脳内音声とテレパシー通信

人の声や物音が自分だけに聞こえる被害、これは音声送信とか脳内音声と呼ばれているもので、送信元の加害者と「会話が出来る」と言う被害者が多い。また、考えている事など内面に干渉されるので非常に煩わしく、しかも、途切れる事無く続けられるので通常はそれだけでもノイローゼになってしまうほどの被害だ。本来心の中は独りであり、何を考えても誰にも知られることがないという歴史的な常識を覆してしまっているからだ。

・語り掛け被害

加害者が勝手に関係のない事を喋って聞かせたり、思考を誘導するために(あれこれ気にさせるために)私的なことに関して聞かせて来る。それには、盗聴や盗撮をしなければ知りえない事柄や、過去の誰も知らない筈の出来事や、頭の中でしか考えた事のないものまで含まれている。

・なぞり被害

これは、文字を読んだり書いたり、パソコンで文字を入力する時などに声の送信でなぞられる被害で、声に出さない自分の呟きをなぞられたりする。ブログなどを読む時には、そのブログの作者の性別や年齢などにあわせて加害者がそれらしい声を使ってなぞり(同時読み)をする。時に同時読みが先に読んでしまうこともある。

この声に出さない呟きと脳内音声の間でテレパシー通信のように会話が出来てしまい、場合によっては考えただけでも会話が出来る事がある。声が聞こえている限りその通信状態は途切れることがない。

・思考のトレース

なぞり被害の一部として思考を言語に変えて聞かせてくる被害がある。これには思考を読み取られる被害と現在の考えから次に何を考えるかなどの予測的な思考のトレース被害がある。予測的な思考を聞かせる被害は日記などの文章を書いていても発生して文章作成の妨げになる。また、思考を読まれていると感じても、最初から一連の思考について加害者が作ったものを送信してあたかも自分の考えのように見せかける被害もある。


従って、聞こえて来る脳内音声には歌や音楽のリピート送信を含めて、加害者の喋り、自分に対するなぞり、の3種類が常時聞こえていることになる。更に、脳への遠隔操作と混ぜ合わせて音声送信が行われるので複雑な被害を作り出している。


被害日記

10:34
昨夜就寝したのは1時半頃だったか、朝は5時半に目が覚てトイレに行ってすぐに寝た。次は9時半に目が覚めた。当然目が覚めれば声の送信が聞こえている。9時半に目覚めた時には全身に異常な疲労感があった。その後30分くらいの間は引っ切り無しに周囲の人間関係などに対して考えさせる為の声を聞かされた。目覚めた直後に集中的に何かを聞かせるのは目的があるのだろうか。

20:59
今日も仕事中には、ほとんど歌のリピート送信が止まることはなかった。仕事は忙しく、来客もあり被害日記を付ける時間が取れなかった。仕事で会議をしている時に歌のリピート送信と同時にお腹に空気が溜まり呼吸が苦しくなり「苛々して暴れ出したくなる強い衝動」に駆られ大変な思いをした。席を外すことの出来ない場でそのような事をされると、やはり拷問に遭っているのと同じだと思う。

声の送信による干渉も全く途切れずに続いている。時々、集中力をなくすために頭部圧迫感と眩暈と考える事が出来なくなる攻撃を受けた。

こうやって思い出そうとすると何があったのか思い出せないし、思い出したい気持ちもなくなってしまう。おそらく、「思い出せないようになる」脳の遠隔操作を、その他、例えば「痒み」被害と同じような感覚で生きている人間を玩具扱いして行っているのだろう。

夕食後には疲れてしまい少し横になっていたが眠らされてしまい(30分以下)やはり、音楽や歌のリピート送信が聞こえて来て、まるで自分が一緒に歌っているように感じて目が覚めてしまう。

やっとの思いで日記の更新となったが、お腹がパンパンで苦しく、右の肩と足の付け根が痛い。このお腹がパンパンになる被害は、感覚を狂わせてパンパンに感じる操作、神経を敏感にしてウエストのきつさを増強する被害、筋肉を緩めてしまいお腹が出る操作、実際に空気でパンパンになる操作、などが組み合わされているように思う。いずれにしても日常化した被害の一つである。

筋肉を硬くしたり、痛くする被害があるが、緩めてしまい動かなくなる被害も確認している。この筋肉の遠隔操作が全身のどの筋肉に対しても可能となると人を遠隔から死に至らしめることが出来る。実際に私は上を向いて寝ている時に腹筋が動かなくなり呼吸が出来なくなった事がある。横を向くと呼吸が出来るので横を向いて寝たわけだが、何年前だか忘れたが「無呼吸症候群」みたいな、寝ている時に呼吸が止まってしまい、びっくりしたように再び呼吸が始まると同時に目が覚める事が良くあった。

だから

遠隔から人を殺すことの出来る武器による被害

と言うことになるのだろう。

加害者はいつでも被害者を発狂させられるだけでなく、殺すことができると言う立場の下にこの犯罪を行っている事になれば被害者の立場はどうなってしまうのだろうか。もともと殺意がなければ出来ない犯罪であることは間違いないのだが。

9日1:13
その後は、日曜日に録音した演奏を聞いていた。
今までは、毎回必ず酷い攻撃をされて苛々させられ、それに耐えながら聞いていたので今日も覚悟を決めて聞いたのだが、声による嫌味をされた程度で脳への強い攻撃は最後の方でやられた程度だった。しかし、攻撃が全くない訳ではないので自然な状態とは程遠い。とにかく「いらいらして暴れ出したくなる」マインドコントロールが無かったのと、声の量が少なかったので助かった。

今も、足腰の痛み、音声送信は脳への攻撃は続いている。
弱くても途切れることはない。

寝る。

COMMENTS

こんばんは

毎日の被害、痛みいります…

ちょっと質問させてもらって良いでしょうか?

ブログ主さんは歯に金属の被せモノや、小さな虫歯を金属で埋めたことなどはありますか?

どうか私のブログの記事か、ここで教えて欲しいです

というのも、思考盗聴やテクノロジー犯罪と歯の金属が深く関わりがあるのではと思ったからです

個人的に統計を取ってみようと思いまして質問しました

お願いします

Re: こんばんは

CAGE 様

金属の歯の件ですが、私は何本も金属が入っています。
しかし、他の被害者数人の話を聞くと全部セラミックに変えても被害が無くならないなどの証言があります。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる