脳が電気的に支配される時代

マインドコントロール・洗脳・五感の操作などあらゆる感情のコントロールに至るまでの人間の遠隔操作が実際に行われ悪用の一途を辿っていることは何度も説明している。そろそろ被害者でない、一般の方も意識する時が来たように思う。その技術の詳細は明らかにされていないので被害者の証言をもとに、どの程度のことが出来るのか知るしかないないが、「信じられない」を遥かに超えた技術は完成していて、10年ほど前から被害者が急増しだし、人類の歴史を変えてしまうほどの人権侵害に苦しめられている。それは、その装置を利用して、被害者のあらゆるプライバシーを奪い取り苦痛と屈辱を受けさせ続けているからである。

狙われたら終わり、何処に行っても逃れることが出来ない。こんな被害者の印象と一致しているのがジョン・フレミングの「衛星サーベイランスの衝撃的な脅威」という右のリンクにある記事である。加害方法というよりは、その内容が被害と一致しているのは何故だろうか。是非、読んでもらいたいと思う。

更に、それらの技術を特定個人への人生破壊工作だけでなく、加害者がなんらかの利益を得るために使用するとしたら、どんな事に使えるかも考えて欲しい。すべての物事の価値・信頼をなくしてしまう事が可能であることは誰にでも想像が出来るだろう。

例えば、スペースシャトルの中でどんな実験が行われているのかなどは一般大多数の人間には知らされていないだろうし、大衆の生活にはなんら関係はないかも知れない。それと同じように人間の遠隔操作技術(精神侵略技術)も一般の人々の生活にはなんら関係がないと思われるかも知れないが、現実に日本国内でも600人を越える被害者がNPOによって確認されている。その数が多いか少ないかは、スペースシャトルによる被害者がいるかのどうかと比較して欲しい。


被害日記

昨夜は夜中に起されることは無かったが、朝7時前に脳内音声による音楽のリピート送信で目が覚め、時計を見ると声の送信で「ざまあみろ」と罵声を浴びせられる。5時間ほどしか寝ていないので、もう少し寝ていたいと思ったが、キーンとかシーンなどの様々なノイズを両方の耳に送信され、その為か覚醒してしまい再度寝られない。しょうがないので起床すると今度は眠くさせられてしまう。そして得意の軽い眩暈と記憶障害が始まり、声の送信で引っ切り無しに行動に合わせて嫌みを送信される。そして、イライラする精神状態になりイメージ映像の送信で家具を破壊するところのイメージを見せられる。

「もう、やめてくれ」なんて加害者が言っているが

それはこちらの台詞である。

24:47
今日は昼から外出し人と会っていてたりしたせいか、酷く攻撃をされることもなく、また、深く考えたりすることもしなかったので嫌な感じだと思わなかった。脳への攻撃や音声送信は全く途切れなかったが何となく過ごせた。

被害者の方との連絡も取っているが、一部、攻撃が激しく命の危険を感じ、死んでしまった時の対策まで行ったという話や、被害に疲れ死んでしまいたいと思った人の話を聞くなど、よくぞここまでやれると思う次第である。

とにかく酷すぎる。

人間を人間だと思っていたらできない犯罪だ。

寝る。

COMMENTS

連絡を待っているのですが、どうですか。何か、不安や心配があるならしかたがないですが。もし、よければ、他の被害者の人達とも、連絡を取りたいと思っています。どうすればよいのか、アドバイスだけでもしてくれないですか。

No title

耳印様

こんにちわ。以前はお世話になりました。また、とても有益なウェブサイトの紹介ありがとうございます。こちらのブログとウェブサイトを私のブログでも紹介させていただきたいのですが、よろしいでしょうか?よろしくお願い致します。

Re: No title

被害オヤジ様

返事が遅れてすみません。
このブログはリンクフリーですので遠慮なく紹介してください。
宜しくお願いします。

耳印

COMMENT FORM

管理者にだけ表示を許可する

TRACKBACK


この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)

プロフィール

耳印

Author:耳印
脳内音声、思考盗聴、五感情報通信などを悪用した人類を恐怖のどん底に突き落とす極悪犯罪の被害日記。

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
ブログ内検索
RSSフィード
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる