どんな法律があっても無意味な犯罪

電磁波犯罪と言われている人間の遠隔操作は現実には無差別テロとも受け止められる武器を使用した暴力行為であり、現在ある、あらゆる法律を完全に無意味なものとしている。その被害内容はプライバシーの侵害から始まり、あらゆる社会の常識をすべて破壊する究極の人権侵害であり、電磁波兵器として大衆に向けられれば核兵器よりも恐ろしいと言われているほどである。法律に詳しくない被害者でも調べれば数え切れないほどの法を犯していることが判る。

日本国憲法前文


被害日記

3:22
就寝時にはそれほどの被害はなく知らない間に眠ってしまった。しかし、「それほどの被害はなく」、「軽度の被害だった」というレベルでも人間として生まれ持った権利を強制的に剥奪され「生きていることを苦痛に変えられ続けている」重大な被害なのである。

そしてこの時間に突然目が覚めると、脳内音声で「眠い真っ只中に起こしてやれ」と聞かされ急に脳が覚醒し言葉では表現できない高低様々なノイズを聞かされ全身が振動するような感じになり、脳が締め付けられるような眩暈と吐き気のような耐え難い不快感に襲われる。

そして

「公安調査庁がお前を見張っているぞ」
「お前の日記を精査しているから注意して書けよ」

なんて執拗に声の送信で脅迫をされる。

以前から、「大げさな被害日記だ」、「嘘だけを書け」なんて声の送信をしているが実際にこの被害がどのようなものかを正確に調べれば世の中がひっくり返ってしまうような殺人を上回るような罪の重さであり、この日記程度では被害者の苦しみはほんの一部しか表現できていない。一秒も休まることのない人類始まって以来の耐え難い苦痛なのである。

更に、社会的に大きな問題を投げかけている犯罪でもある。

9:34
その後、最就寝しようとすると声による語りかけが止まない。
テレパシー通信接続状態であるので、聞き捨てならない言葉に対しては反論をするが「口の中で呟かなくても考えただけで通じるぞ、試してみろ」と声の送信で言われた。確かに、そのような感じであるが、怒りという気持ちを表すと思想だけでは説得力がないように感じるので声に出さない呟きで言い返す。

最後は、眠いのでそれも面倒になり無視をしていたら加害者の方から少し遠のいてきて知らない内に眠ってしまった。そして時間はわからないが人工夢を見させられて目が覚める。内容は汚らしいもので明確ではないしストーリーもはっきりしない。ただ、目が覚めてから声の送信でその夢の内容について散々罵られた。しかし、眠いので時計も見ないでそのまま眠った。

9時に起床するまでに3回は目が覚めただろうか。疲労感があり、眠った気がしない最悪の気分である。しかも、眼が覚める時は心臓が苦しくて眼が覚める。

目覚めと共に歌のリピート送信と声による脅迫が始まった。コーヒーを入れる時にいつもと違う手順で行動をしてしまったが、遠隔操作(記憶の消去)のような気がしてならない。

また、「被害報告書籍が発売されたら、一番最初に精神病院に入れてあげるよ」などと加害者が言っている。

18:22
本日もボリュームは小さいが歌のリピート送信と声による干渉は全く途切れず、脳への攻撃(記憶障害)も延々と続けられている。

それでも仕事をしているわけだが、リアルタイム監視が行われているので、その都度、脳への攻撃を緩めたり、強めたり、匂いや痛みを付加したりされている。

脳への攻撃が目立ち、「脳の芯が痺れるような感じ」が常に続いていて、他人と話をしていると首の後ろが硬直して人と目を合わせることが出来なくなったり、攻撃により不自然な状態であることを他人に見抜かれてしまうのではないかと言った不安が発生して余計不自然になったりさせられた。

計算などの頭を使うことを始めると急に目眩がして記憶障害が起きる。これは「記憶を消される」という攻撃であることを明確に感じ取れた。例えば二箇所の寸法を測った時に、最初に測った寸法を忘れてしまう。ほんの数秒前の出来事である。

そんな時に加害者は「偉い、偉い」、「よく頑張った」などと声の送信でからかってく来る。

「あんまり強がるなよ」
「お前は逆らい過ぎだ」
「痛い目に遭わないと分らないらしいな」

などと言う脅迫を実際に攻撃をしながら行って来る。

日記を書き出すと急に腹部に振動感を受け呼吸困難になりパニックのような精神状態にされるが、長くは行われない。筋肉の硬直や痛みも長時間継続はしないが、脳を締め付けられるような感じと自由に物を考えることが出来ない状態だけは全く途切れることがないので非常に不快であり、不安だ。

24:32
夜は楽器の練習に行っていたが、どうも左半身の筋肉が痛くて疲労感も酷かったのだが、脳に対する強い攻撃や耳に対する不快感がなかったので無視をして練習を続けた。痛みと疲労感は被害だと思う。

その後は少し被害は弱まっているが、決して途切れているわけではない。

こんどは右の肩の裏あたりを痛くされている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる