呼吸困難で殺されそうだ

1:46
就寝直後から激しく歌のリピート送信と脳への攻撃をされ、眠る事が出来ない。
それだけならまだ良いが、お腹に空気を溜められ息が苦しくなる。「次は肺に空気を溜めてやろうか」と脳内音声で脅迫をされる。

そのうちに、少しの時間だけ呼吸を止められてしまう。息がを吐いた後に吸うのを忘れてしまうと言うと変だが、そういう感じで突然に思い出したように呼吸が再開する。それを延々とつづけられる。何か頭には血圧が上昇したような感じがしている。

これは、呼吸を止めるのはいつでも出来る。病死に見せかけて殺すことがいつでも出来ると言う脅迫である。

電磁波犯罪は殺意の塊である何よりの証拠だと思う。
そういう犯罪であることも世の中に明確に伝えておく必要があると思う。

次は法務大臣への広報を予定している。

今も歌のリピート送信は続き、足と腰が痛い。声の送信では、全く攻撃をやめようとする気配がない。

このような犯罪を野放しにしていると結果、どのような社会になるだろうか。

6:50
その後は何とか眠れた(実は眠らされている)ようだ。
しかし、3時半ころに一度目が覚め、次は6時半だ。歌のリピート送信と声による嫌味を少し聞かされ、右足の付け根と腰が痛い。「ざまあみろ、お前の生活をぶち壊してやる、会社で笑われろ」なんて言っている。

10:32
その後も腰などの筋肉を痛くさせられたので寝るのに苦労した。
そして、10時に仰向けになって寝ているところに腰と右足の付け根を断続的に痛くされ目が覚める。その痛みは目が覚める直前まで行われているのだが、「痛くて目が覚めた」のが判るものである。上手くやられると何で目が覚めたのか判らないかも知れないし、記憶を消したり、目覚めからパニックのようにしてしまえば思い出すことも出来ない。

起きてきて椅子に座ってタバコを吸っていると右の肩、腰、右の太ももなどが痛くなる。とりあえず私の場合は痛みの強弱や痛みがない時もあり、しかも声で「痛くしてやる」とか「右足には注意しろよ」と痛みが発生する前から予告をされているので遠隔操作とわかるが、何も知らなければ病気だと思ってしまうだろう。

10:49
コーヒーの味も砂糖の甘さは全く感じないで、ただ苦いだけ、タバコの味も苦いだけにされている。良く「薬を飲ませてやれ」と声の送信をされて、何も口の中に入っていないのに苦い味が鼻から舌にかけて発生するのと同じだと思う。こう言った被害も毎日のことであるが。

18:14
今日は日中はそれほどの攻撃はなかったが、音声送信は全く途切れることなく続いている。夕方からは後頭部に対する圧迫感と目眩と臭いと記憶障害とイライラがセットになった攻撃をされ、仕事での考えが纏まらずに非常に迷惑をしている。肛門への刺激は色々あるが、痺れ感のような攻撃は始めてである。

22:44
音声送信のボリュームがかなり小さくなり、鼓膜が詰まるような攻撃、激しいノイズ、意識障害などがないので凄く楽で、テレビを見ていて「精神への介入をされない時の感覚」を懐かしく思った。しかし、後頭部への違和感や記憶障害などは続いている。足と腰も痛い。

どうも、眠気と倦怠感の操作をされているようで何もする気にならない。先ほどまで居眠りをしていたが、夢を見させられ、夢の中で水を飲んで吐いているのだが、夢と言うよりはバーチャルリアリティーのようで現実の自分の身体と重なっているように感じる。目が覚めた瞬間はさすがにびっくりした。

このように遠隔操作は休むことなく続けられている。

パソコンに向かうと急にお腹に空気が溜まりパンパンになるがゲップを出せないようにされているので苦しくなる。次に得意の攻撃が始まり、頭に強い圧迫感があり、眩暈がして、重力が強くなったように感じ、思考が変になり、イライラするが、すぐに弱くなり、肝臓に針を刺すような痛みが発生する。

そういえば、ホワイトハウスからメールの返事が来た。

大統領夫人からであり、内容的にはこちらの用件とは一致していないが、外国から訳のわからない機械翻訳の英語のメールであり人間の遠隔操作被害についての用件であっても短期間に返事が来るところはさすがである。

毎日、風呂に入っているが、今日は疲れたので寝ようと思っている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる