不謹慎な話

テクノロジーによる人間の遠隔操作をこのまま続け被害者が増え続ければ、最後には病気(作られた)の人が多くなる。それでも政府が無視をするのであるならば、皆で就業困難ということで生活保護を受けたらどうだろう。国民の100人に一人が統合失調症と言われる時代である。そうなると政府が支払う生活保護やその他の損失よりも、この犯罪を摘発・撲滅に追い込むための費用の方が安く付くと判定した時に事態に変化が起きないだろうか。

非現実的かつ不謹慎な話ではあるが世の中とはそなんものではないかと思ったりもする。とにかく被害者の立場は弱すぎる。


被害日記

9:08
昨夜は就寝時に眠りに入る瞬間に「テクノロジーにより頭を引っ叩かれ」覚醒させられた。誰も居ないのに音まで聞こえて頭を叩かれ、心臓がドキッとする。その後加害者がまじめな感じで何か話していた。内容は「日記をやめろ」、「広報をやめろ」と言った感じだったと思う。

それならば「犯罪をやめるべきだ」と言った。

その後は知らない内に眠ってしまい途中に起こされた記憶があるが、今すでに眩暈と記憶障害を起こされているので思い出せない。朝は8時20分位に目が覚めたのでそのまま起床とした。しかし、起きる前に「もう、やめる」、「もとに戻してあげる」、「さあ、どうだそれでも日記を書くか」なんて声の送信で盛んに言っていた。

しかし、横になっていても肩などが痛く、足の筋肉が引きつったり、不自然な眠気や疲労感があるので「被害があるかぎり日記は書く」と加害者に伝えた。それよりも何よりも歌のリピート送信が聞こえ、声の送信と共に呟かされている。そして、キーンというノイズが右の耳を中心に聞こえ、頭の右半分に違和感がある。確かに脳への攻撃は弱いと思ったが確実に被害を受けているのだから被害日記は続ける。

今はかなり強く脳への攻撃をされている。体も痛い。耳も鼓膜が詰まったようにされている。

従って、被害を終わらせるようなフリをして「自分が悪いから被害を受ける」、「日記を書いているから被害を受ける」のように話を逆転させようとしたのではないかと思った。

17:58
午後2時位までは歌のリピート送信が激しく大変で、仕事の話をしていても喉が詰まって声がガラガラになったり痰が絡んだりするので、余りにも酷い被害を口にするとすぐに歌のリピート送信が止まった。その後は来客があったが声による干渉は途切れず行われ、話をしている最中に何か挙動不審になる脳の操作を受け上手く話が出来なくされた。

その後は左半身の筋肉が痛くて顔が歪んでしまうほどだ。それと同時に表現するのが非常に難しい頭部圧迫感のような不快感を受けている。また、脳への攻撃も全く途切れないのですぐに忘れてしまったり、集中力が出なかったり、深く物を考える事が出来なくされているので仕事で苦労をする。

日記を書き出すとボリュームは小さいながらも歌のリピート送信が始まり「日記を書くと被害が酷くなるぞ」のような強い不安感と圧力を感じる。

23:32
夜は楽器の練習をしに行った。
一時から比べると被害は軽くなっているが、脳への攻撃と筋肉を痛くするなどが行われ、声の送信による干渉も途切れないので自由な環境とは程遠い。たまに加害者が命令を出してそれに逆らうと耳を煩くされたりする。

帰宅してからも歌のリピート送信や声の送信、痒み、痛みなどが途切れる事無く続いているが、同じ音声送信でも脳への強い攻撃や「苦しい」という被害がないと楽である。

ここ数日、歯が沁みるように痛くなるが、最初は上の歯だったのが下の歯になっている。勿論、奥歯が痛くなったり痛みが移動することもある。しかし、例えば歯医者に行けば虫歯だったりすることもある訳で、神経を敏感にさせて普通なら感じないような状態なのに痛みを感じてしまったり、何も痛くなる理由の無いところに痛みを作る、などを混ぜ合わせているのだと思う。

このところ、やや被害が軽くなっている時もあるのだが、何しろ、強烈な被害を受けている時の事が「脅威」、「脅迫」となっているので不安で仕方がない。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる