脳の操作が人体実験だとすれば

ひたすら隠蔽され続けている人間の遠隔操作犯罪。被害者は多いのに誰も何もしない。この犯罪には人体実験のような要素が含まれているようにも感じる。たとえば、それこそ脳研究である。思考盗聴と言われる遠隔脳モニターなので考えた内容や、口にした言葉に嘘があるか無いかを調べるには脳のどの部分を使っているかなどを見れば「嘘発見器」の精度を上げることが出来るかも知れない。それは、利益にならないのに、これほどの装置を使い24時間体勢での破壊活動などあり得ないと思うからだ。

それともまさか被害者が「こんな装置がある」と言うだけで別の種類のスパイなどが恐れをなして工作活動が出来なくなってしまう。そんなのに利用されているのだろうか。


被害日記

5:57
一度、何の理由も無く3:20に目が覚める。声も聞こえていたが無視して時計を見ただけでそのまま眠った。今度はこの時間に人工夢を見て覚醒させられた。本当に迷惑である。

10:21
目覚ましにより9時半に起きる。それなりに眠れたと思っているが酷い疲労感と強い眠気があり起床するのに苦労した。起きて来てタバコを吸っていると背中全体と両腕の筋肉に強い疲労感があり、痛みも多少感じた。それは歯を磨いていると無くなってしまったが、今度は軽い眩暈と思考の抑制のような被害が発生している。

日記を書いていると首の後ろの硬直間と頭部圧迫感が発生してきた。音声送信のボリュームはかなり小さくなっているが、例のキーンという音の種類が変わり少し高い音になったようだ。しかし、嫌な感じであり、いつまでこんな生活をしなければならないのかと、嫌な時代だと、将来の不安も感じる。

今日は風が強いようだがこれから出かける。

23:48
先ほど帰宅した所だ。
まず被害者の会に参加したが、そこでは何故か一時間ほど時間が経つと肩と背中の筋肉が痛くなり、得意技の「腰砕け攻撃に遭う」。これは、腰に力が入らなくなるような感じで腰が曲がってしまい姿勢が悪くなる。ついでに首の付け根の違和感も強くなり顎が出てしまう。二時間ほど話をした後に音楽の練習に向かう。

何をされるか分からないと言う不安を抱いたままスタジオに到着すると早速、声の送信により音楽に合わせて嫌味を送信される。しかも脳への攻撃と身体攻撃をされ軽い眩暈がして考えるが出来なくなり体も重い。

自分の演奏が始まるとそれほどの妨害行為が行われずスムーズな演奏が出来、周囲の絶賛を浴びた。声の送信は聞こえていたが演奏に集中ができ、筋肉の操作などの妨害も行われなかったからだ。

しかし、食事休憩をしていると次第に脳への攻撃が強くなり眩暈を伴う独特の嫌悪感が発生する。その状態になると一緒に居る人達の話が上の空になってしまい無口になり笑いも無くなる。

そのままスタジオに戻り演奏を再開するが結果は実力を発揮出来ない不本意なものとなり加害者は「ざまあみろ、俺達を甘く見るなよ」と声の送信で罵る。以前はこのような時には腹が立って暴れ出したくなるような脳波を送りつけられていたが最近それがなくなった。

この犯罪の被害者になると「すべてを諦めざるを得ないので」腹は立つが我慢をしていると言うのが現状ではある。そして最後には筋肉の操作により勝手に体を動かされてしまい変な演奏になったので笑って誤魔化した。

とにかくへばり付いて離れず、どんな瞬間にでも、どんな些細な妨害でも構わないので必ず嫌な思いをさせなければ気が済まないと言う加害者の異常性を強く感じた。

被害はやや緩くなっているが執拗である。

音声送信と脳への攻撃、身体攻撃など途切れることが無い。

今は下唇を噛まされ、胃と肝臓が痛く肩と背中が凝っている。

22日1:15
また少し脳への攻撃が強くなってきた。
たとえば、マインドコントロールのように自分のこれからの考えなどを想起させられ、それに沿って実際にいつ頃どのような行動に出るかなどを考えると、それを盗まれてしまい攻撃や脅迫をされると言う被害である。実際には加害者の本音は判らないので芝居という可能性もあるが。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる