テクノロジーによる痛みと痒み攻撃

テクノロジーによる身体操作は数え切れないほどあり、その中でも痛みと痒みは多く確認されている。これらは自然現象に近くほとんど区別が付かないものから、明らかに不自然であり生まれてから一度も体験したことのないものまである。痛みで言えば針で刺すような痛み、痒みなら髪の毛でくすぐられるような不自然な痒みがある。また、耳の穴の中や鼻毛をくすぐられるような刺激も連続で行われると誰でも被害と判る。

自然現象と間違えやすいのが目の痒みや湿疹などの出来ている部分の痒みだ。痛みでは頭痛が多いが関節痛や胃痛、筋肉痛など何か悪いところがあって痛むのではないかと思ってしまうほどリアルである。それらは自分の今までの体験の中から被害であると判定する以外にない。

例えば頭痛持ちではないのに頻繁に頭痛がする。心当たりがないのに筋肉痛になる。移動する痒みや指先の痒みなど理由無くあちこちが痒くなる。など不自然なのは沢山ある。

病気の症状を正確に再現する犯罪とも言われているので、痛み・痒みも正確に再現される。これを四六時中やられたらそれだけでノイローゼにされてしまうだろう。また、「陰部が頻繁に痒い」なんて他人に言っても「病気」なのではないですか、なんて言われてしまうかも知れない。

それから、何かの神経を敏感にしたりすることが出来るようなので、それらを上手く組み合わせて加害を行っていると思われる。

これらも目に見えない武器による攻撃、電磁波テロと言うことになる。


被害日記

昨夜も就寝時に多少の妨害があったが知らない内に眠ってしまった。そして約5時間後のこの時間に何となく目が覚め、疲労感もなく気分も悪くなく、イメージとしてはたまには早起きしようかと思った。しかし、時計を見ていないが7時であると推測できた。それは再度寝るには都合の悪い時間であるからだ。しかし、加害者は声の送信で「7時半」と言っていた。時計を見ると7時であった。

その後、仕事のことで他人に「もっとしっかりしろ」文句を言っている人工夢のようなイメージを送信された。次に加害者から私に対して「もっと早く起きて仕事をしろ」とのメッセージを聞かされる。しかし、現実には3年間に渡る24時間の攻撃と睡眠妨害により生活はガタガタにされている。早く寝ても1時間ごとに覚醒させられたりしていた。

このように被害を受けさせていながら、被害を受けていない人と同じ事をさせようとする。相反する問題であり、精神的な苦痛として考え悩ませる。そのような攻撃も含まれている。

これからもう一度、意地でも寝る決心をすると「突然の来客で起こされるぞ」、「家族に被害が及ぶぞ」と加害者が脅迫する。音声送信のボリュームは小さいがキーンという音がしている。日記を書いていると次第に眩暈と脳の芯が痺れるような感じがしてくる。

10:56
その後は根性で寝たが10時に何となく目が覚める。すると東京電力か何かの検針の人か何かがドアの前まで来て、加害者が「ほら、起こしに来たよ」なんて声の送信をした。音声送信の音が小さいのでキーンという音が目立つが、周囲の自然の音は普段より良く聞こえているように思う。

そして起きて来ると急に脳への攻撃が始まり、眩暈と記憶障害、筋肉の痛みが発生する。声で脅迫や嫌味を聞かされていると異常に腹が立つので、暴れ出したくなるような脳波を微弱に送信されていると感じた。

そして目覚めてからの出来事を書こうとするがすでに思い出せない。加害者が思い出させてくれる時もある。

「近所中でお前の噂をしているぞ、子供が学校でいじめに遭うぞ、お父さんが病気だと言われているぞ」という声の送信が目立った。

とにかく執拗に攻め続ける加害者だ。

13:04
歌のリピート送信と声による執拗な干渉が続けられているので、声には出さないが無理やり呟かされている。視野を暗くされ視力を落とされ、記憶障害を起こされているので不機嫌であり、不快である。考えることも満足に出来ずにイライラとさせられている。

精神病を作り出す犯罪は殺人と同じであり

電磁波テロリストは被害者に遠隔より付きまとって離れない

殺意ある人権侵害はいずれ大きな社会問題となるだろう

18:12
最近は攻撃が悪質になっていると言う被害者の方からメールが来た。それでも頑張って仕事をしているらしい。私も仕事を含め「生きている」という事をすべて妨害され苦しみに変えられているので大変である。

今日は声の送信が「思考なぞり」、「予測的思考なぞり」が多くそれに加えて「呟きなぞり」をされ、更に「歌のリピート送信」が絶え間なく送信されるので煩わしい事この上ない。しかも目眩と記憶障害が行われ、身体を不自由にする攻撃まで行われている。

こんな状態であるので仕事をするのにも苦労をする。

被害報告をはじめると両方の耳が詰まった感じにされ、下唇をかまされてしまう。どうも無軌道な加害行為が目立っているようにも感じるが、こちらの勝手な推測をすると5月頃に発売される「被害報告書籍」に関係していて加害者も困っているのではないだろうか。

23:48
リラックスのためにサウナに行っていた。
脳への攻撃(眩暈と記憶障害など)は全く途切れず、声による干渉も途切れない。特に臭い被害が酷く便所のきつい臭いや糞尿の臭い、硫黄の臭いなど歩いていると頻繁に違う臭いがしていた。また、休んでいる時にストレッチなど体を動かそうとすると筋肉を異常に疲れさせ、満足に体が動かなかった。

風呂屋では比較的に被害が弱かったので今後の広報計画を考えていたが、帰宅直後に脳への攻撃と精神を興奮させる攻撃が激しくなり、「広報をするな」と罵声を連続で浴びせられた。そのように激しく攻撃をしながら「かわいそうに」と言う女の声を聞かせて落胆させる手口も頻繁に使われている。

パソコンを起動させようとスイッチを入れると2度ほどハングアップをしてしまったが、毎度のことである。

また、風呂屋では痒み攻撃が身のあちこちに行われ、その時に思った。無意識であれば痒ければ掻くのであるが、脳への攻撃のために「思考の抑制」、「行動の抑制」をされていて痒くても「また、やっている」と思うだけで掻くための行動が起きない。その為に、「普段気が付かないでやっている無意識の行動を意識してしまう」という被害が起きている。それは「無意識には絶対にさせない犯罪」であるので当然とも言える。

風呂から出た後は喉が渇いたので炭酸飲料を飲んだが、そんな時も少しでも油断をすると飲み違えを起こさせられ「ざまあみろ、肺に水を入れてやりてえなあ」なんて声の送信をされる。物を食べている時にも舌を間違って噛まされてしまう被害も毎回だ。

お腹に空気を溜められてゲップが出ない被害や飲み違えなどはそう言った体内にある筋肉を遠隔操作をされているのだと思う。喘息被害、咳被害はその部位を刺激、痙攣、締め付けなどを行っていると思う。

とにかく悪質かつ卑劣な攻撃が続いている。

これが野放しでは法律なんか全く役に立たない。

24:44
冷たい感じのする痒みというのは無いだろうか。

声の送信では「暴力団がお前を狙っているぞ」、「以前に住んでいた場所の人達がお前を訴えると言っているぞ」、「子供が殺されるぞ」などと執拗に脅迫をし、脳や身体への攻撃も全くやめようとしない。

寝る。

COMMENTS

No title

愛知県名古屋市昭和区に住む男です。自分も思考盗聴の被害者です。自分が住んでいる住宅の住民とか汚い連中がいます。私が住むところでの思考盗聴の犯罪者は犯罪行為という事を自覚していません。そのモラルがない犯行者の犯行で私は統合失調症を悪化して左腕の神経が震えたり、痛むことがあります。同じ被害者としてメディアには思考盗聴というのは盗聴として判断されていないです。嫌な生活を送るのが今の現状ですけど、自分は自分で思考盗聴の犯行者をできるだけ見つけネットで学校や施設などを書いています。実名で書くか書かないかで少しは違ってきます。お互いきつい世界ですけど無理ない程度に頑張りましょう。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる