音声送信被害と思考盗聴

1:38
電磁波犯罪と言われている被害で多く報告されているのが「考えを読まれている」という現象である。ワイヤレスで人間の遠隔操作をするということ自体、信じられないと言う人が多いのに、思考が盗まれているなどと言うと余計に信じられないと思う。

しかし、最近の技術の進歩は目覚しく、頭に電極のついた帽子のような物を被れば、ある程度の考えは読めるようになり、つい最近は頭の中に描いた映像を取り出すことが出来るというニュースが報じられたばかりだ。そうなるとハイテク技術の存在が信じられないよりも、なぜあなたがそのようなハイテク犯罪の対象になるのですか、それほどの監視技術があるならテロリストを見張れば良いのではないですか、という様に思うのが普通である。だから、一般人を狙った無差別テロだと言われている。

思考盗聴の前に、まず、どんな建物の中でも被害者の行動を一部始終監視できるテクノロジーがあるようで、特殊なカメラを使用している、生体信号を盗み取っている、被害者の目に映った映像をそのまま盗み取っている、などと言われているが、本当にどんな所にいても音声被害と同じように監視下に置かれてしまうことを知って欲しい。それと加害者は、過去に遡り、長期に渡る個人の私生活に置ける情報を部分的に持っている場合がある。

思考盗聴には種類があり、言語にすると必ず盗み取られてしまうようで、文字を読んだり、書いたりすると盗み取られてしまうが、それは思考を盗んでいるのか視界を盗んでいるのか判らないが、常に両方行われていると思われる。

また、口の中の呟きや、舌を完全な発音状態にしない呟きが盗み取られてしまう被害があり、それらは常に脳内音声によってリアルタイムで再送信されてくるので考えを盗まれていることを認識できる。自分は声を出していないのに声の送信でなぞられてしまうし、文字の読み書きの時も常に声の送信でなぞられてしまう。また、考えた内容に対応した身体攻撃をされる被害者もいるらしい。

脳内音声の送信と思考盗聴がセットになって行われると最悪の状況になり、あたかも自分の考えのように錯覚させる声の送信が行われる中で、自分の考えまでも声の送信でなぞられると、どちらが本当の考えなのか区別が付かなくなる可能性がある。更に、意識操作や精神状態の操作、記憶障害などが常に行われるようになると大変なことになる。

また、被害を受けていない時には自分の思考などについて考えたことがないので判らないが、普通は四六時中何かを考えたり、行動をする時に言語で考えたりはしないようで、反射のように無意識で行動をしていると思われる。従って反射のような突然の思いつきは加害者も読みきれないようで、無意識の状態にさせないために四六時中実況解説のような声を聞かせたり、頭の中だけの言語にならない思考をさせないために呟かずにはいられないような脳の操作が行われているようだ。

更に、思考盗聴からひらめきと情動へと脳の操作は繋がるが、反射のような行動にも支障をきたす攻撃も用意されている。生きたまま人間を殺すと言った感じである。


被害日記

睡眠妨害で起されてから次の日記を更新するのが面倒なので先に冒頭部分だけアップした。それだけ被害が酷いということだ。

2:10
就寝しようとすると声の送信で執拗に脅迫をする。

「なぜ、逆らうのだ」

と言うが、絶対に逃げられない所に強制的に追い込んで、電磁波という武器を使って24時間攻撃をし続けている殺人鬼の吐く言葉ではないと思う。これがこの犯罪のすべてである。

呼吸困難と左半身の強い痛みのために寝られない。

これが毎日続いている。

11:36
その後は加害者がすぐ傍に来ているかのように聞える声の送信で男女2人くらいの声で執拗に脅迫をしてくる。それは聞き捨てならない言葉の連続であるので、つい反応してしまいテレパシー通信により言い返してしまう。そのために中々寝られなかった。勿論、その他の身体攻撃も「また、からかってあげよう」と言いながら執拗に行われた。

やっと眠りに付いたのは3時頃だったと思う。そして、朝6時半に起されたがトイレに行ってすぐに寝て、11時に目が覚めた。最近では、目が覚めた時から頭部圧迫感と眩暈と記憶障害を起されている。

そして「世間の笑い者になっているぞ、夜更かしをして朝起きられない」

と加害者は言うが、睡眠妨害をしているのは加害者である。

頭痛と足腰の痛みがある。


私の脳内音声と思考盗聴の防御

思考盗聴と脳内音声の被害についての説明はまだ足りていないが、とりあえず自分の思考を言葉に変えて送信されたり、執拗な誘導尋問のような声の送信が邪魔な場合は「思考盗聴返し」と言われている方法が使える。これは頭に描いたイメージ映像が盗み取られるという事と、口の中の呟きが盗み取られ再送信される、と言うのを利用して常に自分の考えとは違う事を(出来るだけ下らない事)を考えると良い。

しかし、それでは自分の世界に入り込んでしまうし、他のことを考えられなくなるので、加害者の悪口を声に出さないつぶやきで念仏でも唱えるかのように続けることである。たとえば「神を冒涜したものは命を持って償え」などと何時間でも呟く。もっとバカバカしい、テレビドラマの台詞などを意味無く呟き続ける方が効果的かも知れない。

しかし、疲れるという欠点があるし、それを上回る攻撃も用意されている。

17:00
仕事が終わったところだが、どちらかと言うと暇である。
被害の方は歌のリピート送信と声による干渉はボリュームが小さいが全く途切れない。それよりも、後頭部に違和感のある目眩と記憶障害が酷く、心が休まる時がなく、しかも自分の好きなように物事を考える事が出来なくなっていて、タバコを一服して「さて、今日はこれから何をすれば良いか、何をしようかな、何かやり残したことはないかな」などと考えようとすると、全く目的にたどり着けなくなり、そのことが嫌で腹を立てると余計に気分が悪くなるという悪循環があるので、考えることの出来ないアホな状態のままでいるしかない。

本日は、関連図書の著者、人権団体の二箇所に資料を郵送した。

24:05
夜はサウナに行っていた。
音声送信のボリュームが小さく、歌のリピート送信も途切れているので、かなり楽だ。少しの間、キーンという音が無くなっていたが、実はそれも常時聞えていたので気が付かなかったが、かなりの苦痛になっているようだ。後、身体の痛みが消えた時間もあり、それも楽であった。しかし、後頭部の違和感というか思考の抑制のような被害は消えないので、自由に考えることが出来なく、うつ病のようになってしまう。

今は、キーンという音と肩や腕などの痛みが復活している。
鼻の穴の中をくすぐられる被害が多発している。

寝る。

COMMENTS

No title

思考を読むのにはわたしの経験上左脳を使うと伝わり右脳を使うと伝わらないです。文章を絵として形を読み込むと伝わらないです。イメージは伝わらないっていったらいいでしょうか?
あんまり役に立ちませんが・・・

No title

この記事への伏線が色んな処に書き込まれている気がしますがw
「思考盗聴」技術実在の重要な証拠がニュースとなっています。

ついに頭の中まで隠せなくなったか!脳内思考を映像でも解析成功
http://news.ameba.jp/gizmodo/2009/12/52317.html

一部抜粋。
「すでに脳内に思い浮かんだ言葉を探知できるレベルにまでMRI
スキャン技術も進んでいたそうですが、このほどカリフォルニア
大学バークレー校の神経科学者であるジャック・ギャラント博士らが
進める実験では、ついに脳内に思い浮かべるシーンを動画でコン
ピュータ上に映し出すことに成功しちゃいましたよ。」

五感情報通信システム

思考盗聴拝見しましたが、かなり研究されていると思います。
現場で実際に思考盗聴を監視しているのと少し原理的に違う部分があるので、補足しておきます。
利用単語説明
思考盗聴システム(すでにご存知の部分も含まれますが、なるべく判りやすいように平易な言葉にしておきます)
・ブレインマシーンインターフェース(対象者の思考をすべてビックデータサーバーに記録するために用いる機器の一種)
・インセンプション(映画ではありません単純にCIAで普通に使ってます)相手の睡眠中に脳の深層心理にアクセスする方法です。
・ヒューマンクラック
普通に日本語で言えば、思考盗聴のことです。
思考盗聴(もっともシンプルに書いておきます)
・盗聴用電波プローブ
○アンテナ(生物型:遺伝子工学でフェリチンなどの金属含有蛋白質を用いて作製します)
-ダニ:家屋などでアンテナを張る際に用います(くもの巣がイメージし易いと思います。
-吸虫:人体に埋め込んで用いるタイプ(副鼻空感染がたがメジャー)
声が聞こえたりするのは、吸虫を呼吸器系や浴室でシャワーなどから感染された場合です。家電製品のほとんどには思考盗聴用の回路が組み込まれています。(おそらく総務省は知っているでしょう)
これらの制御にはAI(人工知能を用います)
通常ヒューマンクラックには、多くの家電製品や自動車のインバーター回線、カーナビ回線などを用います。ほとんどの家電製品は、複数の周波数でハッキングできます。ちなみに、回路構成は東大工学部出身者が最終的に決めるので思考盗聴回路を組み込ませています。直接人間が自分で思考盗聴する場合は、ブレインマシーンインターフェースを用います(オウム真理教がまねしていたヘッドギアはイメージし易い)。インセンプションなどは、マンションなどでは、遠隔で行えます。対象者を遠紫外線で壁越しに投射(盗撮)して、位置情報を確認し、脳波を拾ったり、送ったりできます。初期型のゲルマニウムラジオが開発されたときには、すでに複数の周波数で、ヒューマンクラックできる技術が軍事用に開発されましたが、一般情報には流れていません。

最近の思考盗聴方法で売れ筋は、主に微小生物を思考盗聴アンテナにするタイプです。軍事学会などで、ロシアなどから手に入れる方法が一般的です。http://www.milcom.org/
日本で用いられているメジャー商品としては、吸虫が有名です。
遺伝子工学を用いて吸虫にフェリチンや様々な金属プローブを遺伝子現させ、これを対象者に感染させます。最近はやりのエコキュートの貯湯槽などに吸虫を入れておいたり、マンションの貯水槽に入れておく方法が一般的です。
このためシャワーを使うと感染します。普通のガス湯沸かし器を用いている場合は、水からの感染が無理なので、室内に吸虫をばら撒きに入ります。この場合、主にホームレスを利用します(ビニール持って家の周りをうろうろしているホームレスがいたら注意したほうが良いです)。最近の一般住宅の鍵(U9やU10、ホームセンターで売っているタイプの鍵のほとんど)は、すべて鍵のコードが読み取られているので、スーパーマスターキーで開きます。
一度、吸虫に感染すると、数ヶ月で、体内で増え、電波を送受信できるようになります。家の壁や天井裏などには、遺伝子工学イエダニなどでアンテナを張って、家電製品をハッキングユビキタス技術を用いて利用します。このため、テレビやブルーレイその他、ICチップが入っている機器の周辺では、痛みなどが増します。これを五感情報通信と呼んでいます(軍事用ではないけどイメージしやすいの張っておきますhttp://www.soumu.go.jp/main_sosiki/joho_tsusin/policyreports/chousa/gokan/pdf/060922_2.pdf#search=%27%E4%BA%94%E6%84%9F%E6%83%85%E5%A0%B1%E9%80%9A%E4%BF%A1%27
痛みは、体表面の吸虫回路(単純に神経節沿って、電波を送受信できる長さに配列するだけですが)を用いて対象者に与えます。急な体内外の電位差(簡単に言うと静電気)を電波とアンテナの誘導電流で作れるので、耳や目周辺に痛みを与えたり、フーリエ変換して脳波データで音が聞こえます(五感情報通信用の脳波データは、慶応大学なども持っています)。

脳波は、体内外の吸虫で送受信することができます。非常に簡単でオーソドックスなシステムです。旧ソ連ではガスライティングをする際に用いらていました。日本では、最近つくばエクスプレスの立ち退きに従わなかった地域にばら撒いたり、送電線設置に関連して立ち退きを行う際などに、普通に用いられています。
これ以外でも、官僚の出世争いなどでは、普通に用いられています。
そうそう、独立行政法人宇宙航空研究開発機構などでは、出世するための道具として普通に用いられています。普通は、ガスライティングしてライバルを蹴落として、殺そうとしますが・・・。
ガスライティングに詳しいJAXAの旧宇宙開発事業団の調査国際部:吉村喜範や有人宇宙環境利用ミッション本部:上垣内茂樹、事業推進部:上野精一などは、複数の無線周波数とAI(人工知能)を用いたガスライティングシステムで、対象者を測位したり、遠紫外線を用いて対象者の家を監視して、嫌がらせをしたり、様々な出世競争をJAXA内で繰り広げているので、聞いてみるのも一つの手段だと思います。ほとんどは、自分たちの派閥以外の人間を消し去って、出世することが目的です。ハイテク兵器が出世目的に使われていることは、官僚の人間でないと知らないので、守秘義務を盾にして話さないかも??

五感情報通信システム

思考盗聴拝見しましたが、かなり研究されていると思います。
現場で実際に思考盗聴を監視しているのと少し原理的に違う部分があるので、補足しておきます。
利用単語説明
思考盗聴システム(すでにご存知の部分も含まれますが、なるべく判りやすいように平易な言葉にしておきます)
・ブレインマシーンインターフェース(対象者の思考をすべてビックデータサーバーに記録するために用いる機器の一種)
・インセンプション(映画ではありません単純にCIAで普通に使ってます)相手の睡眠中に脳の深層心理にアクセスする方法です。
・ヒューマンクラック
普通に日本語で言えば、思考盗聴のことです。
思考盗聴(もっともシンプルに書いておきます)
・盗聴用電波プローブ
○アンテナ(生物型:遺伝子工学でフェリチンなどの金属含有蛋白質を用いて作製します)
-ダニ:家屋などでアンテナを張る際に用います(くもの巣がイメージし易いと思います。
-吸虫:人体に埋め込んで用いるタイプ(副鼻空感染がたがメジャー)
声が聞こえたりするのは、吸虫を呼吸器系や浴室でシャワーなどから感染された場合です。家電製品のほとんどには思考盗聴用の回路が組み込まれています。(おそらく総務省は知っているでしょう)
これらの制御にはAI(人工知能を用います)
通常ヒューマンクラックには、多くの家電製品や自動車のインバーター回線、カーナビ回線などを用います。ほとんどの家電製品は、複数の周波数でハッキングできます。ちなみに、回路構成は東大工学部出身者が最終的に決めるので思考盗聴回路を組み込ませています。直接人間が自分で思考盗聴する場合は、ブレインマシーンインターフェースを用います(オウム真理教がまねしていたヘッドギアはイメージし易い)。インセンプションなどは、マンションなどでは、遠隔で行えます。対象者を遠紫外線で壁越しに投射(盗撮)して、位置情報を確認し、脳波を拾ったり、送ったりできます。初期型のゲルマニウムラジオが開発されたときには、すでに複数の周波数で、ヒューマンクラックできる技術が軍事用に開発されましたが、一般情報には流れていません。

No title

ここ来ちゃダメ

No title

人工知能と人間社会に関する意見募集のお知らせ(内閣府,7/31まで)

内閣府では,第5期科学技術基本計画で掲げたSociety 5.0の実現の鍵である人工知能の研究開発を健全に進展させるべく,人工知能と人間社会の関わりについて検討を行うため,内閣府特命担当大臣(科学技術政策)の下に「人工知能と人間社会に関する懇談会」を設置し開催しています。

当懇談会では,人工知能と人間社会の関わりについて,倫理,法,経済,社会,教育,研究開発等の点から,「移動」や「製造」等の事例ごとに具体的に検討を深めていきます。
特に,既に実現されている技術,または近く実現される技術が利用される事例に焦点をあてて議論を進める予定です。

つきましては,懇談会の議論に様々な御意見を反映させるため,将来に備えて議論しておくべき論点など,御意見を広く募集させていただきたく存じます。 以下の入力フォームから,みなさま自身が関心があり切実な問題と思う論点をお寄せ下さい。

御意見の入力フォームのページ
https://form.cao.go.jp/cstp/opinion-0198.html

No title

< 思考盗聴器の原理についての考察 >

思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(金属イオン、もしくは金属イオンに似た性質のイオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)あるいはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。

これには、対象者に、その人がもつ固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた電波を当てた場合、その人に固有の共振電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し、測定する方法を用います。    

対象者に電波を当てた時、共振現象を引き起こす事ができる、その人だけがもつ固有の周波数と振幅、およびにその波形の事を、その人がもつ固有の生体情報と解釈する事ができます。また参考までに、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。

現在、対象者に固有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

http://tocana.jp/2014/11/post_5125_entry.html

http://wiredvision.jp/news/200808/2008082523.html                                                                                                                                                                                                   

http://wiredvision.jp/news/200905/2009051923.html

(英文)

http://www.slavery.org.uk/RBITE.htm

(英文)

http://www.freepatentsonline.com/3951134.html

< 思考音声言語の翻訳について >

声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行い、音声言語や文字として翻訳するコンピュータプログラムがすでにアメリカにおいて開発され、考えるだけで会話ができる無声携帯電話の通話器として実用化(商品化)されています。この器械は、人が頭の中で考えた言葉を喉に付けたセンサーの情報をもとに音声に変える器械です。

No title

< 思考盗聴器の原理についての考察 >

思考盗聴器は、人が頭の中で思考するときの神経信号(金属イオン、もしくは金属イオンに似た性質のイオン信号)、または実際に声に出さなくても頭の中で会話をするときに発生する、脳の音声信号(神経信号)あるいはイオン信号をレーダー電波で捕捉し、個人差に対応したコンピューターの翻訳プログラムに従って、音声言語または文字として翻訳する器械です。

これには、対象者に、その人がもつ固有の生体情報(周波数と振幅、およびにその波形)に合わせた電波を当てた場合、その人に固有の共振電波が反射する事を利用して、その電波を捕捉し、測定する方法を用います。    

対象者に電波を当てた時、共振現象を引き起こす事ができる、その人だけがもつ固有の周波数と振幅、およびにその波形の事を、その人がもつ固有の生体情報と解釈する事ができます。また参考までに、七色の虹の光を人に当てた場合、その反射波からはその人の持つ奇数波長の電波が測定されます。

現在、対象者に固有の生体情報をもとに、脳全体の情報をレーダー電波で捕捉し、翻訳プログラムに従ってコンピューター機器で解読する思考盗聴器の研究開発実験が行われています。

http://tocana.jp/2014/11/post_5125_entry.html

< 思考音声言語の翻訳について >

声に出さないで、心の中だけで読んだり話したりしている時であっても、実際には「舌」と「声帯」、さらに、「声に出さない音声などを処理している音声器官」は、脳からの音声信号(神経信号)を受信しています。この音声信号(神経信号)をセンサーで受信し、その信号を処理して、パターン認識をもとに解析、解読を行い、音声言語や文字として翻訳するコンピュータプログラムがすでにアメリカにおいて開発され、考えるだけで会話ができる無声携帯電話の通話器として実用化(商品化)されています。この器械は、人が頭の中で考えた言葉を喉に付けたセンサーの情報をもとに音声に変える器械です。

No title

声について自覚したのは集団ストーカーが目に見えて現れ出した頃。

この被害が自覚できたので、過去にテレパシーだと思っていたものが、音声送信の被害だったことに気が付きました。その頃、心霊ブームや超能力、UFOブームで実際にそれらがあると思っていました。


多くは自己否定的な言葉しか言わないけれど、時々褒めるし謝罪もします。
まるでマインドコントロールの様でした。
加害者のキャラクターは常に高圧的な人間が殆どで、下手に他人に話すと病気の症状そのものに見えるので、被害に遭われたら気を付けて話して下さい。

殺人誘導等も何度か送信されていました。

集団ストーカーの声が音声送信される事が多いので、また彼らがやってきたのかと確認しに行く動作が既に怪しい。

判別方法としては距離感を考える事しかできない。
外で普通に話す声が普段どの程度で聞こえるのか等…。

一番怖いのが外に出かけた時などに起こる音声送信で、
集団ストーカーのようにすれ違い等でも音声送信を仕掛けてくる。
実際あったパターンだと、宅配便が来るのと同時に音声送信があることだった。

誰かの会話にしか聞こえない音声送信もあった。
ただ悪口を言う人間と自分自身にしか認識できていなようで周囲が一切反応しない。
誰かの悪口を平然と言うような人間が室内などの個室に居たら、
常識がある人間は怪訝そうにしたりするという周囲の反応だけが頼り。
なるべく耳を傾けない様に流すほかありません。
(合成夢のように痛みが伴うと難しいのですが…。)


ただ集団ストーカーがこれに加わるために、
工作員と思える人間と室内に二人だけになったときに実際に「シネ」などと言われる。
明らかに共謀して隠蔽工作に加担してる人間がいる。

この事件で家族とも相当会話をしたけれど、
音声送信については理解は示してはもらえない。
ただし、こうして冷静に話したりすることができるので病気だとは思われていません。


周りで詐欺や事件を起こした人間を何人か知っているけれど、
誰も指をさされたり、集団ストーカーような事をされていた人を見た事がありません。
何かの口論で喧嘩や対立をしていても、その後は大抵、口を利かなかったり距離をとるのが普通で、彼らが異常な集団である事だけはわかりました。


集団で誰かがすれ違いを見計らい、
ささやくことなど滅多にないと考えた方が無難。
実際に集団ストーカーに加害されている声を録音できた事もあるので病気ではない。

No title

【緊急公開】テクノロジー犯罪・音声送信、証拠録音に成功!!

https://www.youtube.com/watch?v=BvzcYCA8jbA

No title

youtubeにて思考盗聴(人の考えていることを盗聴、nounaionseiできる技術)ができることが証明されていますので下をご覧ください。

http://youtu.be/c-R5t6xqLto

No title

テクノロジー犯罪の被害内容は、主に「思考盗聴」、「音声送信」、「感覚送信」、「電磁波兵器攻撃」などに大別される。
「思考盗聴」は、文字通り人間が脳内で考えている言葉やイメージなどをリアルタイムに外部から盗聴する技術。
「音声送信」は、通信ケーブルなどを一切使わずに遠隔的に人間の脳内に音声を送り込む通信技術。
「感覚送信」は、人間が持つ五感(視覚、聴覚、味覚、嗅覚、触覚)に対して、痛みや不快感など様々な感覚を外部から人為的タイミングで送信する技術。さらに人間の行動や思想をある程度まで操る、マインドコントロール効果もある。
これらは全て電磁波(マイクロ波)通信を悪用したハイテク技術兵器によって実行されており、その出力を調整する事によって、人体に対して直接的な危害を加える事も可能だという。既に海外ではテクノロジー犯罪の存在についてメディアが報道し、法規制されている国まである。
 音声送信は、例え耳を塞いだ状態だろうと絶え間無く聞こえ続ける。また、雨や雪が降る荒天日や、水深の浅い水中、移動中の乗り物内、屋内や地下施設、離島、海外旅行先、携帯電波が届かないような山奥や洞窟内でも、決して通信は途切れる事が無い。その原理は恐らく軍事用スパイ衛星などを使って、人体にマイクロ波を照射(=マイクロ波無線通信)して、脳内に骨伝導で直接音声を響かせているものと思われる。

66 :テクノロジー犯罪被害対策マニュアル:2013/02/12(火) 23:57:37 id:PAgH0vdI ・マイクロ波無線通信は、第二次世界大戦当時には既に実用化されていた技術であり、日本国内でも戦後間も無い時期には既に民間企業レベルで使用されていたそうだ。ちなみに通常の衛星電話に使われている電波は遮蔽物に弱く、屋内や地下では使い物にならない。地デジ電波は山間部などでは受信電波が弱まる。携帯電話は基地局から離れた所では圏外となる。断言し切れないが、これらは加害システムに使われている通信電波としては可能性が低いように思える。



 感覚送信の原理について。人間の脳には全身の神経感覚を掌る部分がある。例えば事故などで片腕を切断した人がシャワーを浴びると、時折、失ったはずの腕に水滴が伝わる感覚をリアルに感じるという。この現象も脳が感じている錯覚だという。もし人間の脳神経に外部から直接電気信号を送る技術が確立しているとしたら、痛みや痒みといった様々な感覚を人為的タイミングで送り込む事も可能だと考えられる。

・被害者が何か加害組織側の意にそぐわない事を考える度、頬を叩かれたり、皮膚の一部を針で刺されるといった不快な痛みの感覚を送信される事がよくある。加害者側は音声送信でこれを「躾け」「調教」などと呼んでいる。この拷問的な手法により、被害者を思想矯正・マインドコントロールする試みらしい。また、被害者の怒りを煽って脳圧を上げさせて、脳溢血や意識障害などの健康被害を引き起こす狙いもあるようだ。



 感覚送信の原理について。人間の脳には全身の神経感覚を掌る部分がある。例えば事故などで片腕を切断した人がシャワーを浴びると、時折、失ったはずの腕に水滴が伝わる感覚をリアルに感じるという。この現象も脳が感じている錯覚だという。もし人間の脳神経に外部から直接電気信号を送る技術が確立しているとしたら、痛みや痒みといった様々な感覚を人為的タイミングで送り込む事も可能だと考えられる。

・被害者が何か加害組織側の意にそぐわない事を考える度、頬を叩かれたり、皮膚の一部を針で刺されるといった不快な痛みの感覚を送信される事がよくある。加害者側は音声送信でこれを「躾け」「調教」などと呼んでいる。この拷問的な手法により、被害者を思想矯正・マインドコントロールする試みらしい。また、被害者の怒りを煽って脳圧を上げさせて、脳溢血や意識障害などの健康被害を引き起こす狙いもあるようだ。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる