私はこのようにして広報します

最近、世界規模で被害を訴えるという計画が提案されていますが、私はすでに個人名で各省庁や研究所、マスコミなど80箇所に郵送による広報をしてきました。その広報文は変わってきましたが最近は大体下記のような感じです。因みに集団ストーカーという現象は20年以上前に受けていました。現在では脳などへの攻撃が余りにも酷くなっているので、そちらに着眼しています。更に、個人的な見解ですが盗聴・盗撮・ストーカーなどに関しては、脳や神経へのなんらかの干渉がなければ、これほどの問題にはならないと思っています。

広報文

最近、悪意を持って出力されている電磁波などにより肉体や精神に異常を来たしていると訴えている人が増えています。それは電磁波過敏症ではなく、特定の個人をターゲットとして執拗に攻撃をするものです。これは少なくとも20年以上前から行われていて、組織的・計画的でなければ出来ません。人間の遠隔操作が可能なこの装置は完全に武器であり、その被害は武器による攻撃であり人権侵害そのものです。遠隔操作の装置では五感の操作は勿論、脳の変調、身体の変調が自在に行われます。

しかも、それらは耐え難い苦痛を受けさせる事を目的として行われていて、酷いと24時間途切れることなく苦痛に晒されます。それらは病気の症状を再現する形で行われるために被害を訴えれば病気扱いにされてしまいます。また、目に見えない電磁波などの媒体を使用しているために証拠の捕獲が困難となり、使われているテクノロジーも信じがたいものなので有り得ないと言われてしまいます。

しかし、この犯罪は実際に行われていて被害者は増え続けています。被害者は全国にいて毎日苦しんでいます。人間の考え方や精神状態を遠隔から変えてしまうことが可能な武器による人権侵害に対しての実態調査と法整備、早急な対策をお願い致します。

以上

大体このような感じですが、その時々により参考アドレスを記載したり、悲惨な被害実態の一部を記載したりします。また、郵送の場合は参考資料の添付もします。しかし、現実はかなり厳しいので多くの被害者の連携・協力を必要としています。この犯罪被害では様々な思考挿入や不安、実被害が伴いますので気をつけましょう。


被害日記

11:49
昨夜も就寝時には、高低様々な不快なノイズを聞かされたり、体を痛くされたが知らない内に眠ってしまった。しかし、朝6時に目が覚めて音楽のリピート送信と声の送信を聞かされる。再度、寝たが8時に目が覚める。熟睡できないで何か半分眠ったような状態で何度も目が覚めたと記憶している。

起床後は声の送信で悪たれを聞かされながらコーヒーを入れた。頭部圧迫感と首の後ろの硬直、平衡感覚の違和感と考える事が出来なくなる攻撃、筋肉の痛みが続いている。

何かを気にさせる被害として

声の送信や思考の挿入の他に、現実に起こった事や読んだ文章にたいして脳裏に焼きつかせて、それを基準として言動が出来てしまったり、考え方に強い影響を及ぼし続ける被害があると思った。極端な例だが、「信号は赤なら止まれ」こう言った事柄は人間の行動に強く影響をしているのは当然で、そのような事柄を強く意識させて考え方を変えさせてしまうと言った被害を感じた。くどいようだが、何を意識するかを変えてしまう意識の操作だろう。

23:30
加害者曰く「うんざり日記」

この所の被害はゲリラ的で強力な被害が長時間続かなくなり、また、無気力化で日記を更新する気がしなくなったり、更新を始めると急に言葉が思いつかなくなったり、何をされたかを忘れてしまう。それと日記を書いている最中に「くだらない」なんて思えてくるので細かい被害よりも、思い込まされているからそう感じた、などと言う仕組みを考えて書いたりしている。また、その考えを妨害されたりする。

記憶障害のような脳への攻撃と声によるリアルタイムの干渉は途切れることがない。しかし、全体的に音声のボリュームが小さくなっている。

コーヒーを飲んだ後は、洗濯をしてから母親と話をした。世間話であるが、普段会話がないのでたまにはと思ったが、その最中も頭痛や骨に沁みるような右半身だけの筋肉痛などがあり苛々させられた。その後は、倦怠感の中、愛車を洗っていたが歌のリピート送信をされたりして非常に不愉快にされた。勿論、声による干渉も続いていた。

夕方からは楽器の練習に出掛けたが、今ひとつ気分が乗らなくてやる気がしなかったが頑張った。練習の時はいつもと同じように妨害をされるが、急に何も思いつかなくなったり、体が意思の通りに動かない、楽器のタッチ(音を出した時の体感)が遅れて感じたり、体の芯というか脳の芯と直結しない感じがして気持ち悪い。

この自分のやっている事が変に感じる被害は事実、脳を攻撃されてスムーズに体が動かない被害と、神経を普通でない状態にされ普段なら気にしないような微妙なズレが気になったする被害と両方があると思う。また、脳が半分くらい働いていないのではないかとも感じた。

そして途中で意思の通りに体が動かなくなり強烈に苛々されられたので休憩をした。後半は苛々と興奮を押さえ、根性で丁寧に練習をしていると次第に集中力がなくなる妨害はなくなったが、声の送信だけは執拗に、執拗に私に対して語り掛けを続けていた。本当に嫌らしいと思うが、その環境で練習をするしかない。

夜は知人と喫茶店で話しをしたが、結構強いパルス波のような脳への攻撃とお腹に空気を溜める攻撃をされ苛々させられたりした。しかし、体が痛く椅子に落ち着いて座っていられない気持ちを抑えて我慢をして話をした。相手に私の苛々した落ち着きのない精神状態や、リラックスした楽しさのない事が見抜かれてしまっているのか判らない。

それらを除けば軽度の被害だったと思う。

13日1:59
また、頭がボケている。
音声のボリュームが小さいが会話をさせられている。

今日は、夜19時過ぎに自宅に居る時に20分くらいの間、脳への違和感と身体の痛み、視覚の不自然さがなくなり「なつかしい」感覚になった。本当に清々しい気分だった。

なぜか、この違和感は右と左が逆転しているように感じる。

寝る。

COMMENTS

No title

毎日、脳への拷問虐待を受け続けています。

広報に関して、
いかに被害にない健常者に理解してもらうかが
大事だと思います。それが難しい。現状は、わかってくれるのは
同じ被害者の方だけです
いくら拷問にあっても血が一滴もでませんから。

No title

いつも思うんですが、いままでそれらしき人物とかあの人が会話をこちらにしてきているように思われることは一度もないんでしょうか?
こちらはそぶりが、ちゃんとわかるし普通に依頼者がざまーみろとかいい気味だとか普通に言ってるし、加害者同士協力ありがとうと、握手してるの見てます。
そういうのは拝見しないんですか?
加害者は一目瞭然です
こちらは昔のような被害は減ってます。
加害者同士でかなり嫌われていて、あちらこちらで加害者の文句を名だしで聞きます。
だからといって何もないですが・・・
昔はどうでもいい会話を録音しましたが、間違いなく犯人は近所でしたし、装置を何キロも先から使用できないはずです。

Re: No title

中林様

そうですね、同じ被害者でも自分が受けていない被害は信じられないと言った状況ですから、被害を全く受けていない人に取ってはすべてが信じられないと思います。装置や技術の存在を信じたとしても、なぜ貴方が被害者にされたのですか、と言う疑問が次に来ます。しかし、黙っていては死ぬまで元に戻れないかも知れません。

Re: No title

私は、目に見える、電磁波攻撃の加害者と断定できる人物に出合ったことがありません。それよりも、脳への攻撃が強いと周囲の状況を把握する余裕なんかありません。周囲からの乖離も主たる被害となっていますから。

No title

間違いなく衛星からやられる。スピードガンみたいな小型な物じゃない。 飛行機、電車、すべてで同じ様にやられる。24時間悪魔のささやきが消えることはない。気が狂う、今日も発狂しそうだ。このテクノロジーは何十年も前からある。攻撃する奴らはすべての情報を常に最新情報で持っている。俺の頭の中もだ。つらい。
被害の頻度がそれぞれ違うから、表現はそれぞれだが、本当に
惨い被害にあった俺は殺される。いつも思う。しかし同じ声で365日24時間やられ、俺は最高で3日間起きていたが3日間永遠に聞こえるしいろんな事をされる。特に頭に強く攻撃をする。つらい

Re: No title

tuyo 様

本当に酷い話ですよね。
お互いに頑張りましょう。

音声送信の録音について

個人ブログに載っていた話しをコピペさせてください。

『音声送信対策として、加害者側の声をできるだけ打ち消すために、加害側の音声を骨伝導イャホンマイクで録音した上で、
フリーソフトWave Spectra 1.40 などで音声周波数の解析をし、
それに合わせてラジオの音声合成をしたり、
パソコンのフリーソフトで0.3-0.6秒くらいの間に、
加害側の音声周波数を網羅する音を合成してしまい
(つまり0.3-0.6秒くらいの間に加害側の音声として聴こえる
音をつめ込んでしまいます)、
それを短いテンポで連続再生するか、編集でつなげて連続再生することによって、何時間でも聴ける音声ファイルを作ったので、
睡眠ぐらいなら一応は安心です。

<加害側の音声送信の録音について>




音声送信はふつうのマイク録音での録音はかなり難しいと思います。録音するためには骨伝導イャホンマイクで、
耳(内耳)の骨伝導音を収音することが重要です。


加害側はパルス変調されたマイクロウェーブ電波、または音声信号によってパルス変調された骨導超音波によって、
「骨伝導音」を被害者に聴かせている可能性が高く、
骨伝導イャホンマイクでの録音をお勧めします。


肉伝導マイクは高価ですので、
二千円台でsonyから出ている骨伝導イャホンマイクで
試してみてください。
加害側の音声を録音する際の雑音除去に、
マイクアンプを使ってみるのも一つの手です。

<マスキング効果による加害側の音声妨害>



まず、加害側の音声を、他の音を事実上聞こえなくする効果、
すなわちマスキング効果によって妨害できる音声をラジオなどで
探します。




マスキング効果について

http://faal.jp/kaanet/yamagishi/masking/mask-01.html



次に、音量および音圧(db)を最大に設定したうえでCD-Rに
録音し、そのCD-Rから音楽(.wma)ファイルとして
パソコンに取り込んだ上で、
音声合成・編集用フリーソフトMiX Padを使って
合成や編集をして、好きな音楽ファイル(.mp3、.wma、.wav)
に変えた後、フリーソフトGauDio 1.3を使って
音圧(db)レベルを最大に上げておきます。
編集するときのコツは無音声と音声を短いテンポで交互に繰り返すことによって、聴感覚に変化を与えることです。その後、CD-Rをつくるか、
(.wavか.mp3ファイルで音楽用CD-Rをつくるのに
フリーソフトでDeep Burnerがあります。)
.mp3、.wma、.wav、などの音楽ファイルを
リピート再生させて聴きます。』
引用終了

音声送信が、“人口内耳のように蝸牛組織へパルス信号を送っている”のではなく、骨伝導の共振電磁波だとしたら、↑この方法で、個人でも大掛かりな計測機器を用意せずに、音声送信の録音が可能かもしれない。
加害者側はエグい言葉の攻撃をしているケースが多いが、それが個人レベルで録音可能になったら…と思うと実に気分がいい。

骨伝導による音声の録音について

ECM-TL3で録音してみましたが、耳から入る肉電導の音が録音されてしまいました。

製造元のsonyに確認したところ、骨伝導と実際に耳から入る音の両方が録音されてしまうとの回答がありました。

骨伝導の音を録音すす方法をお教えください。

見えない敵の犯人は、多くの国家。
悪魔信仰者じゃないと多くの国の大統領や首相にはなれない。
悪魔信仰者が脳にある過去の記憶を覗き見し、その家系が被害者となる場合。過去の記憶が輝かしければ輝かしいほど被害がひどくなる。
妬み?
後、自分の過去世でとんでもない事しでかして過去の証言者もひどくなる。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる