他人の幸せを奪い取る犯罪

電磁波による特定の個人を狙った攻撃は殺意があり、無差別テロとしか思えないことに関して、今まで何度も説明してきたが、ここでもう一度原点に戻って考えてみたいと思った。電磁波犯罪とか集団ストーカーと言われているものは、最初はさりげなく「変だな、だけど嫌な感じがする」、「気のせいかも知れないが、なんだろう」などと言ったところから始まるケースがあるようで、私の場合もそうだった。当時はインターネットは無かったようで、情報もなく、嫌だなあと思いながらでも24時間の攻撃ではなかったので生活ができた。

それらは、自然にそうなったかのように、時々何かのトラブルを発生させたりして、人生が順調に進まないようにしたり、日常的に快適な生活が営めないようにし、治安が悪い、生活環境が悪い、世間には嫌な奴が多い、のように感じさせるところから始まっていると思った。

また、電磁波による攻撃も、やられている時は「何処かに悪い奴がいて私を狙っている」と感じても数年に一回であれば忘れて生活をしてしまう。集団ストーカーも同じで遠くに出かけても必ず「あなたを見張っています」という人物に遭遇するのだが、その時だけであれば後は関係ない。精神への介入も内容が悪質でなく、たまにであればやはり「自分は霊感が強いのか」なんて所で終わってしまう。

しかし、それらが進んできて常に何かを気にしなくてはいられない状態にされると、そこから幸せを奪い取られる嫌がらせへと移行していき、最後は一秒たりとも自然な人間して生活ができなくなる。


被害日記

10:14
昨日は本当に酷い脳への攻撃を受けた。
昨夜は就寝が2時頃だったが、4時に目が覚め、次は7時半、そして9時半。2時間間隔で起こされていたようだ。起床後はボリュームの小さい音声送信が聞こえている。暫くすると平衡感覚の違和感と頭部圧迫感、記憶障害のような思考がクリアでない状態になり、不快感と疲労感が強い。本当に嫌な感じた。相変わらず「朝早く起きないと誰にも信用されなくなるぞ」と聞かされている。

日記をアップすると「君は偉い」と声が言い、首の後ろの硬直感と苛々が少し発生してきた。

18:35
12:46
音声送信のボリュームは小さいが、歌のリピート送信とリアルタイムの干渉の他に、「君だけはキチガイにしてあげるよ」、「その内に、召喚されるよ」などと何度も行っている。脳への攻撃も軽度だが、頭部圧迫感と脳の芯が痺れたような感じでスッキリしない状態が続いている。

18:35
上記のような被害がずっと続いていたが、それほど酷くはならなかった。しかし、脳の芯が痺れたような感じと首の後ろの硬直感があるので気持ちが開放的にはならず、記憶障害も起きているので深く考えることが出来ず不快である。仕事は忙しく来客も多かったが著しい妨害が不思議となかった。

18時頃から急にパルス波の意識障害のような感じになり、頭痛がして、下半身に疲労感が出て苛々してくる。そうなると他人と話しをするのが苦痛となり嫌な思いをした。今も続いている。

21:27
静かで確実な拷問被害に遭っている。

決して過激ではないが、人間としての能力を確実に殺してしまう攻撃だ。軽く両方の鼓膜が詰まったようになり、軽く頭痛がして、軽く吐き気がして、軽く眩暈がして、軽く眠くなっている。そして、想像力がなくなり考える範囲が狭く、著しく無気力で、何も楽しくならない。この攻撃に腹が立つが必要以上に苛々はしない。やや糞の臭いがして、左の耳にパソコンのファンの音が煩く聞こえる。

テレビに映った日本語の字幕を読む速度が異常に遅くなっているので異変に気が付いた。今までは右の耳を中心に音声送信をされていたが、左の耳もやられ出した。しかし、強烈な脳への攻撃ではないのでキーボードのタイプミスや、文章を書くときの記憶の消去などは出ない。

しかし、確実に効いている。

嫌な気分だ。

15日1:05
先ほどの攻撃の時は眠くなってしまったので少し寝てしまった。
20分ほど横になっていたと思う。加害者の声で腹が立ったのだが、ひっきり無しの声でも聞き捨てならない言葉というか腹が立つ時がある。その後、テレビを見ていたのだが攻撃は弱くなった。しかし、腰とか足の筋肉が痛い。

それよりも、行動の抑制というか情動の抑制が可能のようで、どうしても「そのような気持ちにならない」という被害がある。例えば広報。気持ちはいつでもする準備はあるのだが、強烈に苦しむ攻撃をされるのではないかという恐怖があると思うが、そのような気持ちにならない、と言う操作が行われていると思う。

こういうのを拷問洗脳というのだろうか。

マインドコントロールと言うのだろうか。

両方だと思うのだが、酷すぎないだろうか。

寝る。

COMMENTS

No title

少し聞きたいんですが、電磁波被害を訴えるということで良いんでしょうか?
電磁波は電気がないと発生しないのは理解してますでしょうか?
ストーカーとかのたぐいは被害とは関係ないで良いでしょうか?
電磁波でなく違う方法だとわかったら電磁波は否定しますか?



使っている側にいたので、アクセスポイントみたいに装置の周辺で嫌がらせができるだけなので、尾行は必衰なのですが、プロの探偵の尾行とかわからないのと同じだと思います。装置もって尾行されれば同じです。電車だろうが車だろうが飛行機だろうが同じです。飛行機の場合は高度1万メートルだったかな、通信不能になるはずなので、機内にあるのは理解できると思います。
衛星とか言う方もいると思いますが、GPSをつけられた車などに乗ってる場合に座標がわかってしまうとかはあります。
ネットに反映されるので、現在地は簡単にわかります。
歩いてる人間の座標を衛星でみつけるには受信する何かがないと不可なのが一般常識ですが、それをくつがえして出来るというならば、人特定の周波を察知できるレベルということになると思います。

どう考えてられますか?








青葉さん
つまり、
●音声送信する発信器や、脳波を測定するアンテナは、被害者からある程度の近距離にないと不可能。
衛星からは無理。
●音声送信や脳波を測定したデジタル信号を衛星で中継することは可能。
●もしもターゲットの脳波を測定するアンテナの受信圏外にターゲットが動いた場合は、ターゲットの後を受信アンテナを持って追尾する。
●音声送信の電磁波が届かないところにターゲットが移動する場合も同じ。

と言うことですよね。
例えば半径100キロほどが海に囲まれた場所で、陸路がなく、交通手段が非常に限られた離島で、24時間音声送信の被害に逢っている被害者がいれば、音声送信器や脳波の受信アンテナは、(地球外にあるのではなく)その離島内に存在すると言うことになりますね。

前のコメントに説明不足があったので、補足させて下さい。

青葉さん
歩いている人間の位置はGPS機能付きの携帯電話を持ち歩いていればわかりますよね。
同じ理由で、ターゲットの車や持ち物にGPS発信器が取り付けられてる場合も場所特定が可能です。
GPS発信器は、携帯電話の中に組み込めるほどの大きさなので、デジカメやノート型パソコンに仕込むことも可能でしょう。

何も持ち歩いてない場合は、ターゲットを追尾しなければ場所特定は出来ないでしょう。

衛星からニューロン信号を読み取れるような性能のアンテナは、現在の技術ではいくらなんでも出来ないでしょう。
衛星から直接地上の一人に発信できる送信器も、現在の技術では不可能でしょう。

宇宙に衛星が飛んでいても、携帯電話の中継アンテナが近くにないと、携帯電話が通じないのと同じです。

No title

Arz様へ
>>衛星からニューロン信号を読み取れるような性能のアンテナ>>は、現在の技術ではいくらなんでも出来ないでしょう

耳印さんの被害を見ても、また僕もですが、遠隔から
脳の神経操作を行われているのは確かです。ニューロン単位までかどうかはわかりませんが、脳の細部にわたって操作できる
というのは被害から間違いないと思っています。
どんな種明かしかはわかりませんが、遠隔から
思考、記憶を読む、神経の操作すらできるのは間違いありません。
とてつもない技術が色々、加害者組織に集結してると思われます。

No title

あなたクスリ飲んでるでしょ

No title

GPSうんぬんの問題じゃないよ。素人の知識やちょっとした科学者には分からない事ですよ。衛星からは100%間違えない。
絶対に表に出してはいけない科学ですよ。科学の進歩は俺達には絶対に理解できないところまで進んでる。この被害の特徴は伝染します。特定の被害を受ける人と接すれば必ず脳の中を聞かれるしかし俺達みたいな被害を受けるとは限らない。操作をする奴らの気分しだい。真剣にこの被害を研究したい人がいるなら、俺を使ってもいいと思っているコメントでは詳しく言えないが物凄くキチガイになる。
自国の強化の為に核を開発し他国も核を持てばさらなる物を開発する、人類最強の武器は衛星だと思う。自分達が持っている知識、現在存在する物などではない。表にだせない科学だ。 俺はバカだと思われても構わない。 ただやられている本人はたまったもんじゃない。

No title

中林さん
2000年の1月に公表された記事で、遠隔からのニューロン信号の解読は可能だとロッキード・マティン社所属の研究者が語っています。公表された技術よりも、公表されない機密の技術は進歩していて当たり前なので、遠隔からの脳波解読は既に出来るのでしょうね。
音声送信にしてもそうです。1960年にはマイクロ波を使用した音声送信技術は出来ています。それから半世紀経って、より性能の良いものが機密事項であるにも関わらず、世間で悪用されるようになっていても、不思議ではないでしょう。

衛星から直接は脳波は読み取れません。音声送信も衛星から直接は無理でしょう。衛星は中継ポイントとして使われていると思います。GPSや携帯電話と同じ原理です。

あくまでも仮説ですが、近くにある通信用のアンテナ等を悪用していれば、かなりの広範囲で脳波を読み取ったり、音声を送ったりできますね。
それでもカバーできない場所にターゲットが行くときには、機材を持ってターゲットを追尾する必要が生じます。

青葉さんの言う通り、飛行機にターゲットが乗り込む場合、ターゲットと一緒に特殊機器を持った人間がその機内に乗り込むわけです。
これを突き詰めて考えると、その機材を操縦士に向けることもできると言うことです。
つまり、特殊な機器を乱用する人間は、尼崎の列車事故や、911のような飛行機テロも起こす事さえ可能だと言えます。

青葉さんの、
「使っている側にいたんで」という言葉がききずてならないんですが、他の方はその部分には突っ込まないのですか(笑)?
そのくせ多くのコメントがついて、青葉さんのコメントを埋もれさせている感さえあります(深読みかもしれませんが、このブログのコメント欄にブログ主さんを差し置いた形で、議論が白熱するというのは珍しい現象なので、思わずそう感じた次第です)。
青葉さんとおっしゃる方、もし「やっている側」の情報をお持ちであれば、その旨お知らせ下さい。お願いします。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる