電磁波犯罪を止めさせるには

この悪質極まりない電磁波犯罪、これを止めさせたいのは被害者全員の強い願いである。どうすれば良いか自分なりに考えてみた。ひとつは学者、研究者に理解してもらい「そう言った被害があり得る」と言ってもらい「証拠の捕獲」のために動いてもらう。もうひとつは政治家に理解してもらい「電磁波犯罪を厳しく規制する法律」を作ってもらい、「証拠の捕獲」と「加害者検挙」のために国費を使ってもらう。であるが、何しろこう言った問題は、よほど興味のある人以外は見向きもしないと言う現状である。仮に、そんな技術の悪用があることを理解したとしても犯罪をやめさせるための行動を起こす人はいない。日本では、この問題は無視されているが、海外では取り上げる機会があるようだ。

被害日記

寝てから一時間で完全に覚醒させられてしまう。
これが連日であるので普通の人間であれば、ノイローゼになってしまうだろう。しかも暴れだしたくなる脳波を送り付けられたりすれば、我慢するのに大変である。

今も、眩暈と共に歌のリピート送信をして、音声送信による「囲い込み」をしている。この「囲い込み」はテクノロジーによる拉致により実現されているが、思考に関しても脳の操作により考える力を奪い取り、その上で声の送信を休む事無く続けることにより行い、五感のすべてを奪い現実とは違う感覚を送信して完全に現実の世界からの「囲い込み」を実現している。

マインドコントロールについて取り上げないのは日本の悪いところである。

これは現実に無差別に行われ究極の人権侵害と言われている。

加害者に殺意があるのは何度も説明している。

広報の計画は実行する予定であり、総理大臣が終わったら研究所の方に広報しようと思っている。これは被害者だけの問題ではなく、いつ誰が被害者になるかも知れない「無差別テロ」であることを知ってもらいたい。

くどいようだが、こうやって毎日執拗に攻撃を繰り返し、私が被害日記をかくとそれをネタに脅迫をするのも毎度のことである。

7:14
その後も、多少は顔を痒くされたりしたが眠りに就けた。しかし、先ほど人工夢を見させられて、歌のリピート送信の中、目が覚める。陰部を痒くさせるという愚行も合わせて行われた。

音が煩く、雨だれの音が大工作業のように聞こえ、今は雨が降る音がラジオの雑音のように鳴り響いている。こんなのは初めてである。

「ざまあみろ、眠りを寸断されたくなかったら日記を書くのをやめろ」と声の送信で脅される。

左の手首が痛く、どちらに曲げることも出来ない。ついでに右の腰の筋肉が痛く、頭痛も右の頭部が尖ったもので押されているような感じだ。

「今日も音楽の時に体を勝手に動かしてやる」と脅迫をされた。

音楽の妨害も3年間続いている。記憶障害を起こされているし、音楽を聴くと声の送信で嫌味を言われるので、曲を覚えることが出来ない。

11:36
目覚ましが鳴るよりも早く11時に目が覚めた。
今日は音楽の練習があるので出かける。
現在の所、被害は軽度である。

21:37
本日の被害報告であるが、外出中にも途切れることがないが、音楽の練習が終わるまで我慢をした。勿論、音楽の練習も妨害をされ続けた。

全体としてはそれほど強烈な攻撃は受けていない。

まず、家を出て車を運転している時に新しい被害が始まる。アクセルを踏んでエンジンの音が大きくなると同時に、右の耳に対して聴力検査のような、音叉のような音が響き出す。聞こえると言うよりは響くと言う感じだ。何度アクセルを踏んでも同じだ。

嫌だなあと思いつつそのまま都内に来てお店で人と話をすると自分が喋った声に反応するかのようにピーと言う音がする。鳴りっぱなしではなく、声を出している時間だけ、或いは声の大きさに反応しているかのように感じた。

また、喫茶店でコーヒーを飲んでいる時に椅子を引く時に、椅子の足が床に擦れてガーっと音がすると、それに合わせてピーっと鳴る。加害者の機械が自動で音のレベルに反応しているようにも感じたが、手動でやっているようにも感じた。それは聞こえるすべての音に対して聞こえていたわけではないし、音楽のスタジオに行く頃には無くなってしまった。

スタジオに入ると声の送信や脳への攻撃は弱めであったが、この前から妙な感じがしていて、何となくそれが何であるか気がついた。

自分が喋っているように感じてしまったり、一緒に呟かされてしまう音声送信は、声だけではなく、楽器の音でも可能であり、場合によっては送信される部位(脳神経)が違うのかも知れない。

それは他人が演奏しているドラムの音を聞くと、そのフレーズと言うかリズムを呟きそうになってしまい、その時に声の送信をされていないかを確認したが、どうも声の送信はされていないようだったからだ。

今日は自分のソロの時に、普段は一度しかされない声の送信による間違ったメロディーの送信を執拗に繰り返され、完全に何処を演奏しているのか判らなくされてしまった。

いずれにしても軽度の攻撃であっても、それは本来の自分ではなく、妨害であるので実力は発揮出来ない。

その他、細かい被害も発生しているし、今も思考能力を低下させられているが、取り敢えずこのくらいにする。

24:56
その後も音声送信を中心とした被害が続いている。

電磁波犯罪を止めさせるには

冒頭のように思ったのだが、もし、理解者が現れたとしても、マインドコントロール装置であるので、その理解者の考えが変わってしまうことも、あるかも知れないなんて考えてしまった。

しかし、時間と共に世論が変わるのは確実だと思う。

遅いので寝る。

COMMENTS

初めまして

自分も被害者です。関東で被害に遭い今は名古屋で暮らしてますが大変です。協力出来る事があれば言って下さい。

はじめまして

毎日拝見しています
僕のほうが多分酷いかもしれません
仕事はやめさせられ、殺害が目的で
加害されております
大変苦しいものでほとんど寝たきりです

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる