わが身を心配しろと脅迫

10:59
昨夜も激しく脳を攻撃され、止め処のない怒りと不快感に苦しめられ続けた。寝る頃には音声送信は多少静かになったが、攻撃は止まない。睡眠妨害は無く、すぐに眠ってしまったようだ。朝は8時頃に目が覚めたが、最初は6時半だと思っていた。確かに時計を見て6時半と言う記憶があるのだが、映像送信に騙されたのだろう。だから記憶の改竄が可能と言うことになる。

起床前から声の送信では会社のことなど、執拗に想起させられていたが、全く気にならなく、ただ煩いだけで自分本来の自然な発想を絶対にさせない為の行為だと思った。起きてきてタバコを吸っていると急に足腰が痛くなり、気持ちも不機嫌になる。コーヒーを入れようとするとすぐに目眩のような平衡感覚の狂いが出て、記憶障害が発生する。コーヒーの味ま苦いだけで香りもしない。

仕事をしていると下劣な声の送信はひっきり無しで、ややエコーが掛かっているように聞こえる。脳への攻撃も強く心臓の鼓動が早まり、意味無く慌てさせられている自分を発見する。そして、それらの攻撃が余りに執拗なので仕事を中断して被害報告をすることにした。

この被害日記も時間が掛かるので就業妨害となっている。しかし、被害者である以上は被害報告は続けたいと思っているので、仕方ない。

新しく追加された被害

「まばたき」を意識させられてしまう被害

これは呼吸を意識させられるのと同じで普段無意識に行っている「生きるための動作」に対してテクノロジーを使って強制的に意識させるもので、「神経症」を作り出すための陰湿な攻撃である。「意識を任意の場所に移動させる」遠隔操作を利用していて、酷いと「まばたき」をすると同時に悪寒を送りつけたりもする。すでに目を開けている時点で目に意識が行っていることが感じられる。

神経質な人がこんな事をやられたらノイローゼになるだろう。

とにかく声による脅迫が酷く「家族や身近なところに被害者を増やすぞ」と言った内容が多く「わが身を心配しろ」と言った脅迫も受けた。

22:39
やっと一息ついたところだ。
インターネットを早いタイプのものと入れ替えて、接続やルーターの設定をしていたが、午後は来客が立て続けだったので、パソコンをほったらかしにして応対していた。17時近くになりやっと時間が取れたのでメールサーバーなどの設定を始めたが説明書がないので電話を掛けて聞いたりした。

18時には会社が終わり、19時から楽器の練習があるので時間に限りがある。そして、そんな時には必ず、強烈に脳を攻撃されて何がなんだか分からなくされ、声で徹底的に貶される。ついでに苛々して暴れ出したくなる強い衝動を起され怒りはピークに達する。言葉ではこれだけだが実際には大変な苦痛で酷いストレスとなる。

心拍数を上げられ、切迫した気持ちになり、それを押し隠しながらヘルプセンターに電話をするが、そう言った精神状態なので平静を装って声を出すのも苦労する。やっとの思いで設定が完了し、現場に戻るが、のんきな雰囲気の周囲との異常なギャップに苦しまされてしまい、また、対人関係を悪くした。

何しろ、頭が異常に発熱したり、体全身が汗が出るほど熱くなったりしながら、強い記憶障害と眩暈などの被害と格闘しながら、声の送信で寄って集って罵声を浴びせられながら、必死になって限られた時間の中でパソコンの設定を終わらせたわけである。

そのやり場の無い強烈な怒りが残ったまま、慌てた精神状態でのん気な人と合ったのであるからキレそうになるのは当たり前だ。しかし、相手に逆切れされてしまっては話しにならない。

その後は歌のリピート送信を受けながら楽器屋に行き、いつもと同じように一秒たりとも途切れることの無い「ホラ話」を聞かされながら苛々をこらえて練習をした。

とにかく腹が立つ。

気が付いたのだが、マインドコントロールというのは、脳の空想をしたりする領域を使われているように感じた。現実の世界と空想の世界。これは誰でも持っているものだが、電磁波による脳の遠隔操作(五感も含む)で現実の世界からの知覚と乖離させ、偽の知覚を空想の領域に送りつけているのなら、日常的に思考範囲が狭くなるのがうなづける。

実際にどうやっているのかは分からないが、感覚的にそう思え、しかも、放心状態のような物思いにふけるような状態に強制的にさせられてしまい、その状態がマインドコントロールの影響を強く受けてしまう状態に思う。

とにかく許される類のものではない。

12日1:17
ネットを見ていると執拗に声の送信で干渉をされるが、声と一緒に低周波のような振動のような物が送りつけられているようで、その時だけ不快な気分になる。嫌な周波数を混ぜた男の声と言ったところか。

脳を締め付けられるような感じや、思考の範囲が狭い感じが続いている。記憶も瞬時に消したり、思い出せなくすることが出来るようで、選択的に今日記書こうと思っていた事などを忘れさせられてしまう。

歌のリピート送信はほとんど聞こえないが、声による意識操作を延々と続けている。それは、私の周囲の人は皆知っているよ、皆笑っているよ、仕事にも影響が出るし、対人関係も悪くなるし、家族に亀裂が入るよ、公安に見張られるよ、アメリカから狙われるぞ、などのように具体的な作り話を次から次へと聞かせてくる。一日中それを聞かされ続けている。

また、日記の文章を書こうと思うと「頭の中が真っ白」で何も思いつかなくなる。そんな時には加害者の声の送信からヒントを得て書くのだが、下手をすると思考停止のようにする事が出来るのかも知れない。

苦痛を伴う遠隔洗脳は

「この被害について口にするな」


と遠まわしに言っているのだが攻撃は止まない。

攻撃をやめて欲しければその日記を全部削除しろと言っている。

頭痛がして肩の筋肉が痛い。

下唇を吸い込むようにして噛まされる被害も継続している。

寝る。

COMMENTS

No title

医療などで適切な措置をしてほしいです。 被害者の治験を求めるのはどうでしょうか? 被害者は電気的なものが流れてくるというのがあるので病院で生体電流が計れれば誰かが流してきてるの証明できますよね。 私も意見などは時々ネットで書いたりしてますが、一刻もはやく進展したいです。みなさんがんばりましょう。

医療で証明できて、被害で収入を得るのが難しく、防御などの支出が大きいので、国から経済的な支援などしてほしいです。 今脳が働かず文章がおかしいかもしれません。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる