精神侵略技術を用いたマインドコントロール

無線を使った脳へのアクセスは、様々な脳機能に障害を起させる事が可能で身体操作や五感の操作も含めると人間の遠隔操作と言うことになり、その被害状況は人間としてまともに生活出来ないようにして絶望へと落とし込む。

また、意識操作・感情操作が可能なテクノロジーなのでマインドコントロールが行われる事も知られているが、例えば、極めて発想が貧困な状態になり、考える事が出来ない状態に置いて、加害者が提供した思考があれば自分のものと思ってしまう事もあり、また、加害者の挿入した思考であると判っていても受け入れてしまう事もある。

それは、喉が渇き切っている時に水を差し出されたら飲んでしまうのと同じであり、たとえ加害者の差し出した水であっても人間が生きるためには飲まずにはいられないからである。

それは加害者の支配に従うと言ったら大げさかも知れないが、いつしかそのようになるかも知れない。ただ、現在この犯罪にはそう言った逃げ道はなく、ひたすら苦しめられるだけである。


被害日記

2:28
就寝後30分経っていないと思う。眠る時は急に眠くなって知らない内に眠ってしまう。そして突然目が覚めた後は痒みがあちこちに発生して覚醒してしまう。そしてあらかじめ仕組まれていたかのようにパソコンの前に来て被害日記を書いている。

実は、細かい被害は引っ切り無しであるのだが、その被害報告をする気にならなかったり、声による脅迫が強いので怖くて、あった被害を全部報告することが出来ないでいる。マインドコントロールは恐ろしい。

7:25
苦しくて目が覚める。下品な笑い声を聞かせ「会社で嫌われろ」と声の送信をされる。背中の筋肉が痛いのはテクノロジーである。歌のリピート送信が小さく聞こえ、キーンという音がかなり大きい。

10:59
目覚ましにより10時半に起きる。不自然な強い眠気があったが暫くするとなくなっている。しかし、両方の肩と脛の筋肉が疲労しているような硬直しているような疲労感がある。今日は左側の筋肉をやられている。音声送信はやや静かになっていて周囲の音も聞こえ、自分の生活音が大きい事に気づき、コーヒーを入れたりするのに気を使ってしまった。精神を興奮させられていると音声送信による難聴とあいまって生活音が大きくなる。

15:09
今日も仕事が忙しい。それよりも、ここ数ヶ月は興味が仕事の方に向いているが、マインドコントロールでそうなっている可能性も否定は出来ない。しかし、軽度の歌のリピート送信とキーンという音、声による内面への干渉は途切れず、記憶障害と時間感覚の喪失、感情の抑制などが弱いレベルで継続している。基本的にぼうっとした感じで眠っているかのような無感情のような状態だが、その状態でも浅ければ考える事が出来るので仕事をしている。更に、筋肉が部分的に硬くなっているようで動くのに支障を来たしている。時たま腕の筋肉がぴくぴくと痙攣する。また、何かの事柄が突然に強く気になってしまい整理整頓ではないが、ちきんと気の済むようにしたいという欲求が浮かんでくる。

18:32
仕事が終わった所だが、簡単な数量の合計を始めると急に記憶障害のようになり暗算が出来なくなる。これは、A4の紙に30行程度の枠があり、4種類の製品名と数量が印刷してある。その中から同じ製品名の物を探し出し数量を合計をするのだが、作業を始めると何処に同じ製品があったか判らなくなったり、暗算が出来なくなるのでボールペンで印を付けながらやる。それでも見落としが出たり計算間違えが出る。電卓を使っても打ち間違えが出たりする。こう言った脳の操作をされるので考える事が出来ない攻撃だと言っている。

軽度の被害であってもかなりの障害である。

それらは脳の記憶への攻撃だけでなく、見た感じに違和感が発生するので視覚にも何かをされていると思う。日記の更新を始めると心拍数が上がり、慌しい気持ちになり、胸が圧迫されたように呼吸が苦しくなる。

9日1:47
テレビを見ていたので遅くなってしまった。軽度の被害なのでテレビを見ることが出来たが、音声送信で執拗に妨害をしてくる。しかし、どうしても音声送信の世界に脳神経が引き込まれてしまう瞬間があり、それは何か脳への信号を送られているのだと思う。ナショナル・ジオ・グラフィックとか言うCS放送の番組でたまたまCIAのマインドコントロールについてやっていた。人間に薬物を投与したり電気ショックを与える実験などだが、結果は上手く行かないのでやめたらしい。しかし、電気的なマインドコントロールというか遠隔操作については、その後の実験ではないかと思う。

夜は楽器の練習をしたが、スタジオに行くまでの間は音声送信の世界に引き込まれる脳への攻撃が強く強制的に会話をさせられてしまった。車のラジオの音は聞こえているのだが、そちらに神経が行かなくなる。練習中の妨害はそれほど酷くは無かった。

また、様々なハイテクが使われているアメリカのテレビドラマの「フリンジ」というのを少し見たが、遠隔操作被害と関係しているような部分もあり面白かった。やはり同系列の番組で確か「ドールハウス」というのがあるようだが、それも遠隔操作被害を思わせるような内容らしい。

細かい被害は多いが、どうも今ひとつ気分が出ない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる