殺されそうです

8:53
昨夜、寝たのが1時半。4時頃に目が覚め、再度寝て8時半に目が覚めた。首と後頭部が痛くて、枕の高さが悪いように感じていた。しかし、脳内音声で音楽を放送されて目が覚めたのだが、その痛みは電磁波で作られた頭痛だったことが判り、その痛みは強烈になってくる。後頭部が痛かったのが、側頭部へ移動するなど頭全体が痛くなる。

起床するとものすごい発熱感があり、汗びっしょりになった。そして「君は絶対に吐くぞ」と声の送信をされると、酷い吐き気がしてくる。下痢をしそうになったりもする。強い眩暈と平衡感覚の狂いが出ている。

「お前は逆らいすぎだ」と声で言われている。

本当に殺されそうです。

14:40
上記は酷い被害の中でやっと書いたものだ。

その後、コーヒーも飲めずに水だけ飲んで出社したが、余りにも頭痛が激しいので頭痛薬を飲んだ。下痢をしそうな感触が肛門にあったのでトイレに行ってみると下痢ではなかった。むしろお腹に空気がたまる攻撃が無かったので胃腸がスッキリとして「なんて楽なんだろう」と思ったほどだ。お腹に空気の溜まる攻撃も結果として途切れる事のない不快感を生んでいるのだと思った。

13時に来客の予定があったのだが、休んでいると眠ってしまった。来客には体調不良ということで誤魔化した。客が帰った後は歌のリピート送信が遠慮なく続けられ、我慢できる程度の頭痛、日常化している目眩や記憶障害など脳への攻撃が発生している。また、筋肉の動きを悪くさせ歩く速度が遅くなっている。

心拍数の増加と共に現れる、「慌しい気持ち」、これになると文章などをじっくりと読めなくなり、流し読みのようになってしまう。無理してゆっくり読んでも、声の送信などで思考に関係ない事を差し込まれるので結局、満足に読むことが出来ない。

このように激しく攻撃をされると怖くなってしまうのが普通で、これを読んだ被害者の方も怖くて広報が出来なくなるかも知れない。恐ろしい犯罪だ。

22:54
被害で頭痛を起されても薬を飲まなくてはならないほどの強烈な頭痛はめったになく、今回で二度目だが、とにかく朝起きた時の頭痛は強烈で吐き気と発熱感と眩暈と疲労感があり、例えば風邪を引いて発熱した時のような感じだった。ただ、眩暈とか気持ち悪さは被害特有のものがあった。

午後から来客続きで自分の仕事はほとんど出来なかった。しかし、時間と共に体の不調が治まってきて通常と同じレベルの被害に戻った。歌のリピート送信が執拗に続けられていたが、嫌だ思えば、思うほどに気分が悪くなるので声に出さない呟きを続けた。

仕事が終わってからは楽器の練習をしに行ったが、とにかく脳への攻撃が途切れないので車を運転していても、私の知覚というか精神状態は加害者の意のままに操られる。従って急に集中力がなくなったり、不快感に襲われたり、呼吸困難に襲われたり、周囲が気になってしまったりする。

楽器の練習の時には、さすがに弱気になっていたが勇気を出してやってみた。当然、精神状態が普通ではないので人に会っても気さくに話はできないし、笑顔も出ない。社内でも同じだ。

練習中の嫌がらせはそれほど酷くはなかったが、どうしても肩や腕の筋肉を痛くされているとしか思えなかった。帰に車を運転していると急に脳への攻撃が強くなり、苛々させられ酷いストレスとなった。帰宅後は音声送信が、かなり静まってはいるが、脳を攻撃は続いていて、パスワードの入力の時に自信を持って入力をして間違えさせられたりなど細かい被害が続いている。

本当にこんな事が許されていては困る。

25日1:18
脳への攻撃は少し弱くなっているが、脳の芯が痺れたような感覚が続いている。音声送信は少しボリュームが小さくなっているが、その口汚さには呆れ返るばかりで、加害者は実はかなり苦しんでいるのではないかと思ってしまう。脳への攻撃はネットで検索をしている時に強くなり、脳を締め付けられるような感じ、平衡感覚が変になり、考えることが出来なくなり、苛々として暴れ出したくなったりした。

筋肉を締め付けることが出来る
呼吸困難にすることが出来る

だけでも重大な病気にしてしまう事ができるのではと思う。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様

 本当に苦しい被害に合われておりますね。私の知っている被害者では脳と電磁波の攻撃が一番厳しいように思えます。私も厳しい方だと思ってはいますが、耳印さん程ではないです。裏を返せば、耳印さんが一番広報などをやられて、効果のある事をしているという事だと思います。あまり無理せず、頑張って下さい。

Re: No title

被害オヤジ 様

ご心配くださり、ありがとうございます。
加害者の挑発に乗せられている部分もありますので
無理をしないようにします。

No title

凶器を突き立て、命じるということ
それは犯罪である、その被害の訴えである
それがなぜ受理されないのか、迫害犯罪ではないか

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる