電磁波テロを撲滅するには

電磁波犯罪と言われている人間の遠隔操作は強力なマインドコントロールが可能であり、しかも、それぞれ加害の方法が異なったり、加害に対する受け止め方が違う。従って、大勢の被害者が全員同じ事を考えそれに向かって団結することは難しい。それをさせないように巧みに工作をしてくるのが加害者であり良く知られている事実だ。だから撲滅のための認知・広報活動は被害者が個人的に被害と同じくらいに執拗行うのが望ましい。何度でも被害を受けている限り。

しかも、それを実行するにはどんな攻撃や脅迫、マインドコントロールにも絶対に曲げられないと言う強い意思が必要である。人間の精神状態のみならず考えを変えてしまう事が出来るので広報すると決めたら考えを変えられてしまってもそれを貫かなければ遠隔支配の無口な奴隷のままにされてしまうだろう。

被害者必見です。コメントにより始めて知りました。

拡散希望です!!

こう言ったものに参加する個人的な強い意志が必要となります。


被害日記

4:05
就寝後2時間で強制的に起される。
今回は体が熱くてたまらなくなる攻撃をされていて、実は昨夜、部屋に戻った時に最初に受けた印象が「部屋に熱がこもっている」だった。その後に腹だけを手のひらくらいの大きさで熱くされたり、背中を熱くされたりした。勿論、目が覚めた後は強いノイズの送信や、眩暈、記憶障害、頭痛、足腰の筋肉の痛み攻撃をされ、全身の筋肉に力が入らない状態にされている。それにしてもここまでやられると本当に殺されてしまうのではないか、再起不能になるまで脳を攻撃されるのではないかと思う。

人間の遠隔操作

殺意ある人権侵害は確実に行われているテロだ

徹底的に攻め抜いて犯罪が行われていると言わせない

その他、電気製品の遠隔操作も可能であり被害報告は多い。

10:57
その後は何とか眠れたようだか、4時に起された時の記憶はほとんど無い。強烈な脳への攻撃をされていたのだけは覚えている。朝は9時半に起されたが余りにも眠いので、そのまま眠ってしまいたいと思ったのだか、右足(腰、太もも、ふくらはぎ、足首)の痛みの他に、右肩の肩甲骨の辺りを中心とした痛みがあり、声の送信も煩いので仕方なく起床をすることにした。筋肉の痛みは筋肉が硬直するような、肉離れを起しているような、内部からくるような痛みだが、何もしなくても常に痛く、足が持ち上がらない状態で、しかし、力を入れれば動くのだが今までと同じ感覚では(無意識の状態)ではまともに動かないので3センチ程度の段差でも足をぶつけてしまう。更に、常時そう言った状態ではなく普通に動く時もあるので、遠隔操作のスイッチを入れた時だけ足が動かなくなり、そのタイミングは本人でさえも気にしていない時を狙って行って来る。

右肩の痛みは今はないが、脳への攻撃が続いている。その為に記憶を消されてしまったり、集中力が低下したり、キーボードのタイプミスが起きたり、文字を読み間違えしたり、文章の言葉が思いつかなくなったりしている。それらも弱いレベルでは四六時中行われているが、加害であると強く確信できるレベルの攻撃は長くは続かずに、実に巧妙に行っている。

コーヒーの味も甘みを感じなかったり、突然に牛乳の匂いがしたりする。今日で休みが最後となるのでゆっくり過ごしたいが、キーンという音が煩かったり、体が痛いので不快にされている。

22:28
5/1の午後に家を出て、5/2は被害に関して三重県に行き、5/3と5/4は音楽の仲間と休日を過ごし、今日5/5は子供を連れてオートバイで海までドライブをした。忙しい、時間の区切られた中で激しい睡眠妨害と脳への攻撃、身体攻撃、途切れる事のない精神への介入被害などを強要されながら過ごし、明日から仕事が始まる。

やっと独りになって3時間余りが過ぎた。少しゆっくりと気持ちの整理をしていると呼吸に合わせて声の送信をされるので結局、声に出さない呟きをしていた。「早く日記を書け、読者が待っているぞ」なんて声の送信で催促もされた。

色々な被害を受け、独りで内面だけで激怒すること数度、しかし、激しい不快感や意識障害などの強い被害が延々と続くような事が無かったので助かった。こんな状況下でも被害が激しくなければ楽しむ事が出来る。

思うこと、被害報告など沢山あったのだが、まずは「時間との戦い」というのもあるので細かくは書かないが、ここ数日の被害は、はっきりと被害と判るようなやり方では長時間行われずに、細かく刻んで行う傾向があった。

たとえば、ゴルフでティーショットを打つ瞬間に「失敗しろ」なんて声の送信をしたり、パターでテイクバックに入った時に眩暈がしたりなどである。今日はオートバイで海に行ったのだが、到着すると異常に寒くて冬のような感じがして気持ちも冷えてしまった。そして、お土産に干物を買って帰ったのだが、それを焼いて食べていると家族が「塩味が強いね」と言ったが私には全く塩味が感じなく変だと思ったとたんに塩味を感じたり、それと同時に干物の生臭いにおいを感じたりした。しかし、その程度の被害でも本当は「有ってはならない」のだが強烈な脳への攻撃(眩暈・記憶障害)や精神状態のコントロールによる不快感から比べれば楽なので日常的にやられていても無視をしている。

また、止むことのない歌のリピート送信や得体の知れない耳へのノイズ送信も大変な苦痛となっている。などと書き出すと止まらなくなるのでこのくらいにする。現在も被害は継続しているが、軽度であり心も落ち着いていて「やれやれ」と言ったところだ。

早く被害がなくなり人生に夢中になりたいと思う。

6日1:43
耳に送信されるノイズにはキーンだけではなく低い音や不快な音があるようだ。ある音だけを強く聞かせる事ができるのなら、ある音を聞こえなくする事も出来るのではないか。

風呂に入ったら歌のリピート送信を開始された。先ほどは右の足の筋肉が引きつるように痛くなり、どのような姿勢にしてもその嫌な鈍い痛みから逃れられないので苛々してヒステリーを起しそうになった。そんな時には精神状態の操作も行われているようにも感じる。しかし、それが止まると嘘のように「やり場のない怒り」が消えてしまう。

寝る。

COMMENTS

No title

>再起不能になるまで脳を攻撃されるのではないかと思う。

私も10年近く被害を受け続けてますが、本当にそんな感じになります。

意識の核の部分と言うか、自我の核の部分に違和感を感じ始め、明らかに以前の自分が空洞化し始めます。そのことに気づいても、自分ではどうしようもありません。組織は「改造」とか「人の作品」とか言っています。

まるで一度「ゆでたまご」になった卵が、二度と「生卵」に戻らないような恐怖を感じます。気休めにしか聞こえないかもしれませんが、気を付けてください。人としての気概やメンタル、ポテンシャルなどが書き変わり、信じられないくらい抵抗できなくなってゆきます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる