いま国内でこんな犯罪が行われている

6:25
プライバシーを盗み取られ、欲しいままに干渉され、行動の自由を奪われ、言論の自由は勿論、通信の自由も妨害される。考える事の自由を奪われ、遠隔操作の人形のように操られてしまい、拷問のように肉体や精神への苦痛と屈辱を受けさせられ続ける犯罪。それらは高度な非公開のテクノロジーを使用している為に、真の意味でプライバシーはなくなってしまい、心の中にまで侵入されてしまう。しかも、どこに居ても、それから逃れる事が出来ないという恐ろしい犯罪である。もし、それから逃れたいと思ったら自ら命を絶つしかないだろう。人類が体験したことのない遠隔操作の苦しみに耐えて生きていても加害行為は止む事無く続けられるので人生はめちゃくちゃに破壊され不幸にされてしまう。そられの加害行為は人間を人間として扱わないために憲法は勿論、世界人権宣言なども幾重にも踏みにじり平然と続けられている。人間の遠隔操作という犯罪は重大な人権侵害であるにも関わらず、まるで隠蔽工作が働いているかのように社会では精神病扱いにされ犯罪被害として取り上げられる事がない。しかも、被害者が被害を受けていると主張しようとすると攻撃を増して口封じをしようとする。殺意がなければ出来ない犯罪であり、殺人に等しいと思う。


問題となったのは上記文章で、加害者の「欲しいままに干渉する」という言葉がきっかけになり作成した。それが出来上がってから、救急車を呼びたくなるような激痛が腰と下腹部に発生した。今も声の送信による脅迫と共に右足の付け根と腰が痛む。

熟睡の真っ只中に夢を見させられて目が覚める。昨日は頭痛と胸焼け、肝臓痛をやられた。ほんものそっくりである。今まで体験したことのない苦痛は後頭部の違和感と眩暈と記憶障害だ。

被害者が黙っていたらこの犯罪はなくならない。

11:15
その後は普通に寝て10時半に目が覚める。音楽のリピート送信をされていて、キーンという音がしている。この音楽のリピート送信は非常に厄介で、物を考えることの大変な妨げになっている。声の送信でも意識を自分の考えではない所に持っていかせようと執拗に語りかけてくるので、わざとそれとは違う事を考えるので、結局は自然に物を考え、自然に行動ができない。
起床後はキーンという音が強くなり、眩暈と脱力感が発生し、右足の付け根が痛くなる。

24:17
今日は被害者数名のささやかな忘年会が行われた。同じような被害を受けている人が集まり会食をした。初めてお会いする人や、半年ぶりに会う人もいて話が盛り上がり時間の経つのを忘れてしまった。

その間は音声送信はほとんど聞こえなかったが、意識を向けると適当なことを送信していた。身体被害は腰砕けと肩と首の凝りだったが、軽い頭痛と目眩のようなものも受けた。

明日は被害者の会合と音楽の練習があるので都内のホテルに泊まっている。歌のリピート送信と筋肉の痛みと疲労感などを受けている。

寝る。

COMMENTS

No title

この犯罪は「被害者が黙っていたらこの犯罪はなくならない」の意見につきるものであるだろう。連日止むことのない様々な妨害などがある。

※これらは、今後ますます巧妙かつ狡猾になるであろうことが予想されるものである

※HumanRights、UnescoへのE-mail送信が行えなくされている状況におかれている自身ではあるが、何らかのアクションをおこなっていく予定でいます、サイト管理者様におかれましても、日々奮闘なさっれおられることと存じますが、改善がなされる日までともにがんばりましょう。

009様

コメント有難う御座います。
ともに頑張りましょう。
確か私はユネスコとかアムネスティーにも広報をした覚えがあります。
あそこは海外が本拠地であり、個人の通報は受け付けないのが基本らしいです。
これからも広報は続けていきます。

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる