日本が自由も人権もない国では困るのだが

テクノロジー犯罪の被害者は、「生きている」というだけの理由で苦しまされているように思える。それは「生きているのがいけない」という加害者の強い殺意あるメッセージと言うことになる。「そこに住んでいるから被害者になった」、「そこに居るから被害を受ける」、「加害者の思い通りにならないから攻撃を受ける」などと言うのを通り越している。この犯罪は被害者をそのような境地になるまで理由もなく、姿も見せずに全く途切れる事の無い攻撃で苦痛を受けさせ被害者を追い込んでいる。

被害者は増えているように思うが手遅れにならない内に禁止させるべきだと思う。


9:47
昨夜は就寝前の攻撃が強烈だったが、それほど苦労することなく眠ってしまった。とにかく毎日の睡眠妨害なので「睡眠を取る」ということに対する恐怖と不安が取れない。当然、日常的に「心を休める」、「休息を取る」などと言う感覚とも無縁とされている。

朝は用事があったので9時に目覚ましをセットしたが、どのくらい前から目覚めさせられたのか判らないが、何かの夢を見させられ目が覚めた。しかし、眠いので無視をしたらそのまま眠ることが出来た(そのような時にも電磁波で覚醒させられてしまうのではないかと言う不安が常にある)。そして最後は、何故か目覚ましの鳴る直前に目が覚めた。

目覚めるとすでに頭に違和感があり、脳に膜が張ったような感覚がして軽い眩暈がしている。当然、歌のリピート送信と声による脅迫がしばらく続いた。最近は右の耳を中心に送信されるキーンというノイズが以前と少し変わったようだ。「日記を書くな」という脅迫も強い。

脳内音声と電磁波攻撃による脅迫は「武器を持った人間が側にいて脅迫している」というのと同じだと考えて欲しい。ただ、銃などを持っていて「打てば殺すことが出来る」というような直接的な明確な恐怖とは少し違う。

22:00
今日は墓参りに2箇所行ってきた。
当然、お墓の前で拝んでいても思考盗聴によりその内容を加害者に盗み取られてしまう。こんなのがあって良いのかと改めて痛感した。心の中のプライバシーまで全くないと言うことになる。

被害の方は軽度ではあったが歌のリピート送信と声による干渉が全く途切れず自動車を運転しながら声に出さない呟きを延々とさせられながら家族と会話をしていた。何故か、右耳だけが周囲の音を異常に煩く感じてしまい、アクセルを踏む右足が異常に疲労してしまい、不快であった。

やはり監視されているような感じ、脳に対する強力な影響、頭部圧迫感、などを同時に加害することにより、この遠隔操作を受けていると言う「開放感」のない「遠隔拉致」のような独特な不快感を作り出していると思った。勿論、途切れることのない音声送信や身体攻撃により直接的に加害をされていると言う実感も作用しているが。

24:51
その後は、墓参りなどの疲れもあったので横になりテレビを見ていたが、テレビから出ている音声に神経が行き内容が理解できた。これは何年ぶりだか覚えていないが3年ぶりくらいだと思う。音声送信はボリュームが小さく聞こえていてキーンというノイズも聞こえていたが、脳神経がテレビの音声に集中できたという印象が強い。

ただ単に、脳への攻撃が弱かっただけだと思うが3時間以上、二つの番組を見てしまった。その代わりテレビを消した瞬間にたたみ掛けるように声で嫌味、脅迫をしばらくされた。

どうもキーンという音が今までとは違い音色が変わり、時折、鈴が鳴るようなパターンが繰り返されているので、ただ平坦にシャーとかキーンとかしているのとは違い耳障りである。

寝る。

COMMENTS

書き込みできないんだけど。テスト。

同じく

私の場合はカールマイヤーのような奇声音楽を勧められた

鬱になるようなアニメを勧められた

更には中毒性のあるいわゆる萌え声の音楽を聞かされた

アダルトものを見せられた

ジャンクフードにハマらされた
そこからおかしな現象は起こりはじめた

ついには神を信じろだ悪魔はいるだなんだかんだ聞こえはじめた

そしてお祓いへ行った

とりあえずお守りを買わされた
そこから何も起きなくなった

しかしバックが創価関係の人間層を引き寄せるようになったため色んなものを売り付けられた

知らず知らずのうちにカルトに関係するものを食べさせられたり買わされた

声優やネット上のバックにも創価学会やカルト信者というものがついていたことやその音楽を作った会社や交友関係自体疑わなかった私もいけない

何かに病み付くとは闇憑きを生む

あなたと同じような症状で私も数年間被害に苦しめられてきた。奴等は私を病気に思わせた。
医者にさえも憑きまとい騙した。

けれどもだ、自分自身のお人好しや優しさ、疑わぬ心や生活態度にもきっと非はあったことだろう。

長い間酷く攻撃を受け続けたことで、いつの間にか強い守りたいという心や強い跳ね返しの精神をも身につけることができた。

若者はカルトをあまり知らない。だからターゲットになるのだ。掘り下げていくと溢れ返っている。

リーチが長かった分、攻撃を交わせるよう改める力や自分のやる気にも繋がってきた。

全ては己を精進する力を身につけるための出来事だったと知った。
被害者になってもまずは己を責める、自分もどこかで加害者かも知れないから
恵まれていた人間ほど独りになることで初めて本当に強くなる
感謝や愛や動物や自然愛護、物の大切さを知った
人に見せられないような生活態度やマイナスな心は隙をつかれるもの。
だから現実社会でも人間関係に亀裂ができたり人を寄せ付けたくなくなるもの

これからは人を色んな角度でみて1/3疑って生きたらいい。
誤った者を信じるものは報われない
本当に大切な人の愛を知れば報われる
カルトは愚かでバカに見え踏まれる存在であると同時に逆の意味では天才でもあろう
創に傷あり、傷に傷なし
かすり傷に絆創膏はいらぬ
お金の収入元やお金の使い方、己を強く持つことを見直すのがいい
いつか、より一人一人の幸せの思考を繋ぎフラクタルが築けたら
混沌や対立や弱肉強食や競争や論のぶつけあいもなくなることだろう

No title

以下の書き込みありますが、

> 今日は墓参りに2箇所行ってきた。
当然、お墓の前で拝んでいても思考盗聴によりその内容を加害者に盗み取られてしまう。こんなのがあって良いのかと改めて痛感した。心の中のプライバシーまで全くないと言うことになる。

お墓だけでなく、神社やお寺、初詣など、大勢の人がお祈りしているところで思考盗聴すると、加害者側は大笑いできるそうです。皆が誰にもわからないと思って、個人的な悩みを真剣にお願いしますが、それをはたから思考盗聴で聞いてみると、人間の業などもわかるのでしょう。加害者は隠された人間の本音や本性に慣れきっているため、ある意味、一枚も二枚も被害者より上手です。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる