集団ストーカー被害

集団ストーカーとは文字通り、集団で付き纏われている感じの被害であり、常時であったり時々であったり、外出時であったり、室内に居る時も外が変だったりする被害だ。その形態は様々だが著しいのは人口密集地帯のようである。それはさりげなかったり、嫌でもそれと判るような行為が行われたりする。家宅侵入や物に対するいたずらなどの実害と言えるものから、気のせいだと言われてしまうようなものまである。

私は特に酷いストーカー被害には遭っていないが、過去に置いては「集団ストーカー」という言葉を知らなかったが正にそのような被害を受けていた時があった。ブログ「バッカス&ミューズ」の作者も過去にそのような被害に遭っていたようで昨日の被害日誌に記されていた。それらには電磁波による精神の操作などが関係していると個人的には思っている。

バッカス&ミューズ

そのようなブログには記されていない被害経歴などが5月中旬頃に発売される「被害者33人の被害報告書籍」に記されている。600ページにもなるらしい。発売が待ち遠しい。


被害日記

4:18
就寝時はそれほどの睡眠妨害はなかったが加害者は一通り自分達の言いたい事を全部言っていたようだ。知らない内に寝てしまったが2時間と少し経った4時前に目が覚める。やはり身体が熱い感じで心臓が苦しく再就寝が出来ないので日記の更新をすることにした。

音声送信のためか音が煩く感じる時があるが、実際にはどうなのだろうか。現実の音と脳内音声との関係である。例えば、ある周波数のノイズを送信されていると、現実の中にその周波数の音が発生している場合には、送信された音と現実にある音が足し算されて大きく聞こえるとか、逆に聞こえなくなってしまうとか、そのような現象があるのだろうか。

音の存在は確認できないが感覚として「煩くて声を出すのも嫌だ」という被害や、ノイズのせいで周囲の音がよく聞こえなくなったり、耳に何かをされて鼓膜が詰まったような感じになることもある。

ここに書くと「それと同じ被害を受けさせてやるぜ」と脅迫をされた。

10:55
その後、再就寝したが恐らく7時頃に目が覚めたような気がするが目を開けることなく眠ってしまった。次に目が覚めたのは10時前であったが声の送信で「睡眠は量より質」などとほざかれ、確かに疲労感というか全然寝た気がしない不快な目覚めであった。そう言った感覚(体感も含めて)テクノロジーで発生させることが出来ると思っている。ボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による干渉は目覚めると聞こえている。口数は少ない。

起床すると右半身の筋肉が筋肉痛のように痛くなり、右の耳にキーンというノイズが送信され眩暈と記憶障害が始まる。起床時の状況から一点するので気分は最悪になる。毎日こんな状況であるが慣れることは全く無く、本来の自分を知っているし何をするにも妨害をされ自然な感覚でいられなくされるので何もする気がしなくなる。

22:05
午後は天気が良かったので子供を連れて食事に行き、その後はパターゴルフをした。被害は軽度で声の送信も悪質ではなかったのでそれなりに楽しめた。しかし、突然に眩暈がしたり、左右の目が逆転してしまったような被害を受けたりした。「子供にも被害を受けさせてやる」という脅迫はかなり多い。

夜は楽器の練習に行った。それほど酷い妨害は無かったが声による干渉や音が煩く聞こえる攻撃などをされた。被害が弱いと(眩暈を伴う思考能力の低下が無いと)、声の送信に対して強い怒りが涌いて来るので徹底的にそれを排除したくなる。その時に24時間の被害の初期に暴れたり大声を出した事を思い出した。思考の抑制をされていなければ心の中に汚れた土足で入り込んで来る者がいれば、それはただ事ではなく、人間の自然な反応としてそうなると思った。

夕食後の21時頃には被害が強くなり頭痛と右耳への強力な不快感を起こされる。そうなると加害者の排除を諦めざるを得ないので勝手にやらせて我慢をするしかなくなる。

「それ以上広報をするな」
「お前、逮捕されるぞ」

なんて声の送信が多い。

右側頭部、右顎、右耳の中、右腰が痛く、右耳と右目が不調になっている。遠隔拉致、拷問洗脳と言ったところか。

23:03
たとえば椅子に座った状態で足を上げようとする。その時に左足は簡単に上がるが、右足を持ち上げるのに苦労をする。その筋肉が動かないようにされているのかも知れない。また、何もしなくてもその筋肉が引きつるように痛くなっていてほぼ日常化している。かなの長い期間の被害なので筋肉が変わってしまい骨が歪んでしまう可能性も考えられる。勿論、脳への強い攻撃も途切れる事無く続けられていれば脳が変わってしまうかも知れない。

音楽を聞いていると声の送信を強くされた時には必ず「音楽が聞こえなくなる」現象があり、これはそれほど長い時間ではなく、一瞬から一秒くらいだ。眩暈というか意識を失うというか神経を強制的に脳内音声の方に持って行かれてしまう。

攻撃からは絶対に逃れることが出来ない恐ろしさである。

4日2:29
やや被害は軽度になったが音声送信や頭痛、肩痛はしている。
被害者の方と電話をしていたので遅くなってしまった。

先週に演奏した音楽を聞いていたら良い感じのがあったのでメンバーズサイトに1曲だけアップした。しかし、被害を受けながらの演奏は大変なものがある。本当はライブハウスに演奏しに来ないかと誘われているのだが、一瞬でも攻撃をされるとまともな演奏が出来ないので断念している。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる