電磁波テロの狙いは

電磁波テロの狙いは社会をじわじわと脅迫し不安に陥れることではないだろうか。事実上、名も名乗らなければ、犯行声明もなく、強い隠蔽工作が行われているかの如く、被害の実態調査も行わず精神病扱いであり、しかし、被害者は増え続けている。それを表に告発しているのは被害者の一部の者のみであり、従って現在、この恐ろしい人権侵害に関して知っている人は少ない。また、一般に馴染みのない技術であり、生まれて初めて聞くような精神病を思わせるような犯罪の形態であるので理解に苦しむ。

しかし、被害者による告発が進むに連れ、加害者は何もせずに国家などに圧力を掛ける事が出来のだろう。被害者に犯罪の告発をさせているのは加害者である。それも余りにも酷い攻撃に耐えかねて、人生をぼろぼろにされた被害者が無駄な人生を送るのなら勇気を出して告発をした方が良いと判断してのことである。また、加害者は被害者に対して挑発的であり、「犯罪だと言う自信があるなら広報をしてみろ、必ず笑いものにされるぞ」と言いわざと酷い被害を受けさせ精神操作で興奮状態にさせ、広報に仕向けるという事をする。

国民が安心して暮らせない国家では困るのだが。


3:09
就寝時からキーンという音の他にうなるようなノイズを聞かせ、歌のリピート送信も続け、顔を痒く(神経を敏感にする)したり、瞑っている瞼の中に映像を見せたり、陰湿な語りかけをしたり、脳を覚醒させたりして寝させようとしない。「もうやめてあげよう」とか言っているが肩の痛みなどはなくならないし、歌のリピート送信も止まらない。

こんなことをされていたらノイローゼになってしまうだろう

それがこの犯罪の目的とも考えられるが。

4:35
歌のリピート送信はまだ続けられている。
眠りに入りそうになると(テクノロジーで意識をなくさせる)下に落下するような感覚にされ、目が覚める。すべてテクノロジーによる脳の操作だ。「一生寝られないで苦しめ」と追い討ちを掛けてくる加害者。

これでも殺意がないと言えますか

これでも被害者の口封じをしていないと言えますか

こけが事実の告発です。

「あんな事ばかり書きやがってよ」なんて言う加害者は自分のしているテロ行為に対してなんと思っているのだろうか、その責任を取る覚悟があるのだろうか。栃木県佐野市の事件は歴史に残したいと強く思う。

と、書くと暴力団の名前を出して「佐野の名誉を汚した罪で殺されるぞ」と脅迫をする。また、「不謹慎なブログで世間に迷惑を掛けているから警察に逮捕させる」なんて脅しもある。「君の夜尿症は近所で有名だぞ」、「明日、学校で笑いものにしてやる、子供にも恥をかかせてやる」、「音楽を出来なくさせてやる」、「ほかの被害者を羨め、お前だけだ、こんな事をされているのは」などとも言っているのはいつもの事だ。左肩の後ろに釘を刺したような痛みも途切れずにあるので寝ることも容易ではない。「その腕の痛みで苦しめ」と声の送信で言われるように肩からひじ、手首の方まで痛い。

それよりもテロをやめるべきだと思う。

本日も広報は続けたいと思う。

5:42
あれから、全身のあちこちにひっきり無しに痒みを発生させ続けるので全く寝られない。さらに、肩や腰の筋肉痛が酷く、どんな姿勢でも痛くて寝られない。就寝してから全く眠らせないと言う拷問だ。加害者は「広報をしたからだ」というが、

どんなに酷い目に遭っても、家族が殺されても広報はやめない


6:01
肩が痛く、腰も痛く、歌のリピート送信も全く途切れず、陰湿な語りかけが全くやむ事無く続けている。老人二人がしゃべっているように聞こえたかと思うと、男の声を女の声に見せかけて聞かせたりしている。「明るくなったら寝かせてやるよ」などと偉そうな事を言っている。日記を書く間隔が短くなると「あてつ、とうとう狂ったぞ」と言うもの毎回のことだ。何を喋っているかと言うと、近所の人が何を噂しているか、犯人が誰か、もっとも罪が重いのはお前だ、もっと苦しめてやろう、もう広報をするな、などである。

償い切れない罪とはこんなのを言うのだろう。

電磁波テロは国を崩壊させるだろう。

http://ameblo.jp/nounaionsei/

暇があったら読んでください。

11:36
その後も歌のリピート送信は途切れず、筋肉の痛みが酷く寝られなかった。この痛みというのは寝るときの姿勢を窮屈にするのに都合の良い場所が痛くなる。たまに首の後ろの筋肉が痛く(疲労して痛い感じ)なり枕の調整をするが、どんな体勢にしてもスッキリしないという結論から、精神の操作により緊張状態や落ち着かない状態を作り出されているのであり、覚醒させられているのが一番の原因と思われる。

11時丁度に目が覚めると歌ではなく、音楽のリピート送信をされている。人工夢も見させられていた。夢に関してはあまり書かないがほとんど毎日である。死んだように寝ていたようで下側になっていた耳が痛い。起床後に着替えていると急に眩暈と記憶障害が始まり、頭に膜が張ったようになる。

19:14
今日は仕事が忙しく広報は出来なかった。
しかし、歌のリピート送信は全く途切れる事無く続けられ、音が主に聞こえている右の耳には常に鼓膜が詰まったような不快感が起こされている。しかも、その状態では他人と満足に話しをすることが出来ないし、考える事も不可能で、ただ、意味なく加害者に送信された言葉を声に出さずに呟いているだけである。

これほど酷い拷問が電磁波テロとして行われている

どんなに嫌だと言っても、何処まで逃げても、絶対に逃れる事が出来ない。それは加害者に殺意があるからだ。

夕方には仕事の用で車に乗り荷物を取りに行ったが、帰りの一時間の間は頭部圧迫感と共に目眩と激しい嫌悪感に襲われ、しかも暴れ出したくなるような怒りが湧いてきて我慢するのに大変な思いをした。そして、交差点などに差し掛かると「事故を起こせ」としきりに声の送信で煽り立てる。そう言ったテロリストと戦っているという自覚がなければ、そのやり場のない怒りと、逃れることの出来ない苦しみに耐え切れずに、自ら暴れたり、事故を起こしてしまう可能性がある。私もその一歩手前まで行っている。

殺意のある人権侵害・精神への介入を絶対に許すことは出来ない。

この精神の操作では遠隔から姿を見せずに、何の関係もない人に犯罪を起こさせる事が可能である。重大な電磁波テロを放置しているのは犯罪に加担しているのと同じだ。

ここまで被害者を苦しめ続けて、その現状を知っていても絶対に加害行為をやめない。人の気を狂わせる事が簡単に出来る武器を使用したテロリストはとっくに人間をやめているのだろう。

19:36
上記アップ後に、筋肉の痛みが追加され、意識障害を起こされている。キーボードを打つのに苦労している。

24:19
その後は楽器の練習をしに行った。
まず、スタジオに入ると高域の音が著しく煩くなる操作をされた。たとえばビニール袋のがさがさする音が異常に煩く感じるのと同じだ。その後は練習フレーズにあわせて阿波踊りのようなリズムを声で延々と送信された。練習中はすべて無視しているので加害者は休まずに言いたい放題喋り続けている。しきりに周囲にいる人を意識させようとする語りかけが多い。最後は得意の脳への攻撃をされ頭の芯が痺れたようになり自分のやっている事の確認が難しくなる。

帰宅途中は歌のリピート送信が始まり、眩暈と記憶障害、お腹に空気が溜まる攻撃、呼吸困難、糞の臭いがセットになった攻撃をされイライラした。

今も、頭痛と意識障害と呼吸困難と吐き気がしている。音声送信はボリュームが小さいが歌のリピート送信もされている。首の後ろと肩が痛い。

ここまで書くと眩暈をさせられ「ついでに眩暈と書いて置け」と声の送信をされる。とにかく、徹底的に攻撃をして口封じをしようとしている。声による脅迫も酷い。なぜか、日記に被害報告をするのが怖くなって来ている。

9日2:07
その後、音楽を少し聞いたがすぐに「折角の良いメロディーを台無しにしてあげる」と送信され、嫌味を聞かされる。
風呂に入るとその音楽をリピート送信される。何の遠慮もなく、被害者を人間扱いしない、そんな被害である。

寝る。

COMMENTS

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる