頭部インターナルボイス

サブリミナルの脳内音声はボリュームが非常に小さく文字を読んだりしている時の呟き程度である。しかも本来思考は無音であり言語ではないのに常に自分の思考のように脳内音声を送信されているとそれが自分の頭中の呟きと錯覚してしまう。それが四六時中続けられていると思考の妨害となるだけではなくマインドコントロールに掛けられてしまったりする。脳内音声送信機はそれだけでも非常に危険なものであるが、それに精神の操作などと言うものが付加されるともっと大変なことになる。

精神の操作には種類があるが、考えることを誘発させるために頭の中に「気になる事を作り出す」という事が可能と思われる。脳内にある様々な事柄の中から選択的に任意の事柄を想起させられてしまう被害はないだろうか。


被害日記

10:03
昨夜は就寝時にそれほどの睡眠妨害はなかっと思うが不快な気分での就寝となっている。まだ暗い5時過ぎに突然目が覚めたが全然眠くない。トイレに言ってきてから再就寝するまでに少し時間が掛かった。次は9時頃で、一度目が覚め時計を見る。すぐに眠ってしまい、また目が覚めると加害者が「そんなに時間は経っていないぞ」と声で聞かせる。随分と時間が経ったように感じたが10分ほどしか経っていなかった。そしてすぐに眠ってしまい9時半に起床した。

歌のリピート送信とキーンという音、不快な声の送信、脳への攻撃が少なくとも目覚めた時から行われている。そして、頭部右側に直径2センチほどの軽い圧迫感と共に会社のことが心配になる。この体感付きの脳の操作、誰でも加害と判るやり方をしている。もしくは大げさにやることによって被害者が想起し易くなるのだろうか。

この人間の遠隔操作、大変な人権侵害となっている。

13:55
歌のリピート送信が執拗に行われているので、脳への攻撃(記憶操作)と相まって著しい思考の妨害を受けている。仕事で人と話している時に心拍数が上がり過呼吸のようになり苛々して人の話を聞いていられなくされる。更に自分が喋るとその声が耳に響き「喋れば、喋るほど苛々する」のような状態にされる。記憶障害が強く、昨日決めていた今日やるべき仕事の内容が思い出せなくなっているので思い出そうとすると、苛々するヒステリーのような信号を送りつけながら「病院へいくべき」と加害者が追い討ちを掛ける。

3年以上の間、仕事の妨害をされ続けていて、その損害は大きい。勿論、引越しを余儀なくさせられた損害、子供に対する損害など償いきれない罪の重さである。加害者はよほど社会に恨みを持っているのだろう。

しかし、これは絶対に許されない人権侵害であり、少しずつ社会が反応を示している。

23:13
被害は途切れる事無く続けられているが、強烈な被害は無かったように思う。しかし、先ほど時間が余ったので仕事の時間計算をしている時に最後になって急に強い眩暈と記憶障害が起こり、全く暗算が出来なくなり、時間間隔も喪失した。その不快感と込み上げて来るやり場の無い怒りは大変なものがある。

異次元の世界に引きずり込まれるような感じになるが、とにかく脳への強い攻撃である。

23:57
その後、風呂に入ると執拗な声の送信と記憶障害を起こされる。声の送信と歌のリピート送信は完全に思考をさせないようにして、最後は破滅的な思考させるために行われている。しかし、この被害を受けていると複雑な事は考えないようにするし、何かを深く追求することも無くなる。それは「考えることをさせない犯罪」だから無理に考えることはしないで、逆に加害者が次に何を言うかを観察させて貰っている。

「便所の落書き以下」の無責任デタラメの声の送信の垂れ流しには何の脈絡もなく汚らしい言葉を吐き捨てているだけである。しかし、脳への攻撃を含めた人間の遠隔操作装置の力を借りると被害者を最悪の状況に追い込むことが出来るので加害者は「神にさからうな」などと偉そうな言葉を言う。

殺意のある人権侵害

殺意のある武器による攻撃

目に見えない電磁波による攻撃

今も強い記憶障害を起こされ声の送信は引っ切り無しだ。
この不快感はとても言葉では説明できない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる