堂々と行われている破壊活動

それは電磁波による人間の遠隔操作犯罪であるが、脳内音声・思考盗聴と言った目に見えない武器であるので堂々と攻撃を続けていても誰にも見られることはない。

これは通常の生活をしている大多数の人には関係がないと思われてしまい、更に目に見える証拠などの実態がないので、個人に対しては最悪の破壊活動であるにも関わらず認知されにくい。数十年も前から人間の脳に干渉して来ているなんて誰が信じられるだろうか。それを逆手に殺意を隠さずに攻撃をし続けている。24時間途切れる事無く苦痛と屈辱を受けさせる為だけに電磁波による攻撃をしていると言うのは本当だ。しかも、組織的・計画的に行われている。

我々も恐らく自分が被害に遭わなければ気が付くことも無く知りたくもない世界である。だから被害者が訴え続けて表沙汰にしなければ、この犯罪を止めさせることは出来ない。


被害日記

昨夜もそれほどの睡眠妨害 は無くすぐに眠ってしまった。しかし、それは人工的な睡眠という気がしてならない。テクノロジーで眠らせて、テクノロジーで覚醒させる。眠りの深さなども自在にコントロールで出来るようで、夜中に何度か目が覚めたが時計を見るには至らずにすぐに眠ってしまった。

今日は電磁波被害に関係したシンポジウムがあるので出掛けるため、目覚ましを9時にセットしたが6時半に目が覚め、疲れも無くすっきりしている。声の送信では嘘と判るが悪質ではない言葉を聞かせていた。しかし、その時間に起きる理由がないので再就寝したが、頭痛や後頭部の違和感を起こされたりして中々寝れなくて困った。

9時過ぎに目覚ましで目が覚めると「ざまあみろ」の連続を声の送信で聞かせられる。どんなことでも「ざまあみろ」になってしまう加害者の心理は相当無理があり卑屈である。

起床後も頭痛が続いていて、強い眩暈と思考能力の低下(寝ぼけているのとは全く違う)がして大変だった。オマケに肝臓の周囲や右肩、腰の筋肉を痛くされている。当然、脳への攻撃やキーンというノイズも行われている。

最近は痒みも実際に湿疹が出来ている所を狙って起こさせているので、被害者であっても自然と作為の区別が付きにくくなっている。

23:31
今日は弁護士会館で行われた「身の回りの電磁波とその問題」と言うシンポジウムに行った。その後は被害者有志の飲食会だったが相次ぐキャンセルの為に5人ほどの集まりとなった。

明日も用事があるので都内のホテルに宿泊し日記の更新をしている。

所でシンポジウムの内容となる電磁波過敏症の方であるが想像以上に人数が多く被害実態は顕著であるようだ。その為か見方になる医師や学者も多く勢力も強いように思えた。それは勿論、テクノロジー犯罪被害と比較しての話ではあるが。

シンポジウムの具体的内容については日弁連に問い合わせれば当日の資料を頂けるかも知れない。かなり有益な詳細な資料だと思う。

休憩中に電磁波過敏症の方と少し話をしたが、とにかく不快なのでデモをして歩きたいくらいだと言っていた。しかし、テクノロジー犯罪に関しては何も知らないようだった。

中々難しい問題もあるようだが、電磁波が人間の精神や肉体に影響を及ぼすと言う事だけでもクローズアップされて欲しいと思った。

被害の方は過激ではなかったが途切れることなく、思考能力の低下や記憶障害などもあり、日記の更新を始めるとお腹に空気が溜まり、首の後ろに違和感が発生し不快にされている。また、日記を書くことにより攻撃が強くなるのではと言った不安がある。そう言った声による脅迫も受けている。

24:41
また声による脅迫が始まった。遠隔から特定の人間の脳を攻撃する犯罪のクローズアップが待たれる。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる