歌の脳内へのリピート送信とは

5:59
この日記には「歌のリピート送信」、「音楽のリピート送信」というのが良く出てくる。それが、どんなものなのかと言うと、歌詞が付いているのは「歌」と言い、楽器でメロディーだけを聞かせるのが「音楽」と言っている。そして、それには必ず何かの意味があり、私に対してその意味を考えさせたり、連想させたりして、嫌味を言葉で言う代わりに使われることがほとんどである。

連想させるというのは、歌詞の中に嫌味として使える部分があれば、その部分をリピートして繰り返し流している。曲名が嫌味になっている場合は、私がそれに気が付かなければ加害者の方から曲名を声の送信で知らせて来たり、場合によっては自分との関連性や嫌味としての意味の説明がある。

曲は童謡、アニメ主題歌などが主で古いものが多いが、演歌もある。たとえば「ひょこりひょうたん島」、「ハリスの風」などあったり、「ぞうさん」、「もし、もし、亀よ、亀さんよ」などもあり、雪がふれば「ゆーきや、こんこん、あられや、こんこん」と来る。

演奏形態は歌だけが聞こえていて他の楽器の伴奏などは無いように聞こえる。しかし、テンポや音程は正確であり、場合によってはオリジナルの声だけを抜き取っているのではないかと思える。また、多少の加工をして男女数人が合唱している場合、いかにも人間がその場で歌ったかのように音程が各所でずれている場合もある。その声は普段聞こえている加害者の声と同じである。

音楽のリピート送信の方は私がジャズの演奏をしているので、それに対する妨害行為として使われることから始まっている。したがって私の知らないジャズの曲や演奏をしたことのない曲をリピート送信されることはない。それも、テーマを取る楽器のみしか聞こえず、他の楽器の伴奏はない。メロディーの演奏形態は私が仲間と演奏をした時のものと同じであるので盗み取っているのだと思う。

ジャズの場合も曲名が嫌味としてこじつけられている時があり、それは文字通り「こじ付け」であり、それが嫌味であると言う所に連想させ、無理やり自分の姿と曲の歌詞などをオーバーラップさせたり、感情の遠隔操作を使って屈辱的な気持ちにさせている。

それと、携帯電話の着信メロディーや電話の保留メロディー、コマーシャルソング、自宅や自動車の中で聞いた曲をリピートされることも多い。

最近ではジャズのメロディーにあわせて替え歌のように嫌味を歌い込まれることが多い。それは、本当に何処にいても行われるので音楽を耳にするのが苦痛となってしまう。そのくらい執拗に行われている。

また、声の送信の場合は自分の知らない事や全く関係のないことを聞かされることがあるが、音楽や歌の場合は最低でも一度は耳にしたことのあるものが利用されているようだ。

途切れることのないリピート送信は拷問のようである。



6時に突然目が覚めると、最近の出来事に対して想起させられ、そのことに対する自分の責任のようなものを誘導尋問されたので、すべて論破して加害者に他に何か質問はあるかと聞いた。口ごもったようになったので恐らくは言いたい事はないのだろう。しかし、歌のリピート送信が開始され、すぐには眠れそうになかったので日記を書くことにした。ついでに上記説明文は面倒であるが寝起きに書いた。

相変わらず眩暈と記憶障害を起こされている。

12:55
上記に「6時に突然目が覚め・・」と書いてあるが5時の間違いだ。再就寝したのが7時近かったので覚えている。寝ぼけているのは事実だが、記憶障害の被害に遭うと何時に何をしたとか、数時間前の記憶をたどるのも簡単ではなくなってしまう事がある。全体感は覚えているので問題はないが、酷い迷惑である。

先日もお会いした被害者の方から聞いた話だと、24時間の被害に遭ってからの記憶は簡単に消すことが出来る、ということで意見が一致した。その方の話だと、被害が酷いので引越しをした後にタクシーに乗った瞬間に自分の住所を忘れてしまいタクシーに乗れなかったそうである。そう言った記憶の消去は、その瞬間に何かの信号を送ると、その記憶が思い出せなくなるしくみではないかと思っている。なぜなら、普段は覚えているからだ。また、その記憶を思い出そうとすると妨害が入るので、楽しくなければ神経が行かなくなるのが基本なので、結局、忘れてしまったりすることもある。

5時の後は、9時に目が覚めたが眠いので寝た。次は12時に目が覚める。本当はこう言った生活をするのは嫌なのだが、著しい睡眠妨害と「職を失うぞ」、「寝ぼすけ、世間に笑われるぞ」と言った脅迫に振り回されるのが嫌なので、あえて定時に目覚ましは掛けないでいる。

起床直後は耳に対する違和感やキーンという攻撃がないので、本当に久しく、本当の音を聞くことが出来、周囲の静寂に怖さを感じるほどであった。その時にも声の送信がされていたので、どこか遠くの方から脳内音声が響いているのが聞こえた。これは短時間のエコーとかディレイのような感じで、空とかの空間に声が響いているように聞こえた。

その後は「広報するな」と言われ、「嫌だ」と答えると歌のリピート送信をされ、少しすると歌がとまり、また同じことを数度繰り返され、次第に耳にノイズが送信され、頭部圧迫感と共に眩暈と記憶障害にされ歌のリピート送信も続けられた。声のボリュームは小さい。

つくづく、あらゆる自然な感覚を奪い取ってしまい、思考にも声で干渉され、体も痛みにより不自由にされ、普通の生活をさせない犯罪であると感じた。

21:18
被害は継続しているが仕事をして、終わった後は楽器の練習をした。歌のリピート送信は今も続いている。

珍しい現象がありました。

先ほど、自宅に戻り部屋の電気を点けようとした時にスイッチのヒモの場所を手で探っていたら、蛍光灯に触ってしまった。その時に丸い蛍光灯の4分の1ほどの範囲が薄暗く光ってしまった。変だと思い、蛍光灯から手を離してから、また、指先で触るとその部分だけが薄く暗く光る。コートの静電気かと思い、コートを脱いだが何度やっても、指で触れた部分が薄暗く光る。時間にして30秒程度の間、10回くらいは光った。体に溜まった静電気の放電であれば瞬時で終わるはずである。体にいつもと違う感覚はなかった。

相変わらず、歌のリピート送信、声、ノイズの送信、頭部圧迫感と記憶障害、体の痛みなどは続いているが、酷くはない。

24:57
今は頭痛と意識障害と呼吸困難にされている。
先ほど、自分で演奏した音楽を録音したものを聴いていたが妨害を受けた。その後は、その時に聞いた音楽をリピート送信されている。

加害者の声による脅迫は範囲が広く、家族、兄弟、職場、隣近所、市町村、地域、国、世界におよび、職業も教員、警察、政治家、暴力団などあらゆる範囲で、この犯罪と結びつけ、私に脅迫をしてくる。それも暇さえあればと言う感じだ。

それは、「嫌われるぞ」、「謝れ」、「笑われるぞ」、「殺されるぞ」などに結びつけ黙っていても脅迫、広報をしても脅迫と言ったやり方である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる