている。この脳を締め付けられるような不快感は眩暈と軽い吐き気を伴い、声の送信による語り掛けを中心にめちゃくちゃな記憶の想起を呼び起こし著しく集中力を低下させている。10文字書く度に一呼吸して考え直すような世界だ。それは、脳の神経回路が正常に働かなくなっているとしか思えない感じでキーボードの打つ場所を間違えたり、右と左の順番を間違えたりする。お腹に空気が溜まり呼吸が苦しくなる。

目覚めと共に声の送信が始まり、起きるとすぐに眩暈と思考異常の攻撃が始まったことを感じ取れる。そして日記の更新をすると攻撃が強くなり、耐え難い苦痛となる。目覚めと共に著しい不快感と嫌悪感に襲われ、絶望的に毎日を過ごさなければならない。自分ひとりだけ異次元の世界に無理やり引きずり込まれ、生きていることの喜びすべてを奪い取られ、ただ苦痛に耐えるだけとなる。

歌のリピート送信と共に苛々して暴れ出したくなる脳波を送り付けれている。「精神病院へ行け」と加害者は言う。この犯罪を殺人とみなせないのは知識が少ないからだ。

朝からこれだけ攻撃をすると言うことは、もっと広報をしろと言っていることになるので予定通りに広報をつせて頂く。

11:35
今は日常レベルの攻撃に戻ったが、朝は本当にパニックのようにされ時間感覚の喪失まで起きていた。そして社内で人に会い挨拶をするのだが、著しい不快感と違和感の中なので笑顔で挨拶が出来ないし、声も出せなくなったりした。このやり場のない激しい怒り、止む事のない苦痛、これに対する苦情をまともに表したらどんなことになるだろうか。

13:02
鼓膜が詰まったような感じになり周囲の音が変に聞こえる。音の距離感がなくなると言うのだろうか、外の音が良く聞こえないと言うのだろうか。周囲の音が聞こえなくなるような低音を脳内音声として送信され続けているのでは思っている。視力の低下、思考能力の低下が著しい。

17:35
その後も被害は継続しているが、どうしても頭の芯が痺れたような感じであり、感覚というか知覚の核心に届かない感じが続いている。これが頭がボケた状態で著しい不快感の元だと思っている。それに、目眩や記憶障害を加えて脳への攻撃となっているのだろう。

目眩というのはくどいようだが、平衡感覚の変調で突然に左右上下に動いたような感じがする訳で、ふらふらとしてしまったり、意識を瞬間的に失っているように感じたりする。寝ている時にたまにストンと落ちるような感覚になったり、エレベーターを降りたのにまだエレベーターに乗っているような感じのする被害もある。

そう言った不快感と倦怠感のために集中力は出ないし、人ともかみあい難い中で頑張って仕事をしていたが、17時を過ぎるといきなり激しい歌のリピート送信が始まり一緒に歌い出してしまいそうになり、時にはまるで自分が一緒に歌っているような感覚にされてしまう。たまりかねての被害報告となった。すると目眩が強くなったり、右足や腰が痛くなったりしてくる。頭痛もして来た。

とにかく酷すぎる。

22:27
楽器の練習をして帰ってきた。
よく雨が降っている。

楽器屋に行くときも歌のリピート送信が激しく、脳への攻撃をされて大変だった。考える事が出来なくなる攻撃の一つとして、目に見えている一点にだけしか神経が行かなくなる被害を感じ取れた。例えば何かを見ていると、それがすべてになってしまい、周囲に他人が居ることも、時間感覚も、その他の事柄もすべて忘れてしまう(自分が興味を持っている事でなくても)。

通常脳は並列処理が出来るのでいくつもの事柄を脳内で管理しながら周囲を気にしたり、時間を気にしたりしながら自分のやるべき事をしていく。それを出来なくされるので記憶障害が酷いのだと思う。

それと眩暈と表現している平衡感覚の異常も記憶障害と同じように常時行われている。これは脳をかき回されるような感じがすると表現する人もいる。また、視覚操作も頻繁に行われるが、意識を瞬間的に失わせられると、自分の知らない内に目線を動かされたような気がする場合もあるだろう。

例えば、30センチ目線を移動する。パソコンの画面からキーボードまでの距離だ。しかし、目線の移動中にその間の連続性が無くなってしまい、突然に目線が移動したように感じる。その時には瞬間的だが、強い平衡感覚の喪失のような感じがする。瞬間的に気を失わせてまた戻せばそのようになるのかと思ったりする。

首の後ろの筋肉の引きつるような痛みと疲労感。これも日常化している。

いまも上記のような著しい不快感に襲われている。

23:26
一時、被害が弱くなった時に、自分がどれほど強く脳や精神、身体を攻撃されていたか良く判った。本当に酷い状態のまま頑張っていたのが判った。これなら周囲の人は「何か普通ではない」と感じるだろう。そして、今は強烈に攻撃をされている。歌のリピート送信、暴れ出したくなる衝動、眩暈、記憶障害、全身に発生する痛み、左の首と肩の強い痛み、耳が詰まったような感じ、意識障害、これらが全部一度に行われている。

耐え難い苦痛、やり場のない怒り。

これでは発狂する人が出るのが良くわかる。

24:04
説明するまでもなく、このままでは再起不能にされてしまう可能性を感じたので、衆議院、参議院と政党一つにメールで広報をした。しかし、攻撃が強くなることはあっても弱くはならない。本当に命がけに無理やりされてしまいます。家族の犠牲も止むを得ません。

10日1:32
パニックのようになる過激な攻撃は静まったが、脳への攻撃や音声送信は継続している。このような攻撃が続く限り広報も続くだろう。ある意味、加害者はそこを狙っているのではないかと思う。なぜなら強力に攻撃をされなければ広報をしないからだ。それを知っていて強力に攻撃するのだから広報をさせたいのだろう。

「テクノロジー犯罪被害者による被害報告集」は各新聞社、テレビ局などのマスコミに送られたようです。

寝る。

COMMENTS

No title

僕も”効果のある広報”そればかり考えています。
大事な事のは、客観的に見つめ自分の被害を第三者的に分析する事が大事で、さらにそれを一般人にわかりやすく広報できる事だと思います。さらに一般人にも関わりあるような事を盛り込む等も必要かもです、僕も言えますが一般人から見てわけのわからない被害主張は避けるべきだと思います。
テク犯の被害主張は、まだ甘いと思います。
一般人の目から見て深刻さがまるで伝わらないと思いました。
政治家を動かすには、マスコミで話題になってからかなとも思います。 

どんな広報が良いかで言えば、相手が被害者ではない場合は、客観視が必要になるでしょう。

発売中のテクノロジー被害者の被害報告集の装丁デザインは普通にとても手に取りやすい良いデザインですね。カバーのコピーも、まさにその一言につきるとしか言いようがない。現在は、ナイフや銃だけが武器ではない時代です。インパクトがあり、解りやすい。


ビラ配りなどは、最新の注意が必要な広報活動かもしれません。例えば選挙運動なども、他の人から見て、押し付けがましく感じる時があるでしょう。客観的に見て、受け入れやすい適切なレベルを保ちながら行わないとならないでしょう。

被害者にとっては、耳印さんや他の被害者の作ってくれるブログのように、被害状況を教えてくれる人がいるだけで、自分に起こっている被害にパニックした状態から抜け出し、冷静に考えられるようになると思います。

被害区域の詳しい住所を載せてくれているブログも沢山ありますね。同じ地区に住む被害者がブログを見つけたら、連絡を取り合うこともできます。そして、一人では出来なくても、何人か集まれば、街の様子を逆に被害者側(または第三者)から観察することも出来ます。
地域の人々は、人間関係工作員に引っ掛かる、弱い人間ばかりではないはずです。
一部のマスコミの先導の矛盾点に気付く人がいるように、世の中の人間全てが“乗せられやすい”人間ばかりではないでしょう。

日本のマスコミが隠していること…ナイフや銃だけが武器ではない時代であることが、隠しきれなくなるまで、広報して行きたいですね。協力します。

Re: No title

中林 様

広報の仕方に問題があると言う考え方と、それを受け止める方に問題があると言う考え方があります。一つの広報にすべてを盛り込むのは無理がありますので、まずはテクノロジーの存在から大勢が迷惑をしていると言った感じから入ると良いのかと思います。結果として被害者が悩む必要は無く、思った通りに一度やってみてください。本来、証拠証明を被害者がしなければならないのが変なのです。

Re: タイトルなし

Arz. 様

コメントありがとうございます。
なんか明るい気持ちになりました。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる