脳内音声プログラミング

普段は無視している音声送信を良く聞いてみた。同じ言葉をなんども繰り返して喋っているのは以前から同じだが、喋りを変形させて言葉を変えながら、最後に音楽や歌を聞かせて来るが、そのタイミングが絶妙なのでよく瞬時に喋りの内容に沿った音楽を放送出来るものだと不思議に思った。

それについて考えて見ると、あらかじめ作ってあった物を放送しているようで、決してすべてがアドリブではないと言うことになる。長時間の音声送信を作っていて流していたりすることも大いにありえる。それに被せてリアルタイムの喋りをしているのだろう。大勢で喋っている場面を感じるが案外1人でやっていたり、プログラムされたものを流している時間もあるのだろう。当たり前だとは思うが、何しろ普段はなるべく聞かないようにしていたから初めて気が付いた。


被害日記

1:40
就寝が12時で1時に完全に覚醒させられた。覚醒させられてしまったので眠れないから被害日記を書こうと思うとネットに全く接続出来なくなってしまった。携帯からは接続出来たが二度目には携帯からも接続出来なくなった。「サーバーが見つかりません」、「接続がリセットされました」などのエラーメッセージが表示された。

電磁波テロにはサイバーテロも付いてくる。

それにしても余りにも治安が悪くないか

2:50
バカテロリストは今日は興奮していて、何かよほど悔しい事があったのだろう。完全に覚醒されているのが良く判り、脳の一部は眠っているのだが、別の部分が覚醒していて寝られない。更に、脳内音声による誹謗中傷はひっきり無しで全く寝られない。

寝させない拷問がまかり通る国、日本である。

この犯罪の最も恐ろしいところは、こうやって夜に覚醒させて苛々させるが、昼間になると思考能力が低下して無気力になり、広報などの活動が出来なくなるところだ。最悪の場合は耐え難い拷問のような苦痛を受けさせられながら、何故か嬉しい気持ちになって顔が笑ってしまうところだ。

「逆らうな」などとほざく殺人鬼であるが

「ふざけるな」と言い返している。

6:18
やっと眠れたと思うと一番眠い時間に起こされる。
眠らせない拷問というのはそう言うものだ。そして、それを毎日繰り返し次第に被害者を弱らせていく。睡眠時間は恐らく3時間ないと思う。筋肉が硬直するというか硬くなっている状態は興奮している状態であり、そんな状態では寝られる訳がない。勿論、脳を強く覚醒させられてもいるが。

しかし、殺意が無ければ出来ないテロだと思う。

10:11
ゆっくりと休ませないのがこの攻撃の特徴だ。
目覚めと同時に、聞くに堪えない嘘の連続を声で聞かせてくる。よくもそこまで人を陥れるような事ばかり考えは放送しているものだと思う。人格が歪んでいるのだろう。音声送信の他の被害は眩暈、記憶障害、首の後ろや後頭部の違和感などだ。

12:48
歌のリピート送信は途切れる事無く続いている。足の筋肉の痛みや、首と後頭部の繋ぎ目、腰の違和感も続いているので歩くのにも大変で姿勢も悪くなる。軽い記憶障害と目眩も続いている。仕事で来客があり話をしていると急に被害が強くなった。お昼には弁当を食べながらブログ閲覧をしたが、何故かお腹が苦しく、いくら息を吸っても吸い切れない状態にされている。

18:29
その後も上記のような被害が継続していたが仕事を続けた。時たま頭痛や左肩・腕の筋肉の異常な疲労感が発生した。声の送信による思考への干渉も全く途切れる事無く続いている。夕方にコーヒーを飲んだら胸焼けのような感じになったが、得意の偽胸焼けだと思い無視をしていた。その後、人と話をしている時に胸焼けが無くなっているのに気づいたが、すぐに胸焼けを発生させられた。

先ほど仕事が終わった後は穏やかな気分で被害報告をする気にならなかったが、パソコンのデーターを上書き保存した筈なのに声の送信で「上書きをしてください」と聞かされたので不安に思い確認したらちゃんと上書きされていた。瞬時に記憶を消されてしまったのだろう。そして「ざまあみろ」と言う声の送信と共に苛々して被害報告をしたくなった。

23:04
ひたすら「広報をするな」と言う脅迫と攻撃の繰り返しだ。
夕食後に眠くなったので居眠りをしようとすると、やはり強い不快感や耳への攻撃などで絶対に眠らせようとしない。5分程度は眠ったと思うが、眠っているのか気を失っているのか判らない。しかし、その状態だと人間は基本的に無抵抗なので、歌のリピート送信とかイメージの送信をされると、本当に自分が送信された歌と一緒に歌っているように感じてしまう。それは実際に自分の舌や口が動き発生をしているように感じる。ほとんど数秒間でびっくりして目が覚めてしまう。当然、電車などの乗り物の中でも同じだ。

その後は拷問のような攻撃を受けさせられている。心臓が苦しく息を吸っても吸い切れないような状態にされ、声の送信では執拗に呼吸に合わせて嫌味を聞かせてくる。頭痛のような頭の表面が痛いのは終日だが、首の付け根の違和感や腰骨の痛み、右足の筋肉の痛みがあり、それは経験したことのない不自然な痛みであり著しい不快感が伴うので苛々する。

更に、痒みの連続攻撃を受けているが、痒い場所が自分の感じた所に無いという気持ちの悪い攻撃をされている。神経を分離されてしまっているようで、例えば実際の知覚を切り離し、それに変わる偽の知覚を送りつけられているような感じさえする。自分の体の中に無い痒みとでも言ったところか。

例えば、嗅覚にそれに当てはめると実際の匂いを感じなくさせた上で作り出した匂いを送りつける、のような遠隔操作となり、それを別の感覚にも使うことが出来るのではないか。それを思考というか精神の操作に使えば恐ろしい結果を生むだろう。

そして、日記を書いていると攻撃が強くなり、暴れ出したくなる衝動が起きる。とにかく苦しい。

発狂させようと思えば簡単に出来るだろう。

遠隔操作で凶悪犯罪をさせられた人はいないのだろうか。

12日1:10
お腹に空気を溜める攻撃が続いている。
脳への攻撃も記憶障害や考える事が出来ない状態が延々と続いている。声の送信は思考の誘導のほかに、思考のなぞり、呟きのなぞり、文字を読む時のなぞり、文字を書く時のなぞり、が途切れる事無く続いている。

それと、体感被害というのだろうか、そう言う気持ちになった時の顔の感じとか、体の感じ、などを無理やり再現されている。実際にはそんな表情をしていないのに表情が変わったように感じさせられる被害だ。例えば怒った時には怒った顔になり心拍数が上がり体に力が入る、などのように感情を再現され、それらは「恥ずかしい」、「悔しい」などの感情にまで及んでいる。

また、実際に自分に発生している感情を精神への介入をしている加害者という第三者に知られている事が理由になり、本来無意識である自分の感情に気が付いてしまう、という被害と混ぜながら行うので判定が難しい。さらに、感情の増幅も行われていると思える。それは、そのような感情を少しづつ強くしながら送りつける事によっても擬似的に可能と思われるが。

寝る。

COMMENTS

No title

もし録音された音声を音声送信に使っているなら、おなじ音声を使いまわされた被害者がいてそうですね(笑)

No title

いますよ笑い事じゃなくて暴れまわってましたね

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる