社会が電磁波犯罪に反応したら

電磁波による人間の遠隔操作は、この世で最悪の犯罪であり、殺人に等しい事、テロである事、人間の歴史を根底から覆してしまうこと、は何度も説明してきた。広報もかなりしてきた。なかなか社会が反応を見せない理由については説明の必要はないと思う。

しかし、そろそろハイテクの武器を手にした加害者の独壇場では無くなる可能性も出てきているように思う。

3:24
殺意ある犯罪加害者の後始末は被害者を精神病に仕立て上げ、発言力をなくさせること、それが出来なくても、人生を滅茶苦茶に破壊してしまう事だ。

今夜も寝させない攻撃を続けている。この時間まで音楽のリピート送信を続けているのも珍しい。

いくら何でもこれだけ人権を無視した犯罪が野放しでは国家として恥ずかしいのではないだろうか。

11:19
11時少し前に目が覚める。睡眠時間は7時間くらい取れたようだ。被害のために目覚めるとすぐに不快な気分にされてしまうが、今日は一瞬だけは「良く眠ったなあ」と思った。しかし、起床するとキーンという音の送信と眩暈と記憶障害が開始された。目覚めた時に暗示に掛けるような言葉を聞かせるのも毎日のことだ。背中などの筋肉も痛い。

12:36
今日は仕事中に強い被害が発生して継続している。まず、購入した部品の解析のために、それをじっくり見ようとした瞬間に視力を落とされ、ピントが合わなくなる。ついでに視野全体が暗くなり、視界が狭くなったように感じる。

次に、電気特性を調べるための準備をしていると目眩がして思考能力が極度に低下し、声の送信で憎まれ口を聞かされる。そこは他人がいる場所なので自分ひとりだけ別の世界に引き込まれてしまい、他の人と同じ部屋で同じ空気を吸っているという感覚がなくなり、そこに居る事が苦痛になる。

その後は昼食を食べながらブログ閲覧をしていると、お腹に空気が溜まり、お腹がパンパンになっしてまう。頭に尖ったものを押し付けられているような痛みも発生している。被害日記の更新を始めると右の腕が異常な疲労感に襲われキーボードを打つのが苦痛になる。

下唇を吸い込むように噛まされる被害も継続している。

「許してやれ」、「許してあげようか」という言葉を好んで聞かせる加害者だ。

19:20
余りにも攻撃が酷いので一旦、休憩を入れて被害報告をすることにした。

まず一日中、音声送信と脳への攻撃が途切れないのは同じだが、それを無視して仕事をして先ほどから書類の整理をしていたが、まず暖房が壊れているのではないかと思ってしまうくらい足元が冷えてしまった。

その後は、後頭部に対する頭痛のような強い違和感と目眩と記憶障害が発生している。それを無視して仕事を続けていると、上半身にバイブレーションのような不快感が発生し、呼吸困難になる。それはまるで水中で呼吸を止めているような感じさえした。いくら息を吸っても吸い足りない感じだし、力を入れても息が吸えないし、息を全部吐いてから吸っても上手くいかない。

そんな時も声の送信では全くとぼけた、おちょくったような言葉を聞かせてくる。

最近の記憶障害は以前のように生活全般に関してボケ老人のようになったような記憶障害ではなく、思考が働かなくなる、という傾向が強く、時間感覚がなくなったり、どうしても思い出せない、などが多い。

本当にこのキチガイのような犯罪をやめさせて欲しい。

そして、上記をワードで編集してブログにログインしようとすると「パスワードが間違っています」と表示されログイン出来ないので、自分のブログを表示して右下の「管理者ページ」をクリックすると、何もしないのに管理者ページに入ってしまった。

ハッキングやパソコンなどへの攻撃もテクノロジー犯罪の一部であることも重要である。例えば通話中の携帯電話の切断や家電の誤作動もよくある。

24:43
その後も音声送信は途切れることなく続いている。

その他の攻撃も下唇を噛まされる被害も続いている。

何とか難を逃れている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる