遠隔操作の家電の誤作動

テクノロジーによる人間の遠隔操作は犯罪であり、人々を苦しめるために昼夜様々なものを送信し続けている。証拠が無ければ病気であると決め付ける考え方は完全に間違っている。

なぜなら、遠隔操作は人間だけでなく機械に対しても行われる事があるからだ。例えばパソコン。これは個人レベルであれば「迷惑を金で買うインターネット」なんて文句を言えば済むが、本当は犯罪である。しかも、専門知識とそれなりの設備、犯罪捜査をする為の権限などを持っていなければ犯人特定には至らない。しかも、パソコンの操作ミスの可能性も否定出来なかったりする訳で、自分のミスが無いことを証明する手立てはない。従って「そんなことはあり得ない」と言われればそれまでだ。これと同じことが人間にも起こっていると考えれば簡単である。

昨夜も通話中の携帯電話の切断があった。たまにだが、自動車のドアロックが見ている前で勝手に開いたり、閉まったりすることがある。夏場に部屋のストーブのスイッチが勝手に入ってしまったり、冬場に冷房のスイッチが勝手に入ってしまうこともあった。

毎日、家電製品の誤作動があったら苦情になるだろう。人間の遠隔操作も稀であれば、これほどの苦情にはならないと思う。私は、パソコン起動時のハングアップ、マウスが勝手に動く、日記を更新している時に漢字の「変換」キーを押すとブラウザが瞬時に閉じてしまうなどの現象が頻繁に起きる。これも精神病なのだろうか。


被害日記
9:32
昨夜は、日記終了後に「かわいそうに、かわいそうすぎる」などと声の送信をしながら、腸に空気を溜め、おならをするとすぐに空気を溜められる、というのを執拗に繰り返された。また、おならがでそうな感じになるが実際には出ない、というのもやられた。なぜか異常に腹が立ち、イライラした。そして、「許してあげるから、広報をするな」と声の送信をされた。

そのやり場のない怒りをストレスとして体に溜めたまま就寝したのだが、少しの間は目がしみるように痛かったり、ノイズを送信されたりした。しかし、知らないうちに眠っていて6時間後の8時に目が覚める。

人工夢を見させられて目が覚め、それに関連した事柄を想起させられた。内容は仕事のことであるが、私の行ったことに関して「間違っていないか」という誘導尋問であり、過去の出来事に対する盗聴がなければ知りえない内容である。本来、考える必要の無いことを考えさせられてしまう訳だが、テレパシー通信が接続されているので、自分の行いに間違いのないことを、わざわざ心の中で加害者に対して説明した。

歌のリピート送信は目覚めた時から継続している。

その後は、まずいコーヒーを飲まされ、右肩と右の腰の筋肉を痛くされ、眩暈と記憶障害を起こされた。まずいコーヒーとは味を変えられてしまう現象で、昨日から何も口の中に入っていないのに苦いような感じになっている。

14:09
ここ数日は腰砕けのようになり強い倦怠感の被害を受けていないので仕事の方に神経が行っている。しかし、延々と繰り返される歌のリピート送信と声による干渉の為に集中が出来ない。当然、記憶障害も起こされ宅配便の宛名も自分で書いたものなのに、間違っているのではないかと不安になったりする。「間違っているのではないか」と思わせる脳の操作があるのかも知れない。

それよりも14時頃に書類に目を通していると急に激しい意識障害を起こされ、読解力が極度に低下し文字が読めなくなり、激しい嫌悪感と怒りが湧いてきた。

これは、突然に読解力が低下するから被害と認識しているだけではなく、まるでパルス波を浴びせられているかのような断続的な刺激が体にあり、意識も細切れになっているように感じるからだ。例えば、気管や喉が一秒間に10回(数えてはいない)程度の振動をしているように感じる。しかも全身ではなく、狙った部位だけが振動しているように感じる。顔がそのように揺れて感じる時もある。

あまりにも激しいので被害報告をすることにした。

今は14:28であるが強烈な被害はなくなっている。

21:33
仕事の合間を見つけ、やっと国会議員への広報文が出来た。
そのためか夕方から激しく脳を攻撃され大変な状態が続いている。しかし、記憶を消すという究極のテロなので夕方にどんな被害を受けていたか思い出せない。頭痛と眩暈と記憶障害と激しい嫌悪感があったのは覚えている。歌のリピート送信も止まらない。

そんな攻撃をされたまま車を運転してスタジオに行き、楽器の練習をするが、耳に対する攻撃をされ、ある一定の周波数の音だけが強く聞こえて煩くてたまらない。また、ノイズの送信が激しいので周囲の音が逆に小さく聞こえてくる。そして筋肉の操作のために身体が満足に動かないし、記憶障害のために何をやっているのか分からなくなり、疲労感が酷く、イライラさせられ、嫌悪感も強いので気分が著しく悪い。それが顔に出るのは当然である。

それでも練習を続けていると声の送信ではひっきり無しに嫌味と脅迫を喋り続け、最後は誘導性のある声の送信で楽器の練習フレーズを送信され、その声に騙されて間違ったフレーズを練習してしまう。その声の内容は思考盗聴のようなもので、私が練習をする時に心の中で呟いているフレーズを盗み取り、それと同じように脳内に声で送信してきている。そして、間違えると「ざまあみろ」と罵声を浴びせる下品さである。

これだから国会議員の方に広報せざるを得ない。

歌のリピート送信と激しい攻撃は続いている。

22:00
上記アップ後に「広報をするな」と声の送信をされ、右足の親指の筋肉がつってしまっている。左肩にも針を刺すような痛みがある。「殺してやる」とも言われている。帰りの車内では急に腰が痛くなり「動けなくしてやる」と脅迫をされてた。電磁波犯罪とは、こう言った凶悪なテロであると明確に被害報告をする必要がある。

24:11
その後は自分の演奏の中で、酷い脳への攻撃を受けていないものを2曲アップした。酷い攻撃を受けている演奏はまるで別人のように精彩を欠いている。アップした2曲のうち1曲はベースソロの手前で突然に異常を感じたので演奏をストップしてごまかした。しかし、その後はリズム感がなく発想が貧困になってる。

隠れサイトに不本意な演奏をアップする必要はないが、加害者が強烈に嫌がり、妨害をするのでアップをしている。今もアップするまでの間は、この世のものとは思えないような口汚い罵声の連続であった。それよりも強烈な演奏妨害のためにライブハウスなどには呼ばれても出演できないでいる。

21日1:18
歌のリピート送信、頭痛、腰痛、肩痛、声の送信による干渉、記憶障害などが続いている。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる