記憶違いによる二重人格

4:42
「マインドコントロールの拡張」という本にスパイというか工作員のような者を作るのに普段は何も覚えていないが、あるキーワードで記憶が蘇り行動をしてすぐに忘れて忘れてしまう。のような催眠のような技術の研究。

4時半に睡眠妨害により突然に覚醒させられ、声の送信で、過去に聞かされた声の主と現在送信している声の主が同じであるが少し声色を変えているのだと言わんばかりに喋りで遊んでいた。

うとうとしながら考えていた。これから起きて日記を書くかどうか、タイトルはどうするか。そんな時に突然、頭に浮かんだのが、普段、音楽の練習をしているが、筋肉の操作で使えなくされている筋肉があり、その条件下でいくら練習をしても筋肉の操作を元に戻されたら、今までの練習が水の泡になってしまうのではないか。これは常に気にしている事柄だ。

その次に考えたのが、脳に電磁波で何かの操作をされている時に記憶した内容は、その操作をやめた時には思い出せなくなるのではないか。

そして、その次に考えたのが「マインドコントロールの拡張」という本の完璧なスパイを作るための研究である。これらは声の送信の合間を縫って瞬時に関連付けられた。

そこで思った。私は常時、自由に物を考えることが出来なくされていて、『それは思考能力が極度に低下させられる場合と発想の範囲が極めて狭くなり貧困な発想しか出来ない状態と声の送信や思考の誘導による妨害をされる場合だ。』しかしながら、先ほど上記のような発想がスムーズに行えたことについて、私自信には気が付かないように何かの誘導があったのではないか、と言うことだ。『』で括った部分には編集画面の中で赤い波線のアンダーラインが勝手に引かれてしまい「その部分を削除しろ」なんて声の送信をされた。この赤の波線のアンダーラインを引かれてしまう現象は以前から良くある。今は考えることが自由に出来ない状態にされている。それは記憶を辿る妨害のような操作と記憶を関連付けることが出来ないような発想が貧困な状態だ。

さて、目覚めてから思いついた事柄は自分の発想なのだろうか。自分としては挿入されたものではないと感じている。もし、加害者によって挿入されたものであるなら、私達に使用されている装置はそう言った流れから開発された装置であると私に思い込ませようとしたのだろう。加害者は昨日から「アメリカ」という言葉に拘っているのも気になる。

私は、被害を受けてから物事を余り深く考えないようにしているし、悩んだりもしない。これは元々の性格なのかも知れない。

7:57
あれから再就寝したのは6時頃だったと思うが、今度はこの時間に咳をさせられて覚醒する。またもや驚くほど頭の悪い加害者の戯言を聞かされた。陰部を痒くさせて熟睡させない手口は3年以上も前から全く変わらない。

こんな残虐な拷問が長期に渡り続けられている。

これが日本国の現状だ。

11:36
目覚ましをセットしてあったので10時半に目が覚めた。
音声はボリュームが小さいが継続していて、逆にキーンという音が目立つ。眩暈と記憶障害、思考の挿入なども弱いが行われている。目覚めた時には腰に疲労感があったが、今はない。その代わりに持病のようになってしまった右ふとももの筋肉が痛い。

17日1:43
遅くなってしまった。
被害は軽度になっているが音声送信を中心とした被害は全く途切れない。仕事中も声による干渉をされたり、時折苛々させられたりしたが仕事を優先させた。頭を使う仕事ではなく、物を作る仕事だったのでそれほど影響が無かったのかも知れない。

夜は楽器の練習をしたが、露骨に被害とわかるような攻撃が減っている。最初は倦怠感が強くやる気がしなかったが根性で頑張る。声の送信では「望みをかなえてやろう、ブログを削除すれば、装置を外してやる」と何回か言われた。途中で一度だけ強烈に苛々して暴れ出したくなるような脳波を送られた。

露骨に被害とわからないような攻撃とは、実際に使っている筋肉の疲労感や痛み、何となく気分が乗らない、などで自然現象に近い形で行われる被害のことだ。そう言った形の被害は被害経験の長い被害者でも騙されてしまう。

それと言葉での説明の難しい被害があり、妨害を受けていない時の脳神経回路は非常にクリアーであり、天気で言えば快晴であるが、突然、分厚い雲に覆われたように思考が不鮮明になり、記憶を辿るとか意思決定が出来かねなくなる時があり、それを微弱にやられたりすると被害と気が付かないだろう。

そもそも、この被害は露骨にやられ、加害者が自分達の存在を無理やり知らせるから気が付くものであり、微弱にやられていると言うのでは何とも言い難い。しかも、最初に被害を受けてから20年以上経っているので、その間に顕著な被害がなかったとしてもずっと影響下にあったとしたらそれこそ大変な問題だ。

しかし、酷いことをするものである。

寝る。

COMMENTS

はじめまして

ここの音声送信加害者も頭の悪そうなやっちゃなーww
自分達の正体わからんからイキガリまくりかww
見えないところからみんなで石投げて満足する快感が止められないってかwwww

加害者は被害者に罪悪感を募らせます
『生きててスイマセン』という罪悪感
それは逆に、コイツらのありのままの姿なんですよ
イジメをする奴は自分がイジメられてるからなんです
幸せ者がイジメをしますか?
いいえ、しません

コイツら加害者は、他人をイジメてないと自分が惨めで惨めで仕方ないんです
笑えると思いませんか?
加害者がどんな人間なのか、被害下にあるとなかなか見えてきませんが、部落解放同盟のような被害者意識の塊のチンピラでしょう
チンピラは何故大きく出るのか惨めだからです
惨めだから他人と同じじゃダメなんです

ソイツらの惨めさに頭を巡らすと怒号が飛ぶんでしょうが、上手く見下し続ければ声は遠のいていきますよ
本来なら鼻で笑われて無視されるべきカスが、機械の力でイキがってるだけ
社会に出てもどこへ行っても通用しない本物の社会不適合のカスなんです

さ、さ、怒号を怒号と知り尽くして、無視無視

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる