何の権利があって人を苦しめる

電磁波犯罪は罪無き人間を苦しめる為に行われている。人間の遠隔操作、精神への介入、脳への攻撃、これらが目に見えない電磁波を使って無差別に行われている。被害者がどんなに苦しんでいても、加害者は全く関係なく苦しめ続け、その攻撃を止めようとはしない。武器による遠隔からの攻撃は現実に行われ、被害者を絶望へと導いている。

この被害が酷くなると24時間途切れることなく苦しめられるので、それに耐え切れなくなって病気でもないのに自ら病院へ行って投薬を受けたりするが、改善された話は聞いたことがない。

これは事実であり、精神病院に強制入院させられた被害者、自殺してしまった被害者が確認されている。にも関わらず「精神病である」という断定のもとに、この恐ろしい隠蔽されたテクノロジーに関して調査する機関はない。


被害日記
3:01

寝てから1時間で起こされるのは毎日の事であるが、脳への強い攻撃と首の骨がずれてしまったのではないかと思うような後頭部への不快感、眩暈と記憶障害、それとイライラして暴れだしそうになる脳波の送信。歌のリピート送信も止まらない。

しかも、お腹に空気を溜められ、呼吸のための筋肉も動かないようにされ、心臓を苦しくされ、呼吸困難にされて、喘息のようにされて、身体のあちこちに連続で痒みを発生させられている。「苦しめ」と脳内音声を聞かされる。心身ともに苦しめて寝させないのは拷問以外の何物でもない。脳への強い攻撃も受けて考える事も出来なくされている。

それらを被害者の思考・感情をすべて盗み取り24時間監視しながら何年も続けている。

それから逃れたいと思ったら自殺しか道はない。

人殺しそのものだ。

こんなのを24時間やられたら発狂してしまうだろう。

こういう犯罪が野放しであり被害者が増え続けていることを総理大臣に知らせたいと思っている。この現状、現実を知ってもらいたいのだが、実際に最近、総務大臣、文部科学大臣、法務大臣に出した手紙はもっと客観的なものである。

こうやって被害日記を書いている間も攻撃は全く止まらない。

4:20
先ほどの後も、後頭部と首の骨が痛く寝るのが大変だった。
やっとの思いで寝たと思ったら、突然、目が覚め「おっぱいもみもみしてやろうか」と声の送信をしている。右の乳首を異常に敏感にされ、衣服が触っていても、いなくてもくすぐったくて寝られない。今もキーンというノイズは強く送信されている。寒く感じる感覚操作をされている。歌のリピート送信も止まらない。

8:41
本当に命がけの格闘と言ったところか、この見えない敵との戦いである。一秒たりとも途切れない殺意を持った加害者の武器の出力である。

やっと眠ったと思えばこの時間に無理やり起こされる。キーンというノイズの送信が非常に煩い。頭痛がしている。歌のリピート送信も微かに聞こえ、声では脅迫の連続だ。

この途切れることの無い攻撃というのが文章では判らないと思う。

12:08
その後も根性で寝る。しかし、11時頃に一度目が覚めたが、すぐに寝てしまった。12時なると、右の腰の筋肉と太ももの筋肉が以前慢性的に痛くされていたのと同じように強く痛み、それで目が覚めた。

頭痛が酷い

また、攻撃のパターンを変えたのかも知れない。眩暈がして思考がスッキリしない。足腰の痛みは起きて来ると無くなる。「朝起きられないで、近所で笑われてくれ」と加害者の罵声がしている。しかし、それらと引き換えに睡眠妨害を受け入れるつもりは全くない。

電磁波犯罪の被害者であると強く主張するだけだ。

加害者は早く広報をしてくれと煽り立てている。

20:49
その後も音声送信(歌のリピート送信を含む)は途切れることなく続けられ(自動車に乗って移動中も)ていた。お腹に空気を溜められ苦しくなったり、喉や気管が締め付けられるようになり苦しくなったが、仕事が忙しいので無視をして仕事をした。途中、外出先で便意を催したのでトイレに行って大便をしたが個室の中の出来事は全部知られてしまう。腹が立ったので排泄後の便器の中を見ると「そんなもの見慣れているよ」と声が言い返した。

仕事が終わった後はインターネットで調べ物をしていたが、なぜか被害が気にならなく、仕事などの計画で明日への希望が涌いてくる。長期の計画は夢とでも言うべきもので人間が生きていくには大切なものである。

しかし、先ほど被害者の方と電話をした時に「被害はどうですか」と聞かれたので「バカのひとつ覚えのように目に映った文字を見てもいないのに読み上げてくる」と言った瞬間に加害者数名が怒り出し「私らをバカにするな」と言って歌のリピート送信を開始し、お腹に空気を溜めゲップも出せなくされ、脳への強い攻撃をされ、拷問状態になった。その上にイライラして暴れだしたくなる脳波を送りつけられ大変なことになっている。右の耳にも鼓膜が詰まったような感じがして強いノイズが送信されている。

もう、これで夢も希望もなくなった。

自分の能力を何一つ発揮することもなく、ただ苦しみながら毎日を過ごすだけである。

脳への強力な攻撃をされると、時間感覚の喪失、認知機能の低下、判断力の低下などの脳障害を起こしパニックになる。勿論、慌てたり、興奮する脳波も送りつけられているのだと思う。判断力が鈍り普段であれば何も考えなくても間違えることのない思考や動作を間違えてしまうわけで、その状態の時に加害者が声の送信で命令をしたりするわけである。その声に撹乱されて間違いを起こすこともある。しかも、自分の神経から来た間違いだけでなく、体に影響を及ぼされて間違いを起こさせる方法と両面からやられる。

攻撃が酷いとそれが延々と続くわけで強弱こそあれ、何年でもその状態にされる。本も読めなければ記憶も出来ないわけだ。

このように武器の力によって被害者を奴隷のようにしている。

24:17
先ほどのパニックのときに「タバコが吸いたい」、「甘いものが食べたい」、などの「強い欲求」が同時に沸き上がってきた。同時にと言うところが問題だ。更に、強烈な攻撃を受けていて、考える自由まで奪われているのに、それをされて「嬉しい」とか「楽しい」と言った気持ちにさせられ、一人でいるのに顔が笑いそうになってしまった。

人間の遠隔操作はマインドコントロールを越えていると思う。

その後はリラックスのためにサウナに行っていたが、そこでは声による思考への介入以外にはそれほどの攻撃を受けなかった。受けなかったと言うのは「苦痛」とか「不快」という攻撃が無かっただけで、逆に周囲にいる人に神経が行かなくなり他人のことを全く意識せずにマイペースで入浴していた。逆に言えば「周囲が気になる」遠隔操作が為されなかったと言える。

しかし、思考への介入は実にスムーズに行われ、気分を害さないように介入されると、それが誘導であろうと記憶障害を起こされていようと、その範囲内では不自由であってもそれなりに楽しく想像や計画を行うことが出来る。

しかし、そこに少しでも気分を害する介入が入ると腹が立つ。当たり前のことだが被害を受けていない人は考えの中に他人が入り込んだり、思考の誘導はされない。思考の誘導は実にスムーズに行われ、あたかも自分の発想のように方向を変えられてしまう。

最後にサウナから出て自動車を運転していると誘導された思考の先に落とし穴が掘ってあり、著しく気分を害され、歌のリピート送信と同時に暴れだしたくなる強い衝動に駆られた。それは、自分の身体を傷つけたくなるような衝動であり、はっきり言えば自殺をさせようとしていると感じた。

この極悪犯罪の餌食になると人間として生活できなくなってしまう。

将来、どのような形でこの犯罪が暴かれるか楽しみである。

4日2:18
その後も心身共に不快な状態が続いている。
たまにはパソコンのルーターに残されているハッキングリストでも見た方が良いかと思い見てみたら、いつもと同じようにルーターの日付と時計が狂っていた。そしてアタックブロックに様々なIPアドレスが記録されていたので調べてみると色々な国のIPアドレスであった。

その間も、お腹に空気を溜めたり、オナラ、ゲップなどの攻撃を執拗に繰り返された。それは、まるで胃とか腸の内圧を変えられているかのようであり、空気が溜まったり、或いは、胃腸が空気を吸い込んでいるかのように感じた。肛門に対する突付きも行われた。

常識でき考えられない陰湿なやり方である。

寝る。

COMMENTS

No title

大変な状況にあるのですね。共感します。

No title

僕は既に働けない状況に追い詰められています。
僕から見て働けてるのはマシに感じます。
酷い人はブログすらできません。
働けてる内に保険また障害者年金も考慮して
働かれてるうちに一度精神科受診をすすめます。(初診日を働いてるうちに決めるため)

あわれてる被害から僕も同意見でおっしゃってる事がよく理解できます。がんばってください
しかし、残念ながら政府の取り上げなどはなさそうですし
海外などで問題になってない限り重い腰はあげそうにないと思っています。
この酷い人権侵害、奴隷より酷いと思う事があります

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる