電磁波犯罪は破壊活動、テロです

電磁波を武器として人間の精神や肉体に著しい影響を及ぼす悪意を持った出力、これが電磁波犯罪と言われ主に特定個人を執拗に攻撃する。その被害内容は多岐に渡るので人間の遠隔操作犯罪とも言われている。また、脳機能を操作することが出来るので強力なマインドコントロールが可能で苦痛と屈辱を受けさせながら差別意識を植え付けて来る。

テロと言うと大規模な爆発や犯行声明などが伴い、明確な暴力行為が印象に残るが、電磁波犯罪は強力に隠蔽され続け被害者が全国で悲鳴を上げているにも関わらず無視されている。

この脳を遠隔から目に見えない媒体で操るというテクノロジーは遠隔拉致のようなもので被害者は何かを考えただけでもその瞬間に加害者によって攻撃をされたりするので身動きが取れない。

また、電磁波犯罪は病気を作り出す犯罪とも言われていて、様々な病気の症状を正確に再現することが行われている。生体実験の要素も含まれていて、実際には世界的に被害者が存在している。

これを無視している国家は変だと思う。


被害日記

8:57
昨夜はそれほどの睡眠妨害には遭わなかったが、朝7時少し前に目が覚める。目覚めるとすでに歌のリピート送信をされていて、声の送信では執拗に命令と脅迫を繰り返し私の行動に制限を加えようとしている。それには脳の操作が併用され、声の主が喋った内容が「もっともだ」と感じる脳波か何かを送りつけられ大変迷惑をしている。何故か身体が熱くて不自然な目覚めだったが、強い頭痛がしていた。

起床後は眩暈と記憶障害と脳の中にくもの巣でも張ったかのように、ワープロの網掛けのようになり思考の著しい妨害をされている。

では、なぜ強力なマインドコントロールに掛けられないのかというと加害者がやらないだけであり、また、完全に自己意識をなくしてしまうマインドコントロールは出来ないのかも知れない。だからほとんどの場合は単発で行っていて「またやっている」、「またやられた」程度であり、生活妨害をメインに行っている。

これが、本人の自己意識の願望に沿った形で行われれば苦痛にならないので完全に騙されてしまうだろう。また、強烈に暴力的なマインドコントロールと苦痛を延々とやられたら想像を絶する世界へ突入すると思われる。

11:18
仕事をしているが歌のリピート送信を延々と続けられ、声の送信では嘘の連発をして社内に敵を作らせることを盛んにしている。それは現実には有り得ないことなので全く相手にする必要はないが、これはマインドコントロールとして途切れることなく声を聞かせ被害者を「嘘で固めたバーチャル空間」に囲い込んでしまう手法である。脳への強い攻撃は思考能力を落とし、精神状態も悪くさせるので周囲の人は「変だと」思う可能性もあり、毎日の事ではあるが大変な迷惑であり、小規模なテロである。

そして被害報告をすると強烈な目眩と思考異常を起こされる。

これだから被害者は口封じをされてしまう訳だ。

12:34
午前中は測定器のトラブルを直すために時間を潰してしまったが、その再に職場では強力な孤立感があり、誰かが笑うと自分が笑われているような気持ちになり、声の送信も執拗にそう思わせるように仕向けていた。この「笑い声」に対する過剰な反応は不思議なくらい定着してしまい、何処で誰が笑っても自分に関係していると思ってしまうほどだ。

現実に、「笑われる」、「バカにされる」可能性のあるような事柄は日常茶飯事であり、脳に攻撃をされていなければ心身にエネルギーがあるので全く気にはしない。「関係妄想」とかいう言葉をたまに聞くが、それを作り出しているのが電磁波犯罪だと自分の体験から強く思える。

そして昼休みにブログ閲覧していると、先ほどの社内での苦労が何度も記憶の中で蘇り、あたかも自分で思い出したかのように見せかけている。そう言った思考の挿入を執拗に行われるので読解力も極度に低下する。

「ひな祭り」

歌のリピート送信はまだ続いている。

また、パソコン通信異常も頻発しているのでブログなどにログイン出来ないことが多い。

16:41
歌のリピート送信は「ひな祭り」を延々と10時間近くに渡り行われている。そして脳への強い攻撃も延々なので、目眩と後頭部への違和感が酷く、考える事が出来ない、非常に不快であり苛々する、などが延々と続いている。

リアルタイム監視については説明するまでもないが、何か人前でやろうとしたり重要な場面になると狙い済ましたように急に脳が締め付けられるような感じになり強い目眩が起きる。それにしても、この被害を周囲の人に「今、正にやられているんだよ」と言っても目に見えない攻撃のために理解はされない。

今日は左半身の筋肉を攻撃され、引きつるような痛みと疲労感があり、舌が口の中で左に寄ってしまい無理やり舌を噛まされ痛くて困っている。

また、痰が絡んだり、咳をさせられたりするので「対人関係を悪化させる」という被害も起きている。

被害内容は他の被害者と共通していると思うが、少し過激だと思う。声の送信では「謝れ、お前のブログで迷惑している」、「参ったと言え、そうすれば許してやる」などとほざいている。

18:16
被害は途切れることなく延々と続いている。
頭部圧迫感が強く、血圧が上昇したような感じもする。左半身への攻撃は肩と首、腕の筋肉に引きつるような痛みがあり歯痛も起こされている。

また、「うつ病」ではないが気分が優れなく、仕事で他人と話をしていても上手く話しが出来なくなり大変なストレスとなっている。これでは精神病だと思われてしまうのが良く分かる。

また、過去の被害によって起きた出来事をまるで自分から思い出したトラウマのように強い不快感と共に脳内に送りつけてくる事を何度もされた。

武器による暴力で口封じをするテロである。

21:32
被害はまだ続いている。
楽器の練習をしていたが「顔の表情を作る」被害に遭い、目が虚ろでまるで「うつ病」のように見える。脳への強い攻撃のために最悪の気分にされ、誰と話をしても気後れしてしまい逃げるようになってしまう。当然、これだけの攻撃をされていればすべての事柄で現実に他人より劣ってしまうので(実力を発揮できない)、人前で自信のある言動が取れない。

結局、今日の被害は、嫌で、嫌でたまらなくなる「強烈な嫌悪感」が中心となっていたようだ。この精神侵略型の攻撃は人間の感覚を狂わせ「精神病を作り出す」犯罪であることに確信を持てた。

それと同時にこの極悪犯罪は絶対に表に出すべきだと思っている。

それは被害者各々が協力しなければ出来ないことで1人で頑張っても脳への攻撃の前には無力であり、抵抗する間もなく、その苦痛に耐え切れずに発狂させられてしまうだろう。

殺人以上の犯罪と言われるのは当たり前である。

3日1:02
やや、昼間のような攻撃はなくなったが決して楽ではない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる