巧みな音声送信

5:10
睡眠妨害で起こされるが激しい攻撃はない。目覚める時は息苦しくて目覚めたような感じであり、熟睡していたようには思えない。

それにしても、このところの音声送信の内容は中身が凝ったものになっている。根拠の無い、信憑性の無いものではなく、確認困難ではあるが人間関係の裏を見透かしたような内容が増えている。例えば会社内部での人間関係の裏などを表面的にはこう見えるが、実はこうなっている。などのように想起させられたり、声により解説されたりすると「確かにあり得る、そうかも知れない」なんて思えてしまう。

また、私が考えて実行しようと思っている事を否定して「そんなことをすると損をするぞ」などと言う。しかし、このところ仕事に興味が行くようになり、「現実との乖離」、「心の浮遊感」などが減ったので仕事もやや深く出来るようになった。ただ、いつも記しているように頭を使って考えることをしようとすると被害が強くなる。

結果、すべて無視をして自分の考えだけで行動をする積もりだが、やはり脳内音声とは言え一度耳にしてしまった言葉は記憶から消えることはない。自分の周囲にいる人と、加害者のどちらを信用するかと言った問題だ。

これもマインドコントロールの一部だと思う。

10:13
その後は、7時過ぎまで全く眠くならないので眠れなかった。しかも、腰の筋肉が痛くてどんな姿勢にしても痛みが取れなく、加害者が「どんな姿勢でも楽には寝られないようにしてやる」と言った。やっと眠れたと思うと10時少し前に起こされた。今日は来客があるので10時過ぎに起きる予定で目覚ましをセットしていた。例えば、寝ているときに痛かった左の腰の筋肉の痛みは今は無く、右の肩が痛くなっている。

起床後は声の送信で多少の罵りを聞かされたが普段よりは少ない。しかし、強い眩暈と何故かゆっくりとしか歩けない状態にされた。以前はそのような状態が一日中続いていたが、最近はそのような被害も長時間は続かない。

21:39
音声送信と脳への攻撃は途切れない。
最近は被害のパワーが弱くなっているので多少楽ではあるが、睡眠妨害、痛み、痒み、歌のリピート送信、記憶障害、監視干渉などやっていることは同じだ。

それと強い被害が長続きしなくなり、拷問状態で長時間苦しめられることもなくなっている。仕事は来客があったりで忙しかったが声による干渉が耐えない。夜は楽器の練習をやりに行っていたが、やはり左半身の筋肉が痛く非常に困った。筋肉は使えば疲労するが、疲労ではなく痛いというのは変だと思う。かと思えば階段を昇る時に異常に体が重く感じたりなどもあった。

楽器の練習が終わると歌のリピート送信が始まり、脳の芯が痺れるような感じになり、両方の肩が凝り、「非常に嫌だ」と思う気持ちが強くなり、耐え難い怒りに襲われた。そのレベルも以前の強烈な攻撃から比べると軽くなっている。

日記を書き出すと「お前はバカ」、「早く日記を削除しろ」と声の送信をして眩暈がしてくる。そして加害者は「今度広報したら殺すぞ」と脅迫をしている。

とにかく攻撃は絶対に止めない極悪人である。

今夜は弱いながらも拷問の気配がして来ている。

この被害を受けてから「開放感」とか「気持ちが良い」などと言う感覚とは全く無縁となってしまい将来への夢は潰され、睡眠妨害などのために明日の計画すら不安になってしまう毎日である。

20日1:32
その後も執拗に歌のリピート送信をされ延々と呟かされている。脳への攻撃は眩暈と記憶障害がメインだが、首や肩の凝りも発生している。

「許して欲しければ被害日記を消せ」と声で脅迫をされているが、最近は加害行為を巧みに行い、記憶も消されてしまうのでどのような被害を受けているか忘れてしまう。

今は左の肩と腕を痛くされている。

「睡眠妨害で苦しめ」と加害者が脅迫した。

寝る。

1:55
上記アップ後に強烈な脳への攻撃と強い眩暈(目線が勝手に動いてしまう)を起こされ、極度に思考能力が低下している。マウスのクリックミスやタイプミスなども起こしている。お腹に空気を溜められて呼吸困難になっている。それで、忘れていた被害を思い出したが今日は呼吸困難の被害が目立ち、とくに息を吐いたまま吸えなくなってしまった。どんなに力を入れて息をしても吸いきれなくされる。

下唇を吸い込むようにして噛まされる被害も発生した。

暴れ出したくなる脳波の送信が無いだけで拷問被害が復活したようだ。

総理大臣への広報は終わったので、次は研究者への広報を実行したいと思う。

殺意ある人権侵害が野放しの国では困る。

昨日も来ていたが、たった今ホワイトハウスから下記のようなメールが来た。これはホワイトハウスのホームページにあるのと同じ内容だ。


The White House, Washington



Good afternoon,

32,000,000 -- that's the number of Americans who will get health insurance under the President's plan.1

That's also a little more than the entire populations of Ohio, Virginia, Kentucky and Arizona -- COMBINED.2

For the past couple weeks, we've been using key numbers to help raise awareness about how we just can't wait any longer for health insurance reform. We used $1,115 to tell the story of how skyrocketing premiums are crippling America's workers. We used 8 to convey how widespread and severe discrimination for pre-existing conditions is across the health insurance industry. And we used numbers like 625 and 50/50 to clearly show that any one of us is at risk of losing insurance in our broken health care system.

Today -- in our last number of the series -- we're using 32,000,000 to represent not only all those who will get health care, but also all the numerous benefits America's families and small businesses will see from health insurance reform. From eliminating discrimination based on pre-existing conditions to controlling costs and lowering the national deficit to providing tax credits for middle class families and small businesses, health insurance reform will finally put America's families and small businesses in control over their own health care.

Watch our new 'Health Reform by the Numbers' wrap-up video and learn more about what you have to gain from reform:

Learn More
32,000,000 is the last number in ‘Health Reform by the Numbers,' our online campaign to raise awareness about why the time is now for health insurance reform. Help spread the word by sharing this message with your family, friends and online networks.

Let's get it done!

Sincerely,

Nancy-Ann DeParle
Director, White House Office of Health Reform

1 Source: Congressional Budget Office, Letter to House Speaker Nancy Pelosi
2 Source: U.S. Census Bureau, Population Estimates

Visit WhiteHouse.gov

COMMENTS

No title

周りに人が居ないにもかかわらず人の声が聞こえることがあるのは、低周波音と関係があるようです

http://www.vistec-pro.co.jp/qa.htm#Q11

No title

先ほどの送信は、
僕の被害経験からの貴方の被害への助言であり、
貴方の被害に、有用かどうか、判りません。
 また、加害者の出鱈目や悪口や、職場の人間に対する意見、職場の人間関係の裏のようなものが貴方の思考を先読みされたという意味では有りません。
「貴方の正常な判断をも、加害者が言った事」
と扱われないように、という意味での文章です。

ホワイトハウスからの返信の内容は、アメリカ国内の健康保険改革への理解を求めるもので、恐らくホワイトハウスに来たメールの全てに対して、一律に発送されているものと思われます(ホワイトハウスへのメールを送るのはやはりアメリカ国民が多いという前提で)。

ホワイトハウスからの返信は、アメリカ国内の健康保険改革の理解を求める内容で、ホワイトハウスにきたメールに対して一律に発送されているものと思われます(ホワイトハウスにメールを送るのはやはりアメリカ国民が多いので)。

No title

ですね↑
内容が内部でどんな処理されてるか難しいです
アメリカが兵器として使用しているのを悪用してるわけですから
沢山の被害者の訴えがないと難しいと思います

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる