被害者の連携を妨害する被害

この手の犯罪被害には、被害者の口封じというのが真っ先に行われる。恥ずかしい被害だから他人に言えない、病気だと思われると困るから他人に言えない、反社会的活動だと言われると困るから行動に出れない、報復の攻撃が怖いから活動が出来ない、などの理由から被害者は身動きが取れなくなってしまう。また、リアルタイム監視をされていると、その頭の中のプライバシーまで瞬時に盗み取られて、それに反応する加害者が存在するので、それも大変な脅威となっている。

そのような中で加害者はやはり、被害者が団結したり、連携を取ったりされるのが困るようで、それを破壊するような攻撃や工作をしてくる。その手段は様々であるが、一番厄介なのはマインドコントロールで被害者の意識を変えてしまう事だ。そのような場合には無理をせず、被害が無くなるまで訴え続けるのだと言う気持ちだけは無くさないようにしたい。


被害日記

10:40
昨夜は特に妨害はなくすぐに寝てしまったが、4時間くらい経った朝6時に眠くてたまらないのに夢か何かを見させられて目が覚め、すぐにそのまま眠ってしまおうと思ったのだが、声の送信で憎まれ口を無理やり聞かされている内に次第に目が覚めてしまった。トイレに行った後また寝て10時に目覚ましで起きたが、どうも熟睡したような感じがなく、不快な目覚めとなっている。そう言ったストレスは恐らく事実としての病気を誘発するかも知れない。また、何度も目が覚めているような、熟睡出来ていないように感じる被害があるのだろうか。

11:49
いま用事のために都内に向かっている最中だが、過呼吸のような呼吸困難を起こされ、お腹に空気が溜まっているようで苦しい。どうも心拍数を上げられ、息を吐ききらない内に次の息を吸ってしまう感じでゆっくりと息を吐きたいのだが、心臓が苦しくてそれが出来ない。

被害報告を記し始めると首の後ろと肩に異常な疲労感が出る。歌のリピート送信も行われている。

24:44
被害者の会合があったので出席させてもらった。今日は新たな被害者が10人位来ていた。普段は多くても5人位なので随分と多かったと思う。やはり音声送信の被害を受けている人が多く、中には10年も耐えて来ていると言う方もいた。その最中にも強力に首と肩を凝り固まらせたり、瞬時に漢字が書けなくなったり、頭がボケたりの被害を受けて大変だった。

その後は居酒屋で飲食をしたのだが、声の聞こえない被害者の方に、声と会話が出来ると言うのはどのような状態なのかと聞かれたので説明をしていると「それ以上話すな」と声の送信に割り込まれたりした。しかし、無視をして話を続けていると強力に平行感覚を悪くされたり(揺れているような感じ)、キーンと言う音が強くなり周囲の音が遠く聞こえ出し、声が大きくなったりさせられた。

その後もそのような被害が強弱を付けて行われていたが苛々するような耐え難い攻撃は無かった。ただ、それはそのような精神状態にされなかっただけと考えている。

明日は音楽があるのでホテルに泊まることにした。ホテルに着いてからは首を絞められる被害を受けているが、なぜか日記の更新をする気持ちになれなかった。更新を始めるとキーンと言うがして、やや鼓膜が詰まったようになり、頭部圧迫感が出ている。

首を絞められる被害は喉の所の筋肉を引き吊らせているようで血流を悪くさせられているようにも感じる。それらにはバリエーションがあり、痰が絡んだり、声がガラガラになったりする。遠隔操作はかなり細かいレベルで出来るようだ。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる