オンライン署名サイトがあるようだ

オンライン署名サイト「署名TV」

このサイトは自分で署名を集めることも出来るらしい。電磁波犯罪と言われる人間の遠隔操作被害は武器としての電磁波・超音波の使用を禁止する法律が必要であり、人間の精神や肉体に影響を及ぼすことを目的とした装置の使用や出力、家電製品や通信機器の誤動作をさせることを目的とした装置の使用や出力、装置を目的の場所に仕掛けることなく可能なハイテクを使った「覗き、盗聴、盗撮」の禁止、などを求めなければならない。そのような署名を集めて政治的に働き掛けると言うのも大切だと思うが、個人レベルでは中々署名が集まらないのでNPOなどで扱ってくれたらと思っている。

しかし、上記のような禁止項目の文章を作っていると、まるで軍事兵器の禁止を求めているように思えてしまう。禁止項目は実際に確認されている被害であるので大変困っている。


被害日記

2:32
このままでは本当に殺されてしまう可能性がある

人間の遠隔操作テクノロジーは殺傷能力があり、自殺・発狂をさせるのも本当は簡単に出来るのだと思う。それを脅しという武器として利用しながら被害者を徹底的に苦しめるやり方をしているので、ある意味、殺人より罪は重いと思う。

お決まりの睡眠妨害で寝てから1時間で起こされたのだが、息が出来ないで死んでしまいそうになった。感覚の遠隔操作であるので、神経のコントロールが自在に出来る。だからいくら息を吸おうとしても吸えないわけで、その状態を延々と繰り返されたら死んでしまうと思った。

また、人前で小便や大便を自分の意思とは関係なく出させてやる、という脅迫もずいぶんと前から受けているがそれも可能だと思っている。

また、脳内音声という被害者にしか聞こえない声を四六時中聞かされている被害者は「脳の操作によるマインドコントロール」や「身体機能の操作」による攻撃と同等の恐怖や苦痛を脅迫として聞かされ続けている。

軍事の世界では持っていると言うのが抑止力になると言われている。だからこの装置も「いつでも発狂させられる」、「苦しみながら死なせることが出来る」という機能をちらつかせ、それが可能であることが確実にわかるほどの被害を受けさせられたら、人間であればどうなるだろうか。ただでさえ、この被害を受けている被害者は「被害を受けている」と言うことさえ出来ずに、見えない武器により見えない所で苦しんでいる。実際に自殺・発狂に追い込まれた被害者は確認出来ているが、未確認でそうなってしまった被害者の数は少なくはないと思う。

3:48
まだ眠ることが出来ない。
これは脳を覚醒させられているだけでなく、陰湿な語り掛け(ホラの連続)と顔などの執拗な痒み(自然では絶対にない脳の興奮が伴う)と身体を痛くされてどんな姿勢でもリラックスできない、などの集中攻撃のせいである。

このテクノロジーを利用した一方通行の攻撃と睡眠を取らなくてはならない人間に対して睡眠を取らせない、という拷問をしている時の加害者は満足そうで、その人間性が浮き彫りになっている。しかし、テレパシー通信が成立しているので、こちらが語りかけに対して反論をすると加害者の低脳さも浮き彫りになる。

従って加害者の嘘も浮き彫りになり、極度に悔しがり怒りを露にする。そして攻撃を強めてくる。この3年間はその連続である。

10:43
被害者の会と音楽の練習のために出かけなくてはならないので目覚ましにより10時に起床する。目覚めと同時に歌のリピート送信をされ、声では程度の低い関連付けによる脅迫をされて著しく不快な気分にされた。更に、肩や背中の筋肉の痛みによりやり場の無い強い怒りに駆られる。この怒りも極端なものであれば脳波の送信と分かるが、弱く行えば陰湿な加害者のやり方に自ら腹を立てたとしか思えなくなる。

自然と作為の区別を付かなくしている点でも罪の重い犯罪だ。

23:33
先ほど帰宅したところだ。
被害者の会では「署名TV」の件を話したが即決という訳にはいかないので、もう少し押してみたいと思う。「署名を集める」という事に関しては他の被害者の方から以前に要望を受けている。それと「被害者33名による被害報告書籍」の発行も着々と進んでいるようだ。街頭活動の予定もある。

その後は音楽の練習に行った。

やはり遠慮なく妨害を受けた。まず、そもそも楽しい気分には絶対にならない。折角、長年の付き合いの仲間に合っても脳への攻撃のため常に不快な気分にされている。身体も筋肉痛を起こされているので自由にはならない。更に、演奏をする時に加害者が妨害をすれば実力の発揮が不可能なことが分かっているからだ。

結果、すべての曲で声の送信をされ(自分が演奏していない時も)演奏妨害をされた。自分が演奏している時にはソロになるとわざわざメロディーの違う部分を脳内に強力に歌い込まれるので曲の何処を演奏しているのか判らなくされる。それも私が間違え易いタイミングを見計らって行っている。それでも休憩前の前半は攻撃が弱かった為に、わりとスムーズな演奏が出来た。

しかし、休憩をはさんだ食後の演奏では記憶障害や身体が不自由になる攻撃を受け、声の送信で妨害をされたので途中で演奏不能になってしまった。それは他人が聞いていても「さっきまでとまるで違う」と言うほどの酷さである。しかし、強烈にイライラさせられる攻撃がなかったので我慢が出来た。

歌のリピート送信と声による干渉、脳への攻撃は全く途切れることなく続けられている。今も両方の肩が異常に凝って、頭痛のような頭部圧迫感、眩暈と考える能力の低下、キーボードを打つ速度の低下とタイプミスを起こさせられている。勿論、歌のリピート送信もされている。このような状態で人前で音楽を演奏するには大変な苦労があり、勇気が必要である。

脳への攻撃とマインドコントロールに注意してください

加害者はそう言った他人に理解されない「見えない武器」を使って攻撃をして、被害者に「自分を責める」よう常に仕向けています。周囲の人に対して「謝れ」と被害者に言います。被害者のひとり芝居「自作自演」のように見せかける、その一点に終始している犯罪です。しかも、攻撃は絶対に止めない。

15日1:34
今日の演奏妨害の件だが、普段は例えば4小節手前からサビのメロディーを脳内に歌い込まれても、自分の心の中で歌っているし、曲の前後の流れがあるので分からなくされても何とか誤魔化すことが出来たのだが、間違ったメロディーを歌い込む手前で瞬時に記憶を消されてしまったようになり、全く何処を演奏しているのか判らなくされてしまった。

今も執拗に歌のリピート送信をされ、脳への攻撃をされ、身体攻撃をされ、声の送信でも脅迫と罵りを聞かされている。また身体が部分的に熱くなる被害を受けていて「暖かい」レベルから「やけどをするほど熱い」レベルまで、範囲も針の先ほどから直径30センチほどまでと色々あるようだ。

また、鼻の周囲が異常に痒くなったり、ひりひりしたり、異物が付着しているような感覚にもされている。

寝る。

COMMENTS

No title

耳印様

こんにちは。先日はありがとうございました。
オンラインTVの活用は良い考えだと思います。
以前にも集団ストーカー反対の署名が立ち上がった
ようですが、3年位前ではあまり人数が集まらなかった
ようですね。今では少し認知度も変わってきているように
感じています。NPOなどが協力してくれればいいのですが
この電磁波攻撃に対しては早めに何らかの手を
打たなければならないとは私も感じております。
お互いに頑張りましょう。

No title

こんにちは
僕も深刻です。
遺書的なものも書いてます
自殺しろと言われいろいろ酷い目にあっております
こんな大それた兵器が
管理なしに犯罪野放し状態
いったいいつまでと思います

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる