電磁波による脳の操作で愚民を作り出す

脳への電磁的攻撃では、間違った記憶の挿入や間違った思考の挿入、マインドコントロール被害がある。それは現実ではないもの、或いは、本人の発想でないもの、を加害者が遠隔から脳に送りつけたり、様々な精神状態を勝手に作り出す被害だ。

しかし、そう言った被害の他に常時行われる脳への攻撃がありが記憶障害(思い出せない、記憶できない)や、思考能力の低下、などがある。新しく知識を身に付けさせない、物事を深く考えさせない、ための攻撃であり、脳内音声でデタラメな言葉を四六時中聞かされている状態ではいわゆる愚民になってしまう。これが大衆化したら大衆マインドコントロール、愚民化政策と言うのだろうか。しかも、脳への攻撃は基本的に何の体感もなくあたかも自然現象のように行うことが出来る。


被害日記

11:28
加害者は「もう、止めなさい」などと言うまえに自分達が歴史に残る人権侵害を止めるべきだと思う。

昨夜は就寝が2時半で寝たと思ったら3時に目が覚めた。その後は4時頃に寝て、7時に起こされ、もう一度寝て10時にセットした目覚ましで起床した。その間は当然のように下劣な声の送信が行われていた。

起床後はすぐに脳への攻撃が確認され、今も何の体感もなく思考が停止してしまい、日記の更新をするために開いた携帯電話を眺めてしまった。

今日は音楽でスタジオライブが行われるので酷い演奏妨害が予想される。だから睡眠妨害をされたのだ。

22:15
いま帰るところだ。
被害に関しては日常行われているレベルの被害が途切れる事なく続いている。演奏妨害も最後の一曲までしっかりとやって頂いた。激しい耐え難い攻撃は、休憩の時に仲間と食事を食べ終わった時にやられた。平衡感覚の狂い、意識が目の前にいる人の会話から離れてしまい話について行けなくなる。全身に圧迫感のような痛みとバイブレーションのような振動を感じ無口な人になってしまった。

その後は得体の知れない疲労感と眠気に襲われ、あくびの連続だった。帰る途中では左の首、肩、腕の筋肉がひきつるような痛みが続き困った。

演奏妨害をやられて感じたのは、声の送信の時には何か精神状態を変えるような信号が送り付けられていることは以前から感じていたが、逆に記憶を消すなどの操作を誤魔化す為に声を聞かせているのかと思った。

その理由は、演奏を聞いている時に曲を覚えようとしてメロディーやコードの流れを聞いていると、声の送信と同時に記憶がリセットされてしまったかのようになり、先ほどまでの流れと今の流れの関連性が分からなくなってしまう。そのタイミングが声の送信と一致していたので変だと思った。

その他、詳細を記すのは大変なので止めて置くが、記憶の操作と意識の操作を混ぜた演奏妨害専用のテクニックをわざわざ用意してまで妨害をされた。それは例えば、ここが曲の頭だと演奏中に確信を持って音を出すと一拍ずれているように感じてしまったり、本当にずれてしまったりする。

脳の遠隔操作は信じられないほど精度が高いのかも知れない。そして、被害を自覚していない人にも、こちらから見ると被害ではないか、と思うような事があり、しかし、それが電磁波被害であると言う証拠は何処にもない。我々の場合は無理やり被害であると知らされている訳だが、本当に危険な犯罪だと思う。

31日1:36
脳への攻撃が強く、耳にも鼓膜が裏返ってしまったような感じがあり、パニック信号のようなものが脳に送りつけられているような感じでやっとの思いで帰宅した。しかし、パソコンのインターネット接続状況が悪く、ルーターに侵入されていたようでルーターの日付も変わっていた。そしてブラウザを立ち上げてブログにログインしようとすると中々読み込まないのでログを見たりネットワークを調べていたが、初期状態(正常な状態)で調べた事がないので原因がわからない。ループバックからループバックへの通信があるのが気になった。

今も脳と身体に対する攻撃が途切れない。

2:20
パソコントラブルで時間を取られ寝るのが遅くなってしまった。音楽の演奏は自分の実力とは程遠い演奏だったが周囲には良かったと誉められた。しかし、折角良い演奏だったのに何故途中で演奏を止めてしまったのだと言う質問もあった。結局。歌のリピート送信も声の送信も脳への攻撃も身体攻撃も途切れる事無く続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる